「人は人、自分は自分」と言うけれど。「人は人、自分は自分」で生きる方法!

 

「人は人、自分は自分」と言うけれど、それがなかなか難しい。

他人と比べることがなくなれば、どんなに楽に生きられるか。

これから「人は人、自分は自分」で生きるにはどうすればいい?

 

この記事では、これから「人は人、自分は自分」で生きていきたい方に向けて、

「人は人、自分は自分」で生きる方法を1つご提案します。

 

「人は人、自分は自分」で生きる方法

方法:「自分がどうしたいのか?」という自分の希望を大切にする

「自分がどうしたいのか?」という自分の希望を知って、それを大切にすることによって、

心が満たされて他人の存在がそれほど気になることなく自分の人生を歩くことができます。

 

「人は人、自分は自分」で生きられない理由の一つは「心が満たされていない」からで、

「心が満たされていない」理由の一つは「自分の希望を知って大切にできていない」からなので、

 

自分の心からの希望を知ってそれを一つ一つ大切にしていくことによって、

自分自身やその人生に満足できて、他人のことはそれほど気にならなくなります。

 

自分の心の中のコップが満たされる条件の一つは「自分の心からの希望を知ってそれに素直に従うこと」なので、

「人と比較する」「人の目を気にする」「人に合わせる」(自分に嘘をつく)ことではコップが満たされることはありません。

 

「人は人、自分は自分」で生きていない時には、「自分の本当の希望」を知らなかったり、

「自分の本当の希望」を知っていても、それに素直に従うことができていないものなので、

今の自分がどの状態にあるのかを正しく認識することが第一歩を踏み出すことになります。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、「人は人、自分は自分」で生きる方法をご紹介しました。

 

「人は人、自分は自分」で生きる方法

  • 方法:「自分がどうしたいのか?」という自分の希望を大切にする

 

私達はこれまで他人と「共存」する中で何度も「比較」「競争」してきたので、

どうしても人と比較したり、人の目を気にしたり、人に合わせがちですが、

「他人」ばかりに目が行っていると「人は人、自分は自分」で生きることが難しくなります。

 

「人は人、自分は自分」で生きるためには、

あくまで「自分が」どうしたいのか?という自分の本当の希望を知ってそれを大切にする必要があるので、

よければ「自分の本当の希望を知っているか?」「希望に素直に従っているか?」を考えてみてください。

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。