考えない方法はあるの?考えたくないことをもう考えない方法2ステップ!

 

考えたくないこと(心配・不満・後悔など)を考えてしまう」

「どうにもならないことをアレコレいつまでも考えてしまう」

「考えすぎる性格をいい加減直していきたい」

 

この記事では、こうした「考えすぎる」お悩みをお持ちの方に向けて、

考えたくないことを考えない方法を2ステップでご紹介します。

 

考えたくないことを考えない方法2ステップ

ステップ1:モヤモヤを晴らして「考え方」を良い方向に向ける

考えすぎてドツボにはまっている時には、まず心のモヤモヤを晴らすことを優先させて、

さらにそれを習慣化することによって、「考え方」を自然に良い方向に向けていきます。

 

具体的なモヤモヤを晴らす方法とは、「ジョギング」「紙に書き出して破り捨てる」「感動の涙を流す」の三本柱で、

これらを続けることで心が少しずつ晴れて、考え方に変化が表れて、考えたくないことを考える時間が減っていきました。

 

「ジョギング」は仕事終わりに、「紙に書き出して破り捨てる」は随時、「感動の涙を流す」は夜寝る前に取り組むことが多いです。

ステップ2:機械的に「考える」「考えない」に分類する

ステップ1によって「考え方」を自然に良い方向に向けていけますが、

それでも考えたくないことを考え始めてしまう瞬間は訪れるもので、

そんな時は機械的に「考える」「考えない」に分類して処理します。

 

その具体的な方法は、もし「手を打てる心配事・不満・後悔」なら「考える」に分類して、

一度じっくり「今、自分にできること」を考えて、即手を付けることによって、

じっと考えていることで膨れ上がる一方だったモヤモヤを取り払っていきます。

 

反対に「手を打てない心配事・不満・後悔」なら思い切って「考えない」に分類して、

「本来、今の自分や家族のためにある時間・精神・仕事」等をどれだけ失うのか計算して、

「余計なことを考えているのはもったいなさすぎる」と感じる所まで持っていきます。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、考えたくないことを考えない方法をご紹介しました。

 

考えたくないことを考えない方法2ステップ

  • ステップ1:モヤモヤを晴らして「考え方」を良い方向に向ける
  • ステップ2:機械的に「考える」「考えない」に分類する

 

かつて「考えすぎる性格」だった私が「アレコレ考えて」しまっていた時には、

まずはモヤモヤをとことん晴らすことで考え方を自然に良い方向に向けていって、

考え始めてハマってしまった時には機械的に無感情で分類して処理してきました。

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。