広く浅く付き合う人の特徴3パターン。狭く深く派が持つ疑問解消!

 

人付き合いのスタイルは人によって様々。

 

広く浅く付き合うタイプがいれば、

反対に狭く深く付き合うタイプもいます。

 

おそらくあなたもどちらかに当てはまると思いますが、

ふと反対のタイプが気になることはありませんか?

 

例えば、もしあなたが狭く深くタイプであれば、

「広く浅くの人は楽しいの?虚しくないの?」

と単純に疑問に思うかもしれません。

 

また、自分の狭く深くの付き合い方について、

「狭い世界で生きている?」「いつか孤立しないか?」

と心配になる人もいるかもしれませんね。

 

今回はそうした疑問や不安を解消するため、

広く浅く付き合う人の特徴をご紹介します。

 

スポンサーリンク

広く浅く付き合う人の特徴3パターン

広く浅く付き合う人というのは、

色々な人と当たり障りなく付き合い、

特定の人とは深く付き合わないタイプ。

 

極端に言えば、上辺の友達や知人は100人いるが、

本音で話せる親友は1人もいないイメージ。

 

そしてこういったタイプの人間は、

主に3パターンに分けることができます。

パターン1:深入りしたくない人

パターン1:深入りしたくない人

 

1つ目のパターンは、深入りしたくない人。

 

深入りするのはトラブルのもとだと考えている。

他人に興味がないので人付き合いを面倒に感じる。

 

人付き合いをすることで自分のペースを崩されたくない。

人付き合いよりも自分一人の時間を大切にしたい。

 

こういった理由により深入りしたくないので、

広く浅い付き合いをしているパターンです。

 

そしてこれらの中でも特に多いのは、

トラブルを避けたい人ではないでしょうか。

 

今まで狭く深くの付き合い方で失敗してきた人、

失敗を近くで見てきた人は警戒心が強くなります。

 

やはりどんなに仲が良く信頼している人でも、

距離が近くなると欠点が目につくようになり、

ちょっとしたことでイライラすることはある。

 

また、いつしか甘えが出て無遠慮になってしまい、

平気で相手を傷つけることを言うようになったり、

悪びれることなく約束を破ることも起こりかねない。

 

その人なしでは生きられないほど依存してしまったり、

大きな負担を背負わされる恐れもあるでしょう。

 

こうした事態を避けて穏やかに付き合うため、

誰にも深入りしないスタンスをとっているのです。

 

大学時代に仲が良かったクラスメイトはまさにこのタイプ。

一見すると人当たりがよく付き合いも良い方です。

 

時には盛り上げ役を買って出て、先輩から「ピエロ」という

ニックネームを付けられるなど可愛がられていました。

 

ただ、彼と親しくなるほどに踏み込ませないラインを

かなり余裕を持って設けていることに気づきます。

 

実際、狭く深くの付き合いに懲りた過去があるので、

自分のためにある程度は広く付き合っていくけど、

基本的には浅い付き合いに留めているとのこと。

パターン2:社交的な人

パターン2:社交的な人

 

2つ目のパターンは、社交的な人。

 

社交的なので自然に付き合いが広くなりますが、

一人ひとりとの付き合いは浅くなりがちなパターン。

 

基本的に人が好きで人付き合いも上手なので、

分け隔てなく接してお互いに楽しもうとします。

 

また、そうした人付き合いの中でしか得られない

絆や経験、知識にもこの上ない喜びを感じている。

 

実際のところ、人と会うことで考え方の幅が広がったり、

複数人いるからこそ実現可能なことってありますよね。

 

自分と全く違う生き方・考え方をしている人との出会いは、

時に今までの価値観や人生観を変えるほどの衝撃があります。

 

また、ボランティアをしたい時には一人では難しくても、

サークルなどの団体に入れば簡単に実行できますよね。

 

社交的な人は人付き合いが好きな気持ちが根底にあり、

さらにそこで得られる経験や知識も大切にしているため、

色々な人と積極的に関わり付き合いを広げていきます。

 

ただ、私達人間に与えられた時間は限られているので、

一人ひとりとの付き合いは浅くなる傾向がある。

 

適度な距離感を保つため意識的に浅く付き合う人もいますね。

 

例えば、私が新卒入社した会社の同期は社交的な性格をしていて、

その明るく華やかな雰囲気は人を惹きつけるものがありました。

 

性格についても素直で真っ直ぐなので花に例えると「ひまわり」。

 

彼が幹事を務める同期イベントの出席率は

他の人に比べて圧倒的に高かったことを覚えています。

 

そのくらい人気がある人物なので個々でも

ある程度深く付き合っているのかと思いきや、

意外とそうでもないようでした。

 

