心が寂しいときどうしたらいい?一人で寂しい時の簡単対処法3つ

 

なんだか急に寂しくなる時ってありますよね。

 

金曜日の夜なのに予定がなく家にいる時。

メールをしても数日間返信をもらえなかった時。

 

友達や同僚がどんどん結婚していく時。

恋人と別れてから街中でカップルを見た時。

恋人と一緒にいても心が満たされないことに気づいた時。

 

そうした時にあなたはどうしていますか?

自分に合った対処法を持っていますか?

 

自分に合った対処法を持つことによって寂しさを軽減できたり、

成長する方向に持っていくことができます。

 

そこで今回は、

心が寂しいときどうしたらいい?とお悩みのあなたに向けて、

一人で寂しい時の簡単な対処法を3つご紹介します。

 

スポンサーリンク

対処法1:「寂しい」をポジティブに変換する

対処法1:「寂しい」をポジティブに変換する

 

1つ目の対処法は、

「寂しい」をポジティブに変換すること。

 

「寂しい」というと、

やはりネガティブな感情の一つではありますが、

それをポジティブに変換することは可能なのです。

 

なぜなら、人間は人と関わっている時や、

人と心が通っている時に成長する部分がありますが、

同じように一人で寂しい時だからこそ成長する部分もあるからです。

 

そのため、寂しい時は自分の内面と

とことん向き合う絶好の機会と捉えることができる。

 

「どうして自分は寂しいのか?」

「どうすれば寂しさは解消されるのか?」

「本当は自分はどうしたいのか?」

「他人と比べてばかりいないか?」

 

このように自分に問いかけることによって、

考え方や生き方をより良い方向にもっていく

ことが可能になるのです。

 

是非、心が寂しい時は悲観するのではなく、

「自分と向き合う良い機会」と捉えていくことで、

心を落ち着かせながら良い方向に持っていきましょう。

対処法2:「どうして寂しいのか?」を考え行動する

対処法2:「どうして寂しいのか?」を考え行動する

 

対処法1によって「寂しい時」に対する認識を改めたら、

続けて「どうして寂しいのか?」を考えて、

それを解消するための行動を起こしていきます。

 

そうすることによって、

「寂しい」部分を直接的に解消できますし、

忙しくなるので「寂しさ」を忘れていきますから。

 

例えば、「金曜日の夜なのに予定がなく家にいて寂しい」時には、

友人を誘って前々から気になっていた店に出かける。

 

「メールをしても数日間返信をもらえなくて寂しい」時には、

連絡頻度が合う人、あなたのことを求めてくれる人と付き合うようにする。

 

「友達や同僚がどんどん結婚していくので寂しい」時や、

「恋人と別れてから街中でカップルを見て寂しい」時には、

自分磨きをしながら婚活パーティーや街コンに参加するなど

恋人を探すための行動を起こす。

 

「恋人と一緒にいても心が満たされないことに気づいて寂しい」時には、

心から一緒にいたいと思える人と付き合うようにする。

 

「寂しい」と感じたらそれを

自分が幸せになるための行動につなげることができれば、

「寂しい」はもうあなたの味方になっています。

対処法3:夢中になれるものに没頭する

スポンサーリンク

 

とはいえ、場合によっては寂しさを解消できない、

どうしても行動に移せないケースも考えられます。

 

そうした時には、直接的に寂しさを解消することはできないので、

夢中になれるものに没頭することで対処していきましょう。

 

夢中になれるものに没頭することで、

心を満たして頭の中の「寂しい」の割合を減らしていきます。

 

今現在、夢中になれるものがなければ、

子供の頃に好きだったものや

時間を忘れて取り組んでいたものを思い出してみてください。

 

過去をさかのぼっても思い浮かばないようでしたら、

私の趣味でもあるジョギングジム通いはいかがでしょうか?

 

対処法3:夢中になれるものに没頭する

 

運動は心と体の健康に良いことは広く知られており、

ジョギングであれば「いつでも」「どこでも」「一人でも」できる。

 

ジム通いであれば「人に囲まれて運動できる」「スタッフとコミュニケーションを取れる」

「魅力的なスタッフがいる」といったおすすめポイントがあります。

 

私は一人好きの独り嫌いという面倒くさい性格をしているので、

ジムという「人が大勢いるけれども話をする必要はない」環境は、

寂しさを解消しながら運動できる最高の場所。

 

ジムといえば、同年代の異性が集まる場所でもあるので、

寂しさを解消するためにジムに通いながら、

密かに出会いを期待するのも楽しいかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、一人で寂しい時の簡単な対処法を3つご紹介しました。

 

  1. 「寂しい」をポジティブに変換する
  2. 「どうして寂しいのか?」を考え行動する
  3. 夢中になれるものに没頭する

 

心が寂しい時はうつうつとして

マイナスにマイナスに考えてしまいがち。

 

「みんな今ごろ楽しそうにしているんだ。

寂しいのは私だけなんだ・・。」

 

ただ、「寂しい時」というのは誰にでも、

どんなに恵まれている人にもあるものですし、

自分と向き合う良い機会と捉えることができます。

 

そのため悲観する必要は全くありませんし、

むしろこの貴重な時間を活かして、

あなたの人生をより満たされたものにしていきましょう^^

 

こちらの記事では再び人生を楽しくする方法をご紹介していますので、

楽しみがない毎日に飽き飽きしている場合はあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。