誤解されやすい人に共通する性格・特徴と実際的対処法!

 

「誤解されやすくて困る」

 

あなたは今、こうしたお悩みをお持ちではありませんか?

 

自分としては普通に振る舞っているつもりなのに、

人柄や話の内容を誤解されやすいお悩みです。

 

人間関係において誤解が生まれることはしばしばですが、

誤解されやすいとなると改善すべき部分がありそうですね。

 

そこで今回は、誤解されやすい人の性格・特徴と対処法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

誤解されやすい人の性格・特徴と対処法

  1. 話したこともない人から誤解されている(人柄の誤解)
  2. 話したことがある人から誤解されている(人柄、話の内容の誤解)

ケース1:話したこともない人から誤解されている

ケース1:話したこともない人から誤解されている

 

話したこともない人から誤解されている(人柄の誤解)としたら、

表情・態度に関してこうした特徴を持っているのかもしれません。

 

  1. 無表情
  2. 笑顔が少ない
  3. 感情を表に出さない
  4. 目つきが悪い
  5. 顔立ちがキツめ
  6. 腕組み(癖)
  7. 猫背
  8. うつむきかげん
  9. のろのろしている
  10. マスク着用

 

表情や態度は人の印象を決めるかなり重要なポイントであり、

それは話したことがない人に対する印象ならなおさらです。

 

話したことがなければ、相手を評価する情報のほとんどは表情や態度になりますから。

 

そのため例えば、これといった接点のない同僚からしたら、

表情や態度から受ける印象が全てだと言ってもいいくらい。

 

「表情+態度=印象」

 

ということは、中身はどうあれ表情や態度が上記の状態だとしたら、

人柄の部分を誤解されてしまうのはある意味当然です。

 

  • 何を考えているのか分からない
  • 怖い
  • 不機嫌そう
  • 暗い
  • やる気がなさそう

 

そして一旦できたイメージというのは後々まで引きずることが多いので、

しばらくの間はそのフィルターを通して見られることになるでしょう。

 

もしもフィルターの色がブラック(かなり印象が悪い)だとしたら、

たとえホワイトな言動でもブラックに見えることがあります。

 

そうならないための対処法としては、今一度自分を客観的に振り返り、

こうした特徴に心当たりがあるなら素直に改善すること。

 

例えば無表情であるとしたら、口角を上げたり目で笑うなどして、

パーツごとに穏やかな表情作りを意識してみてはいかがでしょうか?

ケース2:話したことがある人から誤解されている

スポンサーリンク

話したことがある人から誤解されている(人柄、話の内容の誤解)としたら、

先ほどの表情や態度の他にも言葉・コミュニケーションに関して

こうした特徴を持っている恐れがあります。

 

  1. コミュニケーションの量が少ない
  2. コミュニケーションが苦手
  3. コミュニケーションが下手

 

ケース2:話したことがある人から誤解されている

1. コミュニケーションの量が少ない

まず1つ目は「コミュニケーションの量が少ない」であり、

以下のような人ほど少ない傾向が見られます。

 

  • 人見知り
  • 無口
  • 不器用
  • 真面目
  • 面倒くさがり
  • 必要性を感じない

 

コミュニケーションの量が少なければ、相手はあなたの人柄や考え方をあまり知らないので、

主に表情や態度により印象を決めることになって人柄を誤解されることがあります。

 

一方であなたとしても、相手の人柄や考え方、そして状況や知識レベルもあまり知らないので、

いざ話した時に相手に合わせて話すことができずに話を誤解される恐れもあるでしょう。

 

後者については、例えば、良かれと思って言ったことが相手を傷付けてしまったり、

専門分野の難しい言葉を使って話を誤解されることは現実問題としてよくあること。

 

さらに職場に関して言えば、仮にほとんど雑談をしていないとしたら、

それは「ビジネスライクな関係を望む」というメッセージを伝えているようなものですから、

そのままでいるとコミュニケーションが少ない関係性が決定的になると考えられます。

 

これらのことから、もしコミュニケーションの量が少ない自覚がありましたら、

なるべく自分から話しかける努力をするというのが対処法になります。

2. コミュニケーションが苦手

続けて2つ目は「コミュニケーションが苦手」であり、

以下のような人ほど苦手とする傾向が見られます。

 