なぜなら、彼と飲み会で隣になった際、

「僕は人との出会いを楽しむ派で、

個人的に踏み込む気はあまりないよ」

とドライな雰囲気で語ってくれましたから。

 

もちろん個々での付き合いも楽しんでいますが、

深い部分まで気持ちを投入することはないとのこと。

 

人付き合いのスタイルや何に楽しみを見出すかは

人それぞれなんだなあと実感した出来事でした。

パターン3:メリットを期待している人

スポンサーリンク

3つ目のパターンは、メリットを期待している人。

 

自分が得するために広く浅く人脈を広げているパターンです。

 

2つ目でお話しした人付き合いの中で得られる

「絆・経験・知識」といったものより

もっと直接的なメリットを期待しています。

 

「この人とつながっておけばメリットがあるだろう」

 

例えば、副業ビジネスの顧客にしようと思っている。

 

ビジネスとまではいかなくとも、「パソコンを診て欲しい」

「車のことを教えて欲しい」「異性を紹介して欲しい」

といった日常生活における問題を解決してくれる要員として。

 

日常生活で「どうすればいい?」と困る場面は必ずあるので、

そうした時に助けてもらうことを目的に人脈を広げるパターン。

 

他にも、大きなグループのリーダーになることで、

「自尊心を満たす」ことを狙いとする場合もあります。

 

いずれにしても、何らかのメリットをもたらしてくれる人と

たくさん知り合うことしか頭にありません。

 

利用価値がある人間をひたすら集めているのです。

 

私達も人付き合いの中で「感情(楽しい)」や「機能(役立つ)」

といったメリットを知らず知らずのうちに求めているものですが、

あからさまにメリットを求める姿勢はゲスいですよね。

 

実際そういった人は短期決戦でグイグイくることがあるので、

ヒラリとかわされ信用を失うことは結構あるようです。

 

ただ、この手の人はメリットのことしか頭になく、

そのためにはものすごいパワーを発揮するので、

失敗して評判が落ちてもめげることはありません。

 

なんだか人として大切なものを忘れている気がしますが、

本人としてはこれが人付き合いの形であり幸せの形なのでしょう。

 

ちなみに私は人にメリットを与えられる人間ではありませんが、

こうした人のターゲットになってしまったことが一度あり、

途中で気づいて逃げたものの少々トラウマになっています。

 

この経験をしてからというもの、グイグイ来る人はもちろん、

そうでない人も長期戦狙いの策士ではないかと疑うことも。笑

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、広く浅く付き合う人の特徴3パターンをご紹介しました。

 

広く浅く付き合う人の特徴3パターン

  1. 深入りしたくない人
  2. 社交的な人
  3. メリットを期待している人

 

広く浅くタイプがどんなことを考えているのか、

付き合い方に満足しているのかを知るヒントの

一つになったのであれば幸いです。

 

狭く深くタイプからすると広く浅くの付き合い方は、

「上辺だけで虚しい。薄っぺらい。」と感じるかもしれません。

 

ただ、広く浅くタイプはそれぞれ自分を守るため、

楽しみのため、メリットのためにそうしているので、

虚しさを感じていなかったり虚しさよりも大切に

したいものがあるということが言えるでしょう。

 

また、狭く深くタイプの人は世界が狭くなる気がしたり、

孤独を心配することもありますが、そうした時には

狭く深く+広く浅くでバランスを取る方法が考えられます。

 

大切にしたい人に関しては今まで通り深く付き合い、

それ以外の人に関しては広く浅く付き合うようにする。

 

極論で考えるのではなくバランスを取っていきます。

 

今までよりも少しずつ付き合いの幅を広げたり、

年に1回でもいいので付き合いに参加するだけでも、

広く浅くの付き合いを維持することができますよ。

 

もしそれで縁が切れても広く浅くの付き合いなので、

冷たい言い方かもしれませんがさほど問題はないでしょう。

 

お互いに代えのきく存在であっても良いと思うのです。

 

また、自分はこのように人付き合いをするんだ、

この人とはこう付き合うんだとカチッと決めるのではなく、

その時の状況によって柔軟に変える姿勢も大切です。

 

ちなみに私は親友と深く付き合う狭く深くタイプですが、

たまに寂しくなったり世界が狭くなる感じもするので、

スポーツジムに通うことでバランスを取っていますよ。

 

ジムでスタッフの方と挨拶や小話をすることにより、

寂しさや不足感を埋め合わせている感じです。

 

あなたも是非、あなたにぴったり合って

生きやすいスタイルを見つけてくださいね。

 

こちらの記事では、広く浅くタイプの中にもいる

忙しいアピールする人の心理と対処法

をご紹介していますのであわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。