嫌われてるかもしれないと不安に思ったら。もう気にしない方法5つ!

 

職場の同僚や友達、異性と関わる中で、

「嫌われてるかもしれない」

と不安になることってありますよね。

 

同僚の態度が自分にだけ冷たいと感じたり、

友達の何気ない一言でイライラ・モヤモヤしたり、

好きな人の態度がデート中なのにそっけない

不安に襲われるのも無理はありません。

 

特に「同僚に嫌われてるかも」と思ってしまうと、

毎日が憂うつになりますし仕事に影響が出る恐れも。

 

そのため今回は、「嫌われてるかもしれない」

という不安を気にしない方法を5つご紹介します。

 

スポンサーリンク

「嫌われてるかもしれない」不安を気にしない方法5つ

方法1:嫌われない人はいない

方法1:嫌われない人はいない

 

1つ目の方法は、嫌われない人はいない事実を認識すること。

 

そう、嫌われない人はいないのです。

 

アニメやドラマの世界であればともかく、

現実では誰でも誰かしらに嫌われています。

 

たとえ態度に問題がなく人望がある人物でも、

心に闇を抱えている人からすると妬ましい存在。

 

妬ましい存在なので目の敵にしてキツく当たったり、

評判を落とそうと必死になって悪い噂を立てることも。

 

私もなるべく人に対して思いやりをもって接しよう、

迷惑をかけないようにしようとしているだけなのに、

性格の悪い先輩から「いい子ぶりやがって」

「真面目野郎」と目の敵にされた経験があります。

 

逆に私としても、性格が合わなくてイライラする人はいますし、

意地悪な人や自分勝手な人、言い方がキツイ人は嫌いです。

 

あなたもおそらく態度に問題がなくても誰かに嫌われていますし、

逆にあなたが嫌いだ苦手だと感じる人もいるかと思います。

 

このように生きていれば嫌われることは当たり前にあるので、

思いやりの気持ちや感謝の気持ちを大切にしているのであれば、

嫌われているかどうかを気にする必要は全くありません。

方法2:信念を貫けばファンもできる

方法2:信念を貫けばファンもできる

 

2つ目の方法は、信念を貫けばファンもできると認識すること。

 

先ほど、「嫌われない人はいない」とお話ししましたが、

それと同じように誰でも誰かしらに好かれています。

 

家族や恋人はもちろん、親友からも好かれていますよね。

 

それに嫌われることを恐れず信念を貫いていると、

いつの間にかファンができているものです。

 

ファンというのはアイドルファンのような

熱心な人ではなくて考え方に共感してくれる人。

 

あくまで常識やマナーをきちんと守った上で

嫌われることを恐れず信念を貫いていると、

それに共感してくれる人が必ず現れます。

 

例えば、私が新卒入社した会社の社風は体育会系であり、

毎日のように罵声が飛び交い悪口も満載の職場でした。

 

そのため嫌気が差して少しでも雰囲気を良くしようと、

私の好きな「ありがとうございます」「ごめんなさい」

という言葉を意識的に使うようにしてみました。

 

そうしたところ、気に留めない人や批判的な人がいる中で、

一部の社員は同じように感謝と謝罪の気持ちを積極的に

口に出してくれるようになったのです。

 

その影響はじわじわと広がり、最終的に人事部から

そういった雰囲気を作る働きかけまであったほど。

 

これは私の行動や考え方に共感してくれた社員が

一定数いた結果であることは間違いありません。

 

先にお話しした先輩のように、そんな私を嫌いな人もいますが、

別に悪いことをしているわけではないので気にしませんでした。

 

この経験から私は、信念を貫けば共感してくれる人が現れ、

そうした人に目を向けて大切にすれば良いと考えます。

 

嫌われてるかもと感じて気持ちが縮こまっているよりも、

嫌われることを恐れずに自分を出して生きていた方が

心が楽になりますし楽しい人生を送ることができます。

方法3:自分の言動を振り返る

方法3:自分の言動を振り返る

 

3つ目の方法は、自分の言動を振り返る。

 

「あの人に嫌われてるかも・・」

 

そう不安になっているあなたはおそらく

真面目で気を遣う優しいタイプだと思います。

 

もしこのタイプであれば、あなたの言動によって

人に不快感を与え嫌われることは少ないと考えられます。

 

ただ、それでもいい機会ですから、

自分の言動に嫌われる原因はないか?

ということを振り返ってみてください。

 

何気なく失礼なことを言っていないか?

相手が触れて欲しくない「地雷」を踏んでいないか?

 

目を合わさないなど地味に失礼な態度を取っていないか?

作り笑顔が苦手で相手から見たら無愛想になっていないか?