  • 人見知り
  • 無口
  • 不器用
  • 真面目

 

人見知りや無口などの理由からコミュニケーションを苦手とする場合、

自分から話しかけるのが苦手なのでコミュニケーションの量が少なくなり、

またせっかく話しかけてくれても失礼な態度を取ってしまうことがあるもの。

 

コミュニケーションの量が少ないということは、先ほどお話しした通り、

人柄や話を誤解される原因になり得るということが言えます。

 

また失礼な態度というのは、例えば挨拶や会話中に目を合わせないことが挙げられ、

そうしているとほぼ間違いなく悪い印象を持たれてしまうでしょう。

 

もし悪い印象を持たれてしまうと、今後はそのフィルターを通して見られることになります。

すると余計にコミュニケーションが減ってきて、挽回の機会もないという負の連鎖・・。

 

対処法としては、やはり自分から話しかけることです。

 

まずは誰に対しても感じ良く挨拶することを意識していき、

それをきっかけにして話しかけやすい人を見つけてみてください。

 

そしてさらに、素直に「ありがとうございます」「ごめんなさい」という言葉で

感謝や謝罪の気持ちを伝えることによって苦手な部分をカバーしましょう。

3. コミュニケーションが下手

最後となる3つ目は「コミュニケーションが下手」であり、

主なものとして自分基準だけで生きている人が挙げられるでしょう。

 

  • 自分基準だけで生きている人

 

自分基準だけで生きている人は、他人基準を意識していない、

もしくは重要視していないので誤解されやすいですね。

 

そもそもコミュニケーションというのは、お互いに相手の立場に立って考え、

相手に合わせて話したり理解を深めようとすることで成立するはず。

 

そのため他人基準が抜け落ちている自分基準だけの人は、

例えば人に説明する時に言葉が足りなくなったり、

人の気持ちを考えずに発言して誤解されることがあります。

 

  1. 人に説明する時に言葉が足りない
  2. 人の気持ちを考えずに発言する

 

前者については、相手に合わせないので、

「自分だったらここまで説明されたら分かる」

「ここまで説明すれば普通の人は分かるもの」

という考え方になって説明不足になってしまう。

 

相手に合わせて説明しようという感覚が欠けているのです。

 

後者については、相手の気持ちに配慮しないので、

相手の性格・立場・状況・年齢などを考えずに

思ったことをすぐに口に出してしまう。

 

こうした場合の対処法としては、新たに他人基準という視点を持つことです。

 

先の例で言えば、一人ひとりに合わせてきっちり説明する意識を持つこと、

そして一人ひとりに配慮して発言する意識を持つことですね。

まとめ

まとめ

 

いかがでしょうか。

 

今回は、誤解されやすい人の性格・特徴と対処法をご紹介しました。

 

話したこともない人から誤解されているとしたら、

表情や態度に何かしらの原因があるのかもしれません。

 

  • 無表情
  • 笑顔が少ない
  • 感情を表に出さない
  • 目つきが悪い
  • 腕組み(癖)
  • 猫背

 

また、話したことがある人から誤解されているとしたら、

表情や態度の他にも言葉・コミュニケーションに関して

何かしらの原因があると考えることができます。

 

  • コミュニケーションの量が少ない
  • コミュニケーションが苦手
  • コミュニケーションが下手

 

人間関係はいつもお互いがあってのものではありますが、

誤解されやすいとしたらあなたに主原因があるのかもしれません。

 

そのため、誤解されやすいお悩みをお持ちでしたら、

今回ご紹介した特徴に心当たりはないかシビアに振り返り、

当てはまるのなら一つ一つ対処することが求められます。

 

誤解されやすい人はあらゆる人間関係において不利になるので、

自分のためだと思って素直な気持ちで改善していきたいですね。

 

  • 穏やかな印象
  • 感じの良い挨拶
  • 適度なコミュニケーション
  • 「ありがとうございます」
  • 「ごめんなさい」

 

これらができるようになれば、人柄、そして話の内容ともに誤解されることはだいぶ減るはずです。

 

最後にこちらの記事では、誤解されやすい典型的なタイプについてお話ししていますのであわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。