顔つきを変えるにはどうしたらいい?顔つきを変える具体的方法5個!

 

先日、古くからの友達とカフェで雑談していたら、こんな話題になりました。

 

「顔つきを変えるにはどうしたらいいんだろう?」

 

私から見ると彼女は十分に良い顔つきをしている女性ですが、

彼女は親友と比べた時に何かが足りないと感じていたのです。

 

そこで私は、自分の中での顔つきを変える方法を彼女に伝えたところ、

これまでの彼女の頭の中にはなかった部分もあって喜んでもらえたので、

この記事ではその具体的な方法を5個ご紹介します。

 

スポンサーリンク

顔つきを変える具体的方法5個

方法1:良いものを見る

1つ目の方法は、良いものを見る。

 

目に映ったものは「表情」「思考」「言葉」「行動」等に反映されるので、

意識的に良いものを見ると一時的な表情だけでなく顔つきも良くなります。

 

この「良いもの」というのは人によって異なりますが、

例えば「人や物事の良い所」、「好きな人や大切な人の顔」「癒し、感動、面白い、勉強になる作品(文字、本、映像、絵)」、「心安らぐ景色や思い出の景色」などで、

こうしたものを選んで見るようにして、反対のものはなるべく見ないようにすることで、

頭の中に良いものがたまってそれは良いものを見ている人の顔つきを作り出します。

 

  • 人や物事の良い所
  • 好きな人や大切な人の顔
  • 癒し、感動、面白い、勉強になる作品(文字、本、映像、絵)
  • 心安らぐ景色や思い出の景色

方法2:良い音を聞く

2つ目の方法は、良い音を聞く。

 

耳に入った音も「表情」「思考」「言葉」「行動」等に反映されるので、

たくさんの良い音に囲まれて過ごすことで顔つきも良くなっていきます。

 

この「良い音」というのは、例えば、

「好きな人や大切な人の声(笑い声)」、「好きなアーティストの曲や癒される曲」、「好きな芸能人や有名人の声」、「動物の鳴き声や自然の音」といったもので、

こうした音を選択して聞くようにして、反対の音からはなるべく遠ざかることで、

頭の中が良い音で満たされて良い音を聞いている人の顔つきになっていきます。

 

  • 好きな人や大切な人の声(笑い声)
  • 好きなアーティストの曲や癒される曲
  • 好きな芸能人や有名人の声
  • 動物の鳴き声や自然の音

方法3:良い考え方をする

3つ目の方法は、良い考え方をする。

 

「良いものを見る」「良い音を聞く」の後押しも含めて

いつでもどんな時でも良い考え方をしていくことで、

良いものが顔に刻まれていく準備が整います。

 

具体的には、ここまでの内容と重複する部分もありますが、

「感謝・思いやり」「人や物事の良い所」「自分も人も大切に」「自分と人生に誇りを持つ」という感じで、

こうした考え方を自分のものにしていると、人の心に良い影響を与えるほどの顔つきになっていくのに対して、

これらがすっぽり抜け落ちていると、たとえ満面の笑みでもどこか違和感を覚えさせる場合があります。

 

  • 感謝・思いやりの心を大切にする
  • 人や物事の良い所を見る
  • 自分も人も大切にする
  • 自分と人生に誇りを持つ

方法4:良い言葉を発する

スポンサーリンク

4つ目の方法は、良い言葉を発する。

 

ここまでくると普段発する言葉もますます良くなるので、

日々の生活の中で良い言葉が行き交う機会が多くなって、

誰かと会話中でなくても自然に素敵な表情でいられます。

 

この良い言葉としては、例えば、

「ありがとう」「ごめんなさい」という感謝・謝罪の言葉をはじめとして、

「前向き」「理解」「気遣い」「思いやり」「応援」の言葉も代表的なもので、

これらの言葉を選択して発するとともに、反対の負の言葉を極力発しないことで、

良い言葉を発する人の顔つきになっていき、負の言葉を耳にする機会が減ります。

 

  • 「ありがとう」「ごめんなさい」という感謝・謝罪の言葉
  • 「前向き」「理解」「気遣い」「思いやり」「応援」の言葉

方法5:良い生活(人生)を送る

5つ目の方法は、良い生活(人生)を送る。

 

ここまでの方法を積み重ねることは良い生活を送ることにつながっていき、

その生活の中でいよいよ「良いもの、音、考え方、言葉、充実感」が顔に刻まれます。

 

ここでの良い生活というのは、具体的にはここまでお話ししてきた

「人や物事の良い所を見る」、「好きな人や大切な人の声を聞く」、

「感謝・思いやりの心を大切にする」、「感謝・謝罪の言葉を発する」生活、

そして生活の軸である「学業や仕事に一生懸命になる」ことで、

すると「心底自分に満足でき、誇りを持てて」全てが勲章として顔に刻まれます。

 

  • 人や物事の良い所を見る
  • 好きな人や大切な人の声を聞く
  • 感謝・思いやりの心を大切にする
  • 感謝・謝罪の言葉を発する
  • 選んだ仕事に一生懸命になる
  • 心底自分に満足している
  • 心底自分に誇りを持っている

 

人間の顔つきというのは、

その人間の「思考」「言葉」「行動」「習慣」「状況」等をハッキリ映し出しているので、

これらを磨き上げていけば磨いた分だけ顔つきは良くなっていくしその逆もまた然りです。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、顔つきを変える具体的方法をご紹介しました。

 

顔つきを変える具体的方法5個

  1. 良いものを見る
  2. 良い音を聞く
  3. 良い考え方をする
  4. 良い言葉を発する
  5. 良い生活(人生)を送る

 

私が考える顔つきを変えるやり方は、良いものを見て聞いて、

良い考え方をして、良い言葉を発して、良い生活を送るもので、

それは良くないものを人生から取り除く作業でもあります。

 

そしてこれが良い顔つきを作るのに有効な方法の一つであることは、

私自身や近しい人が「変わった」経験から自信を持って言えますから、

もし役に立ちそうな部分があればそれをぜひ取り入れてみてください。

 

最後にこちらの記事では、思いやりの心についてお話ししていますので、

改めて思いやりの心について見ていきたい方はあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。