焦る気持ちを抑えるにはどうしたらいい?焦る気持ちを抑える方法5選!

 

「仕事のピンチで焦ってしまう」

「周囲と比較して焦ってしまう」

「将来への不安から焦ってしまう」

「焦ることで状況が悪化してしまう」

 

この悩みは「仕事」「試験」「人間関係」など人生全般に影響してくるのに、

そう簡単には解決できない、解決方法がよく分からない大変厄介なものです。

 

もしかしたらあなたも、今まさに焦りを感じていたり、

焦りを感じやすいことでお悩みかもしれません。

 

そうした方に向けて、この記事では私自身が実践してきた

焦る気持ちを抑える方法ご紹介しています。

 

焦る気持ちを抑える方法5選

方法1:焦るのは正常な証拠

1つ目の方法は、焦るのは正常な証拠。

 

焦りやすい人は、それを「よくないこと」「情けないこと」だと捉えがちで、

その焦りに対して否定的な認識が余計に焦りを膨れ上がらせてしまいます。

 

そうした時には、「正常な証拠」「必要な行動に進むために必要な感情」「人は誰でも焦るもの」と認識を180度変えることで、

今までのように「焦り」に振り回されることはなくなり、上手く共存できる自分へと変化し始めます。

方法2:「今」「自分」「やるべきこと」に集中する

2つ目の方法は、「今」「自分」「やるべきこと」に集中する。

 

焦っている時は、「将来への不安」「周囲との比較」「失敗した事実・評価」などに意識が向きやすく、

その「どうにもできないこと」に意識が向いていることが、物事を悪い方向に進ませてしまいます。

 

そうした時には、どうにでもできる「今」「自分」「やるべきこと(できること)」に全ての意識を集めていくことで、

まず焦りを生み出す余計なノイズを取り除くことができ、次に見えてきた向かうべき道に進むことができます。

方法3:おまじないの言葉を唱える

3つ目の方法は、おまじないの言葉を唱える。

 

焦っている時には、周りの誰かから「大丈夫」という言葉をかけてもらえると落ち着くものですが、

どんな状況で焦りを感じているとしても、その行為を他人に期待するのは現実的ではありません。

 

そうした時には、目をつぶって「家族や恋人が自分の肩をポンと叩いて、励ましてくれている状況」をイメージしながら、

おまじないの言葉(大丈夫、できる、なんとかなる等)を唱えることで、その人や言葉に守られているような心強さを感じます。

 

方法4:紙に書き出して破り捨てる

4つ目の方法は、紙に書き出して破り捨てる。

 

焦りの感情は「不安」「緊張」「イライラ」「落ち込み」等とセットになりやすく、

それらはこまめに発散してあげないと、心が負の感情で埋め尽くされてしまいます。

 

そうした時には、「焦りの感情」「焦っていること」を紙(メモ用紙)にサッと書き出して破り捨てることで、

まるで心許せる友人にカフェで親身に話を聞いてもらったかのように心の霧がみるみる晴れていきます。

方法5:体を動かして発散する

5つ目の方法は、体を動かして発散する。

 

焦っている時は、まるで出口が見えない暗闇の中にいる感覚に陥ることさえあり、

その間は頭の中で暗闇をさまようばかりで実際に体を動かす機会は減りがちです。

 

そうした時には、仕事の昼休憩に散歩したり帰宅後にジョギングに繰り出すことで、

紙に書き出す方法で発散しきれなかった部分も汗とともに根こそぎ流すことができ、

しかもじっと座っているだけでは見えなかった突破口が見えてくることもあります。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、焦る気持ちを抑える方法をご紹介しました。

 

焦る気持ちを抑える方法5選

  1. 焦るのは正常な証拠
  2. 「今」「自分」「やるべきこと」に集中する
  3. おまじないの言葉を唱える
  4. 紙に書き出して破り捨てる
  5. 体を動かして発散する

 

私が実践してきた焦る気持ちを抑える方法というのは、

焦りに対する認識を180度変えて、どうにでもできる部分に意識を集めて、

誰かに励ましてもらう状況をイメージしながらおまじないの言葉を唱えて、

焦りを紙に書き出したり体を動かすことで溜め込まずに発散することです。

 

これら5つの方法は、私にとって絶対に欠かせないもので、

普段から自分の武器として身に付けて必要に応じて使うことで、

焦りと上手く共存できる自分へと徐々に変化していきました。

 

ですから、今現在「焦り」に関するお悩みをお持ちのあなたには、

この中からピンとくるものを手に取ってもらえたら嬉しいです。

 

最後にこちらの記事では、後ろ向きな自分とさよならする方法をご紹介していますので、

「後ろ向きな考え方をもうやめたい!」という場合にはあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。