自分次第で未来は大きく変わる!人生も仕事もすべては自分次第。

 

多くの人は人間関係や仕事、恋愛などに関して

何かしらの不満や心配を持っていると言えますが、

その中で自分次第で変わる部分は意外に多いもの。

 

もちろん境遇や才能など変えられないことも多いですが、

考え方や行動であれば自分次第で変えることができて、

それ次第で人生は大きく変わっていきますから。

 

この記事では「自分次第で人生は変わる」「すべては自分次第」をテーマに、

どのように考え方や行動を変えていくと良いのかの一例をご紹介します。

 

自分次第で人生は変わる

その1:考え方を変えれば人生が変わる

その1:考え方を変えれば人生が変わる

 

まずは考え方を変えれば人生が変わる事実を認識することが大切です。

 

そうすることによって、「考え方」を大事にしようと思えますから。

 

それではなぜ「考え方を変えれば人生が変わる」と言えるのかというと、

私達人間はそれぞれの考え方を持っていて、それに基づき行動していき、

行動の結果を積み重ねることで人生を作り上げているからです。

 

例えば、人の良い面を見るのが当たり前になっている人は、

普段から気持ちよく過ごせたり、良好な関係を築きやすいもの。

 

しかし反対に、無意識的に人の悪い面ばかり見ている人は、

ちょっとしたことでイライラしたり、人とぶつかってしまいがち。

 

ある物事に対してどう考えるのかは個人の自由であり、

その考え方次第で未来は大きく違ったものになるので、

「考え方」が人生を変えるキーになることは確かです。

その2:ネガティブに考えすぎない

その2:ネガティブに考えすぎない

 

2つ目の改善点は、ネガティブに考えすぎない。

 

1つ目の「考え方を変えれば人生が変わる」でお話しした通り、

ネガティブな考え方はネガティブな行動・結果につながるので、

反射的にネガティブに考える癖があったら直した方が良いです。

 

日本人の8割は遺伝子レベルで心配性だと言われていますし、

ある程度のネガティブな想像はリスク対策として大切ですが、

あまりに度が過ぎてしまうとまずいい結果をもたらしません。

 

例えば、これから苦手な仕事が待ち受けているという場合、

ネガティブに考えすぎると憂うつになり本当に失敗してしまいます。

 

一方で、苦手は苦手だけれどもチャンスでもあると考えられると、

前向きに落ち着いて取り組めて身につく経験値にも差が出てきます。

 

そのため、もしネガティブ思考が癖になっていたら、

ネガティブな考え方や自分自身を受け入れながら、

ポジティブに考える自由も選択してみてください。

その3:他人任せの考え方をやめる

その3:他人任せの考え方をやめる

 

3つ目の改善点は、他人任せの考え方をやめる。

 

他人任せの考え方をやめて自分から動くことによって、

自分の実力と責任を持って速やかに先に進めますから。

 

さらに、自分が動き出して一生懸命になっていると、

自然と周りに人が集まってきて協力してくれるもの。

 

自分から動き出すと、速やかに先に進むことができて、

さらに協力者やチャンスに恵まれる好循環に入ります。

 

しかし反対に、他人任せの考え方をしていると、

人が動いてくれるまでの時間を無駄にしたり、

思い通りに動いてくれずにイライラするだけで

1ミリも先に進むことはできません。

 

それに責任を持って行動することができなくなりますから、

このスタンスでいる限り人生は思うようにいかないものです。

 

そのため他人任せの考え方が当たり前になっていたら、

とにかく自分から動き出して欲しいものは自分でつかむ、

自分で決めて自分で責任を負うと決心することが大切です。

 

その4:他人に振り回されない

4つ目の改善点は、他人に振り回されない。

 

他人の言動に振り回されない、例えば自分への悪口を真に受けたり、

他人からの評価に敏感になったり、他人と比較して落ち込むことをやめる

ことによって心をクリアに保ち自然体で生活することができます。

 

誰でも悪口を言われたら一瞬は不快になりますが、

そこで「受け入れるか」「受け入れないか」によって

その後の気分や自尊心は大きく変わっていきます。

 

もし受け入れてしまうと、不快な気持ちは後を引き、

最悪すっかり自信を失ってしまうかもしれません。

 

反対に受け入れなければ、一晩寝たらコロッと忘れて

翌朝からまた気持ちよく過ごすことができるでしょう。

 

後者のように受け入れないためには、他人から悪影響を受けそうな時に、

「私はそれを承認しない。承認しなければどんな状況でも落ち込まない。」

といった形で「拒否」することが有効策の一つになります。

 

もちろん受け入れるべき意見や考え方もたくさんありますが、

そこに悪意があったり受け入れてもマイナスしかないなら、

自分を守るために「拒否」することが大切だと考えています。

その5:自己中心的な考え方をやめる

その5:自己中心的な考え方をやめる

 

5つ目の改善点は、自己中心的な考え方をやめる。

 

自己中心的な考え方をやめて人を大切にすることによって、

お互いにとって気持ちの良い関係を構築できますから。

 

人を大切にしていると、純粋に「私のことも大切にしてくれるだろう」と思えますし、

実際に自分が困った時には手を差し伸べてくれることが多いものです。

 

しかし反対に、自己中心的に振る舞っていると人は離れていき、

当然困った時に手を貸してくれる人はどこにもいません。

 

そもそも自分が人を大切にしていないので、はじめから

「どうせ他人は助けてくれない」と思い込んでいる人もいる。

 

まさに人間関係は鏡ということで、自分の態度が相手の態度になり、

また自分によく似たタイプの人が集まってきやすいのも事実です。

 

そのため居心地良い人間関係を構築したいのなら、

自己中心的な考え方をやめて人を大切にすること、

思いやりを持って接することが大切だと考えます。

 

そうすればきっと心がクリアになり、人間関係も上手くいき、

心の中の不満や嫉妬も消えていくに違いありません。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は「自分次第で人生は変わる」「すべては自分次第」をテーマに、

どのように考え方や行動を変えていくと良いのかの一例をご紹介しました。

 

  1. 考え方を変えれば人生が変わる
  2. ネガティブに考えすぎない
  3. 他人任せの考え方をやめる
  4. 他人に振り回されない
  5. 自己中心的な考え方をやめる

 

「考え方」というのはとても重要で、同じ人物でも考え方次第で

人生をつまらないものにも楽しく充実したものにも出来ます。

 

そして、今現在の自分は過去の自分の考え方や行動の結果であり、

未来の自分も今の自分の考え方や行動の積み重ねで出来ていく。

 

そのため今一度「考え方」の重要性を認識した上で、

もし改善点があれば前向きに直していきたいですね。

 

今回ご紹介した5点は、まさに私に足りなかった考え方でして、

直しはじめた時から良い方向に向かったのでご参考にしてください。

 

最後に以下の記事では、人間性を高める方法をご紹介していますので、

人間性を高めることに興味をお持ちでしたらあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。