ジムに通いたいけど迷う?迷う時に知っておきたい2つのポイント!

 

スポーツジムに通いたいと思っているけれども、

いくつか不明点や不安があって迷ってしまう・・。

 

「ジムに通いたいけど迷ってる」

「せっかく通っても続くかな?」

「一人で通うのは恥ずかしい・・」

「何を基準にして選べばいいの?」

 

運動と言えども未知の世界に飛び込むわけですから、不安になるのはもっともです。

 

私も今通っているジムが「会員」になったはじめてのジムでしたから、

思い立ってから2週間ほどネットで情報を集めながら迷っていました。

 

そこでこの記事では、私の経験を踏まえて今のあなたに知って欲しい

「迷う時に知っておきたいポイント」と「ジム選びのポイント」

をそれぞれ2つずつご紹介します。

 

スポンサーリンク

迷う時に知っておきたいポイント

その1:コンビニ感覚でいい

まず1つ目のポイントは、ジムはコンビニ感覚でいい。

 

「入会」「退会」「再入会」は簡単にできて、それはジムにとって日常茶飯事のハズですから、

まるでコンビニを利用するかのように楽に考えてもらいたいという意味です。

 

「気軽に入会して、自分に合えば続けるし、合わなければ退会すればいい(別のジムを探す)。」

 

実際のところ手続きはいずれも簡単ですぐに終わるので、

もしハードルがあるとすれば「『退会します』と言う勇気」くらい。

 

また、入会する人の多さはジムに通っていれば嫌でも分かりますし、

退会する人も常連会員から聞いた話からすると結構多いようです。

 

一般的に言われているジムの退会率の高さ

(年間で会員の70%超が入れ替わっているとも)

を考えてもそれは納得がいくところ。

 

再入会については、顔見知りの会員がいなくなったと思ったら、

いつの間にかまた見るようになったということがザラにありますし、

受付でスタッフと会話中に横で手続きしている人もたまに見かけます。

 

このように、ジムでの「入会」「退会」「再入会」は簡単にできて、

それらは日常的に繰り返されていることですから、

ジムに対するハードルを「コンビニ」くらいまで下げてみてください。

 

何気なく入ったコンビニを気に入ったら(問題なければ)また行くだろうし、

そうでなければ二度と行かないのと同じくらいに考えてもらって大丈夫ですよ。

その2:一人で通う人の方が多い

2つ目のポイントは、一人で通う人の方が多いこと。

 

ジムに入会するにあたって「一人で通うのは恥ずかしい」という方もいるかと思いますが、

ジムでは一人で入会して一人で通う人の方が圧倒的に多いので心配する必要はありません。

 

特に20代、30代といった若い世代ほど、男女関係なくその傾向が見て取れますね。

 

一人で淡々とトレーニングする人、見るからにストイックの塊のような人、

そして、トレーニングの合間にスタッフや会員と挨拶するくらいの人が多いです。

 

そのためその年代に関しては、友達と一緒に通っていたり、ジム内で行動をともにしている人達がいると珍しく感じるほど。

 

スポーツジムでは一人行動が多数派ですから安心してください。

 

例えるならば、これから「遊園地」に複数人(家族、恋人、友達)で行こうという時に、

心の中で「皆と一緒で恥ずかしいな」と思っている人はいないのと同じようなものです。

ジム選びのポイント

スポンサーリンク

ここまで「コンビニ感覚でいい」「一人で通う人の方が多い」というお話をしてきましたが、

そうなると次は何を基準にしてジムを選べば良いのか?という疑問が出てきますよね。

 

そこでここからは、ジム選びのポイントを2つに絞ってご紹介します。

 

ジムに通いたいけど迷う?迷う時に知っておきたい2つのポイント!

その1:通いやすい

私としては、ジムに通いやすいことが最重要ポイントだと思っています。

 

なぜなら、ジムに通いやすいことが「行く」気持ちを後押ししてくれますから。

 

たとえあまり気分が乗らない時でも、「近いしとりあえず行こうかな」という気持ちになりやすい。

 

そうしてジムに行く回数が増えると、その分だけ成長し、充実感を覚え、またジムを身近に感じるので、

気づいたら行くのが当たり前の状態になっているという好循環に入っていきます。

 

反対にジムに通いづらいとすると、疲れている時や面倒な時はもちろんのこと、

わりと気分が乗っていても「今日はやめておこう」という結論になることも・・。

 

それを続けた先には、ほぼ間違いなく幽霊会員からの退会コースが待っていることでしょう。

 

そのためジムを選ぶ際には、自宅に近い、職場に近い、自宅の最寄り駅に近い、

よく出かける場所に近いことを重視してもらえたらと思います。

 

休日メインで通うのでしたら、自宅に近いジムが断然オススメですね。

その2:目的に合う・雰囲気が合う

2つ目のポイントは、目的に合うジム・雰囲気が合うジムを選ぶこと。

 

目的に合うジムというのは、例えば、「走りたい」「筋トレしたい」「プールで泳ぎたい」

「スタジオプログラムに参加したい」といった目的に合ったジムを選ぶということです。

 

もし「走りたい」「筋トレ(マシン、バーベルなど)したい」のでしたら、

そのあたりが充実していることが重要になりますし、

「プール」や「スタジオ」ならそれができるジムを選ぶ必要がありますよね。

 

そしてもう一つ、雰囲気が合うジムとは、ジムの雰囲気やスタッフとの相性が合うジムのことです。

 

ジムやスタッフとも「なんとなく合う、合わない」という相性が必ずあるので、

もし可能であれば一度見学させてもらってそれを確認した方が良いでしょう。

 

その際には「自分の目的に合うか?」という点も確認できるので一石二鳥です。

 

まず雰囲気についてはジム内に15分くらいいればなんとなく分かるものですし、

スタッフについても受付や案内の方と関わればカラーをつかむことはできるはず。

 

そこで直感的に大丈夫なら「見学」が入会の決め手になるかもしれませんし、

反対に違和感を覚えたなら別のジムにする選択肢も生まれることと思います。

 

見学料は多くの場合「無料」のはずですから、その意味でも損することはありません。

 

ジムには数ヶ月間、あるいは数年間通うことになるので、

是非前もって「ジムの雰囲気やスタッフとの相性」を確認してみてください。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、今のあなたに知って欲しい「迷う時に知っておきたいポイント」と

「ジム選びのポイント」をそれぞれ2つずつご紹介しました。

 

迷う時に知っておきたいポイント

  • その1:コンビニ感覚でいい
  • その2:一人で通う人の方が多い

ジム選びのポイント

  • その1:通いやすい
  • その2:目的に合う・雰囲気が合う

 

はじめてスポーツジムに入会するとなると構えてしまいがちですが、

「入会」「退会」「再入会」は簡単にできて、それらは日常的に繰り返されていますから、

あなたもまるでコンビニを利用するかのように楽に考えて欲しいと思います。

 

一人で通うことを「ちょっと恥ずかしい」と心配している方についても、

ジムは基本的に一人で通って一人で運動する場所なので安心してください。

 

ただし、ジムを選ぶ段階においては、「通いやすいかどうか?」

「目的に合うか?雰囲気が合うか?」の2点を重視してくださいね。

 

こちらの記事では「ジム通いのメリット」と「続かない理由」をご紹介していますので、

入会前に一度目を通していただけたらと思います。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。