元気が出ない時はどうしたらいい?元気が出ない時の対処法2ステップ!

 

人間はロボットではないので、絶好調な日もあれば不調な日もあり、

また心身の調子は外部の要因によっても大きく左右されるものです。

 

ですから、不調な日(時期)があるのは自然なことだと受け入れた上で、

再び元気を取り戻せるよう適切に対処したいところ。

 

そこでこの記事では、元気が出ない時の対処法をご紹介しますので、

「元気が出ない時はどうしたらいい?」という方はぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

元気が出ない時の対処法2ステップ

ステップ1:元気を充電する

ステップ1は、元気を充電する。

 

元気が出ない時は「なんとなく」「原因に心当たりがある」の2パターンありますが、

どちらのパターンにしても、まずは「元気を充電する」ようにしています。

 

なぜなら、なんとなく元気が出ない場合は、それで元気が出てくることが多いですし、

原因に心当たりがある場合も、原因と向き合う力を蓄えることができるからです。

 

それではどのようにして元気を充電するのかと言うと、

その方法は「時間」「言葉」「太陽光」「運動」「自然」「動物」「音楽」「食べ物」「人」「整理」

という10個の力を借りるもの。

 

これら10個の力が人間に良い影響を与えてくれることは広く知られており、

私としてもそう感じているので、元気の充電方法として重宝しています。

 

  1. 何もしない時間を作る
  2. 自分に優しい言葉をかける
  3. 太陽光を浴びる
  4. ジョギングする
  5. 自然とふれあう
  6. 動物とふれあう
  7. 元気が出る曲を聴く
  8. 好きなものを食べる
  9. 元気をもらえる人に会う
  10. 整理・整頓・清掃を心がける

 

忙しい日々を離れてぼーっと過ごす時間は、再び元気を取り戻すために必須の充電時間であり、

その時自分に優しい言葉をかければ、元気が出ない状態を受け入れやすく気持ちが上向きに。

 

また、幸せホルモン「セロトニン」の分泌を促す「太陽光」や「ジョギング」も外せませんし、

癒しと言えば、山や動物園に行くなどして自然や動物とふれあうことも、効果抜群の選択肢。

 

それに、「元気が出る曲を聴く」「好きなものを食べる」「元気をもらえる人に会う」というように、

普段の生活の中に「元気」「好き」「楽しい」要素を無理なく取り入れることも欠かせません。

 

最後に部屋やデスク周りを「整理・整頓・清掃」することも、

気持ちをクリーンで前向きにしてくれる有効な充電方法。

ステップ2:原因と向き合う

スポンサーリンク

ステップ2は、原因と向き合う。

 

元気が出ない原因に心当たりがある場合は、

蓄えた力でもってそれと向き合います。

 

例えば私の場合、元気が出ない原因に心当たりがある時、それは「仕事の人間関係」であることが多く、

そこでは仕事の人間関係の悩みと向き合うことが、元気を取り戻すことにつながります。

 

人間関係の悩みは嫌というほどありますが、私はそれを以下の3つに分類していて、

またそれぞれに対する対処法を、実経験に基づいて効果的なものに仕上げており、

悩みに直面したら対処法をすぐに取り出して使う形で悩みと向き合ってきました。

 

  1. パワハラ上司、意地悪社員・・堂々とした態度で接する、言うべきことは言う、罵声や人格否定発言は気にしない、証拠を集める、信頼できる上司や人事部に相談する。
  2. 苦手な人(噂話や悪口が多い、そりが合わない)・・表面上は相手を尊重しつつ、心の中では無関心を貫く。
  3. 人間関係に耐えられない・・仕事内容の変更や異動、転職、休職を視野に入れる。

 

まずパワハラ上司や意地悪社員のせいで困っているなら、

増長させないよう堂々とした態度で接するのが基本で、

言うべきこと(意見、気持ち)があるなら淡々とハッキリ言い、

証拠(仲間)を集めて信頼できる上司や人事部に相談する。

 

パワハラや意地悪というわけではないけれども、

どうしても苦手な人(噂話や悪口が多い、そりが合わない)に対しては、

表面上は相手を尊重しつつ、心の中では無関心を貫く。

 

そして最後に、人間関係が改善しなくて耐えられない、

万が一心や体の調子を崩してしまうようであれば、

仕事内容の変更や異動、転職、休職等を視野に入れる。

 

これが私が実践している「仕事の人間関係の悩み」への向き合い方です。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、元気が出ない時の対処法を2ステップでご紹介しました。

 

  • ステップ1:元気を充電する
  • ステップ2:原因と向き合う

 

私が実践している「元気が出ない時の対処法」は、まずは元気を充電し、

続けて元気が出ない原因に心当たりがある場合はそれと向き合うというもの。

 

例えば「何もしない時間を作る」「ジョギングする」ことで元気を充電し、

その後「仕事の人間関係」など原因に心当たりがある場合はそれと向き合い、

実経験に基づいて効果的なものに仕上げておいた対処法で対処する形です。

 

元気が出ない原因とその対処法は人それぞれ、その時々で違いますが、

この記事の内容が何か一つでもあなたのヒントになれば幸いです。

 

最後にこちらの記事では、

頑張りすぎない生き方をする方法を5個ご紹介していますので、

「最近は特に頑張りすぎかな」という方はあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。