気が散る時はどうしたらいい?気が散って集中できない時の対策法4選!

 

仕事や勉強など、今目の前にやるべきことがあるのに、

どうにも気が散って集中できない時があります。

 

「気が散って集中できない」

「イライラして余計集中できない」

 

あなたはそうした時、どのような対策を打っていますか?

あなたにぴったり合った対策法をお持ちでしょうか?

 

この記事では、気が散って集中できない時の対策法をご紹介していますので、

「気が散る時はどうしたらいい?」という状態の方はぜひ一度ご覧ください。

 

スポンサーリンク

対策法1:認識を変える

1つ目の対策法は、認識を変える。

 

「気が散る」ことの認識を「良くない」ことから「充電切れ」と変えることによって、

「気が散った自分や環境」を受け入れることができて心がスーッと落ち着きます。

 

  • 気が散る=充電切れ

 

気が散った時は、どうしても自分や環境にイライラしてしまうものなので、

それを防いで心を落ち着かせるために、

誰にでも当たり前にある「充電切れ状態」だと認識するのがこの対策法。

 

具体的には、普段から「誰でも充電が切れることはある」という認識を持ちながら、

気が散った時も「ただ充電が切れただけ」だと頭の中で唱えていく感じですね。

 

  • 誰でも充電が切れることはある
  • ただ充電が切れただけ
  • また充電すればいい
  • 皆充電切れと上手く付き合っている

 

「気が散る=良くない」ではなく、「気が散る=充電切れ=また充電すればいい」と認識が変わると、

ただそれだけで心が落ち着いて、これからどうすべきかに意識が向くので、やらない手はありません。

対策法2:充電する

2つ目の対策法は、充電する。

 

「気が散った」状態は「充電が切れた」状態ですから、

イライラする必要はなく、ただ充電することだけを考えればよくて、

私の場合は以下の5つの充電方法を用意して実践しています。

 

  1. 腕を組んで目をつぶる・・できれば10分間仮眠をとる
  2. 足首をグルグル回す・・デスクワークで使っていない足首を回す
  3. 軽く歩く・・トイレに行く、屋外をぶらぶら歩く
  4. 日光に当たる・・幸せホルモン「セロトニン」を活性化させて心を安定させる
  5. 外側から内側に向かってうずまきを書く・・少しずつ集中力を高めていく

 

これらはどれも、私にとって簡単かつ急速充電が可能な方法で、

「これはいいな」と感じたものをどんどん取り入れていったり、

根拠を簡単にでも理解することによって効果を高めてきました。

 

あと5つ目の「外側から内側に向かってうずまきを書く」について補足しますと、

これは紙とペンを用意して、紙に外側から内側に向かってぐるぐるうずまきを書くもので、

実際に「外から内:集中」「内から外:解放」効果があるとされるので実行しています。

対策法3:環境を整える

スポンサーリンク

3つ目の対策法は、環境を整える。

 

人間が環境から受ける影響は計り知れないものがありますから、

1日のうち多くの時間を過ごす環境を整えるアプローチは欠かせません。

 

環境を整えるというのは、自分が集中できる環境を作っていくということで、

私の場合は「雑音を取り除いたシンプルな環境」で集中できるので、

私にとって雑音になるものはできる限り取り除くようにしています。

 

  • 雑音を取り除いたシンプルな環境

 

雑音になるものを取り除くというのは、

視界に入るもの耳に入るもののうち、集中の邪魔になるものを極力取り除くことを基本として、

マイナスの人間関係と極力距離を置いたり、心配事を極力クリアしていくこともその一つ。

対策法4:集中力を高める

4つ目の対策法は、集中力を高める。

 

自分の集中力を底上げすることができればそれが一番で、

そうすれば3つの対策法の効果もグンと高まりますから、

対策法として「集中力を高めること」は必要不可欠。

 

集中力を高める方法としては、

一般的にその効果があると確かに言われているのと、

なにより実際に確かな効果を実感していることから、

自信を持ってジョギングをオススメしています。

 

その効果は、以前はちょっとしたことで気が散りやすく、イライラしがちだった私が、

今では一旦集中状態に入ったら、3~4時間は自然にそれを持続できるという劇的なもの。

 

そこに至るまでは、1回30~40分、週に3~4回のジョギングをコツコツ続けてきたわけですが、

初回から翌日の集中力にハッキリと変化があったので、一度試してみる価値は十分あります。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、気が散って集中できない時の対策法をご紹介しました。

 

気が散って集中できない時の対策法4選

  1. 認識を変える
  2. 充電する
  3. 環境を整える
  4. 集中力を高める

 

私がこの対策法を確立するにあたっては、

事前に「認識を変える」「充電する」「環境を整える」「集中力を高める」の4つのカテゴリーを設定し、

カテゴリー毎に試行錯誤して磨いていくという手順で進めていきました。

 

これは今足りないもの、もっと磨くべきものを明確にしてくれて、

また各カテゴリーをレベルアップさせていく楽しみ方もあるので、

よければ「カテゴリー」という考え方もご参考にしてください。

 

最後にこちらの記事では、「頑張りすぎない生き方」というお話をしていますので、

「最近は特に頑張りすぎかな・・」という状態でしたらあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。