人付き合いが苦手でうまくいかない。人付き合いを改善するコツ3個!

 

日々のストレスや充実感というものは、

人付き合いがうまくいっているかどうかで天と地ほども違ってきますから、

もし人付き合いのコツがあるならそれを押さえておきたいもの。

 

ですが、人付き合いを上手にこなす器用な人のコツは、

人付き合いが苦手な人向けではないこともあります。

 

ですからこの記事では、人付き合いが苦手でたくさん失敗してきた私が、

それをかなり改善できた人付き合いのコツを3個ご紹介します。

 

スポンサーリンク

人付き合いを改善するコツ3個

コツ1:相手の存在を受け入れる

1つ目のコツは、相手の存在を受け入れる。

 

人間は基本的に自分のことを受け入れてくれる人に好感を持ち、

反対に自分のことを否定する人に対しては否定的になるものなので、

まずこちらから相手を受け入れてそれを伝えることが大事です。

 

こちらが相手を温かい目で見ると、相手もそれに応えてくれる可能性が出てきますが、

反対に冷たい目を向けてしまうと、相手もそれに呼応して冷たい目になりやすいので、

まずこちらから相手を受け入れて、温かい目で見ることがとても大事。

 

  • 相手を受け入れる
  • 相手を受け入れていることを表情・言葉・態度で伝える
  • 丁寧に接する
  • 公平に接する
  • 自分から挨拶をする
  • 感謝・謝罪の言葉を言う
  • 共感を示す
  • 相手の立場に立って考える
  • 相手の話に耳を傾ける
  • 自分の話も適度にする

 

実際人付き合いがうまくいっていない時の私は、この基本的なことが疎かになっていて、

でもそこに気づいて改善してからは、わざわざ関係をマイナススタートさせることがなくなったので、

「相手の存在を受け入れる」ことをコツであり極意でもあるとして胸に刻んでいます。

コツ2:相手との距離感を保つ

2つ目のコツは、相手との距離感を保つ。

 

人間関係の距離感が近すぎたり、

気が合わない人と付き合うことはトラブルの元になるので、

相手との適切な距離感を見つけてそれを保つことも大事です。

 

距離感を保つというのは、物理的にも精神的にも距離感を保つということで、

「干渉」「期待」「依存」「相性」「良心」「常識」

といったものを距離感を決める材料としています。

 

  • 他人に干渉しない
  • 他人に期待しない
  • 他人に依存しない
  • 気が合わない人とは無理に付き合わない(合わなくていい)
  • 思いやりのない人・意地悪な人とは極力関わらない(嫌われてもいい)
  • 助け合い・譲り合いの気持ちがない人とは無理に付き合わない(嫌われてもいい)

 

つまり家族でもない他人には干渉・期待・依存せず、

気が合わない人や思いやりのない人とは物理的にも精神的にも極力距離を置くスタンスで、

逆に言えば、気が合う人や思いやりのある人と適度な距離感で付き合うということです。

コツ3:自分を大切にする

スポンサーリンク

3つ目のコツは、自分を大切にする。

 

自分を大切にすること、

すなわち自分の「心」「時間」「体力」「お金」等を大切にすることは、

人付き合いにおいても大事なことです。

 

例えば、こちらが2人の間に引いた線を相手が飛び越えようとしてきて、

それによって自分の持ち物を距離感に見合わない量消耗することになりそうなら、

そこは自分を守るために心を鬼にしてでも「NO」と言うことが大事。

 

  • 自分の心や意思を大切にする
  • 自分の時間を大切にする
  • 自分の体力を大切にする
  • 自分のお金を大切にする

 

人付き合いが苦手な人の中には、

かつての私のように「嫌われたくない」気持ちをどこかに抱えて頭を悩ませている人もいますが、

その悩みは「人生の主役は自分」「尊重しない登場人物は不要」だと割り切ることで和らぎます。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、人付き合いを改善するコツをご紹介しました。

 

人付き合いを改善するコツ3個

  1. 相手の存在を受け入れる
  2. 相手との距離感を保つ
  3. 自分を大切にする

 

「人付き合い」というのは相手があってのものですから、

まずはその相手の存在を受け入れることが前提になってきて、

寄りかからないようぶつからないよう距離感を保ったり、

大切な自分の「心」や「時間」を守ることも大事です。

 

私の場合は1つ目の「相手の存在を受け入れる」ことが相手によっては全然できていなくて、

でもそれを自覚して修正することで、人付き合いの悩みの50%を解消できた実感があるので、

人付き合いをしていく上での基本であり最重要ポイントだと認識して日々過ごしています。

 

最後にこちらの記事では、うざい人の特徴と対処法をご紹介していますので、

もし職場など身近にうざい人がいてお困りでしたらあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。