気にしすぎて疲れる・うまくいかない。気にしすぎる性格を直す方法4個!

 

「ささいなことを気にしすぎる」

「気にしすぎて疲れてしまう」

「気にしすぎてうまくいかない」

「気にしすぎる性格を直したい」

 

この記事では、こうした「気にしすぎて疲れる・うまくいかない」性格を直したい方に向けて、

かつて同じ悩みを持っていた私がそれを少しずつ改善できた具体的な方法をご紹介します。

 

気にしすぎる性格を直す方法4個

方法1:不安を紙に書き出して破り捨てる

かつての私のように「気にしすぎる人」は、人一倍頭の中であれこれ考えているのに、

発散することに関しては人よりしないで溜め込みがちなので、どんどん発散していく必要があります。

 

その簡単な方法としては、まず紙に気持ちを書き出すことで「整理」「吐き出す」ことができて、

次にその紙をビリビリに破いてゴミ箱に捨てることで「不安のかたまりとさよなら」できて、

それによって胸がスーッとして体全体がふわっと軽くなって気にする時間が減っていきます。

方法2:「リスク回避能力」によるもの

「気にする」行為には、「ただ不安を膨らませる」ようなマイナス寄りのイメージがありますが、

ここで新しく「リスク回避能力によるもの」という意識を持つと、

「気にすることへの意識」も「気にする時間」も「今後」もプラスに変えることができます。

 

あれこれ想像して不安を膨らませるだけでは、時間も精神もただ流れていくばかりですが、

不安になりながらも「リスク回避のため」という意識を持って実際に手を打つようにすると、

気にすることを気にすることがなくなり、気にする時間も未来も価値あるモノに変わります。

方法3:「人生の持ち時間」を意識する

自分の「人生の持ち時間」をだいたい想像して、それを日頃から強く意識することによって、

「何も手を打てない時には、これ以上気にして時間を消費するのは大損」だと思えてきます。

 

普段はそれほどリアルに感じていないものですが、

「人生の持ち時間」は砂時計の砂が落ちるように確実に減っていて、落ちた砂は二度と戻らないのが現実で、

それを今一度意識することで、危機感から「今やるべきこと」「やりたいこと」しか目に入らなくなります。

方法4:「頭を切り替える言葉」を決めておく

それでも気にしすぎてハマってしまった時には、

あらかじめ決めておいた「頭を切り替える言葉」を

「心の中で唱えたり」「つぶやく」のも有効です。

 

例えば、私の場合のその言葉は「それはそれとして」で、

この話題を転換する言葉を口に出してつぶやくことによって、

まるでイマイチ盛り上がらない話題を切り替える時のように、

あるいはプレゼンテーションのスライドを次に送るイメージで、

スムーズに次の思考に頭を切り替えることができています。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、気にしすぎる性格を直す方法をご紹介しました。

 

気にしすぎる性格を直す方法4個

  1. 不安を紙に書き出して破り捨てる
  2. 「リスク回避能力」によるもの
  3. 「人生の持ち時間」を意識する
  4. 「頭を切り替える言葉」を決めておく

 

私が実践しているこの方法は、「不安」を紙に書き出して「さよなら」するもの、

「リスク回避能力」のなせるものだとして意識も時間も未来も「プラスに変えて」いくもの、

「持ち時間」を意識して危機感から「やるべきこと」「やりたいこと」に目を向けるもの、

そして自分に合う「頭を切り替える言葉」でスムーズに「次の思考に移る」ものでした。

 

実際にその人に効くかどうか?どのくらい効くのか?は試してみないと分からないので、

もし少しでも「良さそう」なものがあれば、それを手に取ってもらえたら嬉しいです。

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。