 

もし少しでも思うところがあるなら改善すれば良いですし、

心当たりがなければそれはそれで一つ不安要素がなくなりますよね。

 

相手の性格や心理状態によっても受け取り方は変わるので、

常識的な言動をとっていても不快にさせることはありますが、

客観的に見て不快にさせる要素があれば改めておきましょう。

方法4:自分の考え方を振り返る

スポンサーリンク

4つ目の方法は、自分の考え方を振り返る。

 

自分の言動を振り返るのとあわせて、

自分の考え方を振り返ることも大切です。

 

ここでは2点振り返って欲しいことがありまして、

まず1点目は相手の言動をマイナスに考える癖があり、

自分から余計な不安を作り出していないか?ということ。

 

客観的に見て気に留めることではない言動でも、

マイナスに考える癖があると不安で仕方なくなります。

 

例えば、相手がそっけなくてため息をついた場合。

 

この場合は直接何かを言われたわけではないので、

嫌いというより体調不良であったり悩みを抱えている、

または特にこれといった意味がないとも考えられます。

 

たとえいつもは感じが良い人だとしても、

365日そういられるわけではありませんよね。

 

しかし相手の言動をマイナスに考える癖があると、

反射的に「嫌われてるかも」と思い込んでしまう。

 

「嫌われてるかも」と不安になる方にはこの傾向があるので、

決定的なことがない限り相手の気持ちをマイナスに想像するのはやめましょう。

 

勝手にマイナスに想像しても良いことは一つもありませんから。

不安になるのは直接「嫌い」と言われてからでも遅くはありません。

 

続けて2点目は、実はこちらが先に苦手意識を持っていて、

それが知らず知らずのうちに態度に出てはいないか?

 

人間関係は鏡なので、嫌われてるかもと思った時には、

実はこちらが先に苦手意識を持っている恐れがあります。

 

こちらが苦手意識を持って「苦手オーラ」を出しているため、

相手がそのオーラを感じ取ってよそよそしくなってしまった。

 

相手も同じ人間ですから、周りにどう見られているかが気になり、

「私、嫌われてる?」と不安になっているかもしれないのです。

 

そしてその様子を見たこちらも「あれ?嫌われてる?」と不安になる。

 

これは意外に気づきにくいものの結構多いパターンなので、

あらためて相手に対する自分の本当の気持ちを考えてみて、

もし苦手意識を持っているなら認識を変えていきましょう。

 

例えば、相手のいいところに目を向けるようにすると、

尊敬する気持ちが湧くので苦手な存在ではなくなります。

 

これら2つの考え方は自分で自分を追い込んでいるようなものなので、

思い当たる節があれば考え方の癖を自覚して改善していきましょう。

方法5:自分を好きになる努力をする

方法5:自分を好きになる努力をする

 

5つ目の方法は、自分を好きになる努力をする。

 

「嫌われてるかも」と不安になる人の中には、

自分のことを好きではない人が少なくありません。

 

自分ことをあまり好きではなかったり嫌いでいるので、

「周りの人もきっと私のことを好きではない」と思い込み、

その気持ちが何かをきっかけに「嫌われてる」に発展する。

 

そのため、もしあなたが自分のことを好きではないようなら、

あなた自身があなたを好きになることを意識してください。

 

自分を好きになることができれば、

「周りの人もきっと私のことを好きだろう」

とプラスに考えることができます。

 

「嫌われてる」と思い込むことができるのなら、

「好かれてる」と思い込むことも絶対にできます。

 

自分を好きになる方法としては、例えば、

あなたとしては当たり前だと思っているけれども、

実はなかなかすごい普段の行動を褒めること。

 

例えば、早寝早起きが習慣になっていることや、

定期的な運動を継続しているのもすごいことです。

 

褒め方としては、口に出したり紙に書く方法が考えられます。

まるで子供を褒めるように頭を撫でるのも効果がありますよ。

 

他にも、何か新しいことにチャレンジしたり、

それを継続して成果を出すことも考えられますね。

 

チャレンジすることにはパワーが必要ですし、

それを継続して成果を出すとなればなおさら。

 

その分行動できた時や目標を達成できた時には、

頑張った自分成長した自分を好きになっているもの。

 

そうして自分のことを好きになっていけば、

自信を持つことができるので他人の目や評価など

気にならなくなるという効果も期待できます。

 

もっと言うと、自分のことを好きで自信に満ちた姿は、

ナルシストまで行かなければ魅力的に映るものなので、

それも人間関係を構築する上でプラスに働きますね。

 

自分を好きになることは人間関係はもちろん、

自分の人生をうまくいかせるために必須なので、

是非他でもない自分を好きになっていきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は「嫌われてるかもしれない」

という不安を気にしない方法をご紹介しました。

 

「嫌われてるかもしれない」不安を気にしない方法5つ

  1. 嫌われない人はいない
  2. 信念を貫けばファンもできる
  3. 自分の言動を振り返る
  4. 自分の考え方を振り返る
  5. 自分を好きになる努力をする

 

世の中に嫌われない人はいないので、

社会人としての常識やマナーを守っていれば、

あとは嫌われても気にする必要はありません。

 

思いやりをもって接した結果として嫌われたのなら、

それは相手に原因があってよくあることなのです。

 

また、誰かに嫌われていれば別の誰かには好かれているので、

自分の信念を貫いて好いてくれる人を大切にしましょう。

 

自分の言動を振り返ったり、考え方の癖を認識していくのも、

不安を気にしなくなるためには非常に大切なことです。

 

不安な気持ちは考え方や心の持ちように大きく左右されます。

 

最後に自分を好きになることは人生においてかなり大切なので、

不安を取り除くためにも、人生全体を望む方向に進めるためにも、

この機会に自分を好きになる意識を持って過ごしてくださいね。

 

こちらの記事では、意地悪な人の心理特徴と対処法をご紹介していますので、

職場など身近に意地悪な人がいて困っている場合にはあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。