人と話したい時はどうしたらいい?人と話したい時の対処法3選!

 

「人と話したい・・」

「誰かと話したい・・」

「話し相手が欲しい・・」

 

そんな時って、誰にでもあると思います。

 

  • 夜(休日)自宅で一人でテレビを観ていたら
  • 夜(休日)自宅で一人で飲んでいたら
  • 一人暮らしを始めたばかりで
  • しばらく友達と会えていなくて
  • パートナーが単身赴任中で
  • 仕事柄人と話す機会が少なくて

 

あなたはそうした時、どのように対処していますか?

あなたにぴったり合った対処法をお持ちでしょうか?

 

この記事では、人と話したい時の対処法と題しまして、

私が人と話したくなった時に利用している方法をご紹介していますので、

対処法をお探しの際にはご参考にしてください。

 

スポンサーリンク

人と話したい時の対処法3選

対処法1:電話をかける

1つ目の対処法は、電話をかける。

 

人と話したくなったら、やはり自分からアクションを起こす必要があり、

その際には電話をかけることが一番手っ取り早く効果も高いと考えます。

 

電話をかける相手としては、

電話に応じてくれる人、折り返し電話をかけてくれる人(家族、恋人、友達)がいいですね。

 

なかなか電話に出られない人や折り返しをもらえない人に電話をかけてしまうと、

目的を果たせずに終わってしまうので、「応じてくれる人」というのが大事なポイント。

 

そしてそれを何回か繰り返していると、「電話を楽しみにしてくれる人」がだいたい分かってきて、

実際に相手から連絡をくれるようにもなるので、ここからは楽しみにしてくれる人に電話をかけます。

対処法2:行きつけの場所に行く

2つ目の対処法は、行きつけの場所に行く。

 

これは行きつけの場所を作っておいて、人と話したい時はそこに行くという対処法です。

 

外出する必要はありますが、対面かつお互いを知っている分とても効果が高く、

しかもそこに行けば確実に人がいますから、特にどうしても人と話したい時にオススメ。

 

私の場合で言うと、ストレス解消・運動目的で通っているスポーツジムであったり、

散歩のついでに月に1回ほど立ち寄ることにしている近所のレトロな喫茶店、

それとスマホを契約している家電量販店のスマホコーナーがもともと行きつけです。

 

店員さんとしては商売ですから、笑顔で気持ちの良い対応をしてくれるもので、

商品(サービス)の質問や相談をしているうちに、何人かと親しくなっていきました。

 

中には「久しぶり!」「待ってたよ!」「最近どう?」といった挨拶をしてくれる店員さんもいて、

それくらいの関係になってくると、人と話したいというよりその人と話したくなることがあります。

対処法3:好きなアーティストのSNSを見る

スポンサーリンク

3つ目の対処法は、好きなアーティストのSNSを見る。

 

好きなアーティストのSNSとそのコメントを見ることによっても、

人と話したい気持ちを思いがけず満たすことができています。

 

アーティストがSNSでこちらに語りかけてくれることはもちろん、

それに対するファンのコメントを見ることで引き出される「共感」、「意外性」、

さらに「反感」さえも、人と話している時のそれに通じるものがあるので、

いつの間にか心の中で会話を楽しんでいることも珍しくありません。

 

最新の投稿だけでは物足りない時には、過去へ過去へとさかのぼっていくようにしていて、

よりその世界観に入り込むために、パソコンからアーティストの曲を流すこともあります。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、人と話したい時の対処法をご紹介しました。

 

人と話したい時の対処法3選

  1. 電話をかける
  2. 行きつけの場所に行く
  3. 好きなアーティストのSNSを見る

 

ふと人と話したくなる瞬間は誰にでも訪れるもので、

またどうしてもそうなる環境というのも存在します。

 

そのため、できれば自分にぴったり合った「人と話したい」時の対処法を見つけておきたいですよね。

 

対処法は大きく「電話(メール、LINE)」「外出」「ネット(SNS、アプリ)という分け方ができそうですので、

見つけるにあたってはそれぞれに対して掘り下げていくのも良いかと思います。

 

ただし「ネット」に関しては、掲示板やSNS、アプリ等で思わぬ形で個人情報を漏らしてしまったり、

その他のトラブルに巻き込まれる恐れもあるので、そのあたりには十分に注意してください。

 

最後に以下の記事では、一人で寂しい時の簡単対処法をご紹介していますので、

こちらもよければ人と話したい時の対処法を見つけるヒントになさってください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。