腹が立つことがあって眠れない。夜中のイライラを即解消する方法2選!

 

「腹が立つことがあって眠れない」

「夜中イライラがぶり返して目が覚める」

「眠れないことでイライラしてくる」

 

あなたはこうした時、どのように心を落ち着かせていますか?

あなたに合った対処法をお持ちでしょうか?

 

この記事では、夜中のイライラを即解消する方法をご紹介していますので、

腹が立つことがあって眠れない時はぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

夜中のイライラを即解消する方法2選

方法1:紙に書き出して破り捨てる

1つ目の方法は、紙に書き出して破り捨てる。

 

腹が立っていることを紙(チラシの裏面)に書き出していき、

それをゴミ箱に破り捨てることでイライラを手放す方法です。

 

まず「腹が立っていることを紙に書き出す」という行為によって、

まるで家族や友達に愚痴を聞いてもらった時のようなすっきり感が得られ、

そのすっきり感は「感情的に」「書きなぐる」ほどに大きくなります。

 

さすがに夜中となると、誰かに愚痴を聞いてもらうわけにはいきませんし、

愚痴を聞いてもらうことは大なり小なり相手に負担をかけてしまいますが、

腹が立っていることを紙に書き出すこの方法であれば問題はありません。

 

そして心の中に溜まったものをひとしきり吐き出したら、

「その紙をビリッビリに破いてゴミ箱に捨てる」ことによって、

心が落ち着いてきて気持ちよく眠る準備に入ることができます。

 

紙を破り捨てる際には、腹が立っている出来事や、腹が立っている自分の感情そのものが、

雲のような形で自分の元から離れていくイメージを持つと、より高い効果が期待できますよ。

 

紙については新聞の広告チラシの裏面(白色)が利用でき、

それを毎日ストックしておくといざという時に困らないので、

できればそうしてみてください。

方法2:意識的に感動の涙を流す

スポンサーリンク

2つ目の方法は、意識的に感動の涙を流す。

 

これは意識的に感動の涙を流すことによって、ストレスを解消していく方法です。

 

人間は感動の涙を流すことでリラックスしていき、ストレスを解消できるようになっているので、

腹が立って眠れない時は、感動作品を観て登場人物に共感して感動の涙を流すことがとても有効。

 

自分の辛い経験を思い出して「悲しみの涙」を流すことでもストレスは解消できますが、

それよりも自分とは直接関係がなく、でも共感できる作品を観ることで「感動の涙」を流す方が、

よりストレスを解消できるとされていて、それは私の経験からも自信を持って言えることです。

 

また、流す涙の量は、少ないよりも多い方がストレス解消効果が高いとされていて、

いくら絶対に泣けると評判の作品でも、見慣れると涙が出にくくなるものですから、

「あなたが感動の涙を流せる作品を2~3個用意しておく」ことをオススメします。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、夜中のイライラを即解消する方法をご紹介しました。

 

夜中のイライラを即解消する方法2選

  1. 紙に書き出して破り捨てる
  2. 意識的に感動の涙を流す

 

今回ご紹介した2つの方法は、

自室で静かに実行できて、しかも即効性がありますから、

腹が立つことがあって眠れない時はぜひお試しください。

 

特に方法1の「紙に書き出して破り捨てる」は、

より静かにより簡単に実行できる方法ですから、

眠れない夜でも実行しやすいかと思います。

 

また次回に備えて、紙とボールペン、そしてゴミ箱を枕元に置いておくと、

いつでも実行できますし、それが安心感にもつながりますよ。

 

最後にこちらの記事では、

うざい人の特徴と対処法、そして黙らせる一言をご紹介していますので、

職場など身近にうざい人がいてお困りの際にはご参考にしてください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。