高圧的な上司の意外な心理と実際的対処法!実は弱さの裏返し?

 

あなたの職場には高圧的な上司はいませんか?

 

自分の方が権力を持っているからと言って、

部下を見下し一方的に従わせようとする上司です。

 

もしかしたらあなたの職場にも高圧的な上司がいて、

それについて深刻に悩んでいるかもしれませんね。

 

私も新卒入社した会社で高圧的な上司達に出会い、

その時は萎縮して精神も仕事もボロボロだったので、

高圧的な上司について悩む気持ちはよく分かります。

 

そこで今回は、高圧的な上司に悩むあなたに向けて、

心理・ターゲットにされやすい人・対処法

の3つを順番にご紹介します。

 

スポンサーリンク

高圧的な上司の心理3個

高圧的な上司の心理3個

 

まず押さえておきたいのは、高圧的な上司の心理です。

 

なぜ高圧的な態度を取るのか疑問でしかありませんし、

心理を押さえることで対処法が見えてきますから。

 

ここでは主な心理を3つピックアップしましたが、

これらは複雑に絡み合っていると言えます。

心理1:自信がなくプライドが高い

1つ目の心理は、自信がなくプライドが高い。

 

一見すると高圧的な上司は自信があるように見えます。

特に社会人経験が浅い新入社員から見るとなおさら。

 

しかし実際にはその正反対で自分に自信がありません。

 

そして自分に自信がないのを埋め合わせるために

他人と比較して優越感を覚えることを繰り返し、

そうするうちにますますプライドが高くなっていく。

 

その結果、自分の弱さを隠すため自分を保つために

立場が弱い部下に対して高圧的に振舞うようになる。

 

上司は部下に対して高圧的に振舞うことによって、

「俺はお前よりも偉いんだ!優秀なんだ!だから従え!」

といった主張をしているのです。

 

ドラマでも虚勢を張っている小物男の口から

飛び出してくるようなセリフですよね。

 

おそらく私が出会った高圧的な上司の多くはこのタイプです。

 

客観的に見て大した能力がない上司ほど、

権力を振りかざして部下をこき下ろしていました。

 

それに対して仕事ができると評判の上司は、

自然体でいながら余裕と自信を感じさせ、

部下に対しても敬意を払っていましたね。

心理2:かつて自分も経験してきた

2つ目の心理は、かつて自分も経験してきた。

 

かつて自分も上から押さえつけられてきたので、

お前も同じ苦労と我慢をしろという勝手な考え方です。

 

例えば、上司が社会人としてまだ若手だった頃、

もしくは現在もさらに上から高圧的な態度を取られている。

 

または小学校の時にクラスのジャイアン的存在から

いじめられていたり、完全に言いなりになってきた。

 

もしかしたら、幼い頃の家庭環境までさかのぼるかもしれません。

 

いずれにしても、自分がこうした辛い経験をしたため、

他人も同じ思いをして当然だろうと考えていたり、

二度と同じ思いをしないために先制攻撃しているということ。

 

私が関わってきた上司達の過去は知りませんが、

職場で見た限りでは現在進行系で自分より上から

高圧的な態度を取られている上司もいました。

 

その会社の社風は典型的な体育会系でして、

年功序列、権力が全てといった感じでしたから。

 

課長クラスでも部長や社長から罵声を浴びていて、

ひたすらペコペコして「おっしゃる通りです!」を連呼。

 

そのため、高圧的な態度を取るのは許されませんが、

ある意味ではかわいそうな被害者だと言えるでしょう。

心理3:仕事上効果的だと勘違いしている

3つ目の心理は、仕事上効果的だと勘違いしている。

 

部下に対して高圧的な態度を取ることが、

指導する上でも最短で最高の結果を出すためにも

効果的であると勘違いしているケースです。

 

言うべきことや言いたいことがあるのなら、

相手の顔色をうかがって遠慮するのは時間のムダなので、

多少キツイ表現でもストレートに言い合うべきだと。

 

学生時代、もしくは社会人になって体育会系の環境に身を置き、

そこで生き抜き結果を出してきた人にありがちかもしれませんね。

 

しかしながら、高圧的な態度を取ることで

指導や仕事が上手くいくという考え方は勘違いです。

 

なぜなら高圧的な態度を取られた部下は萎縮してしまいますし、

上司に対して「幼稚な人」という認識を持つようになりますから。

 

私も上司の高圧的な態度に萎縮していたので分かるのですが、

いつも怒られるのが怖い、ミスするのが怖いと思うようになるので、

仕事の効率が落ちるのはもちろん凡ミスも増えてしまいます。

 

それにいつも上司の顔色をうかがうようになっていき、

また上司を尊敬する気持ちはこの時点でほとんどないので、

どう頑張っても仕事に対する意欲を失っていきます・・。

 

そして私が意欲を失っていく様子は同僚から見て明らかでしたが、

それでも上司が態度を改めることはありませんでした。

 

それどころか、萎縮してダメになっていく私に

全ての問題があると考えますます高圧的になる始末。

 

「なんでそれくらいできないんだ!」

「俺がお前の頃にはそれくらいやってたぞ!」

「そんなんじゃどこの会社でもやっていけないぞ!」

 

人間の性格や考え方はそうそう変わらないので、

例えば自分よりも上の立場の人間から何度も何度も

勘違いを正す指導がなければ根本的には直らないでしょう。

高圧的な上司のターゲットにされる人

高圧的な上司のターゲットにされる人

 

こうした心理により高圧的な態度を取ることが分かりましたが、

実は全ての部下に対してそうしているわけではありません。

 

ターゲットにされる人とされない人がいるのです。

 

威圧的な上司には「誰かを威圧したいという目的」があって、

ある人の中に「威圧する原因」を見つけた時にターゲットに設定します。

 

ターゲットにされる人に共通する特徴というのは、

自信がなく高圧的な態度に対してビクビクすること。

 

会社という場所で自分よりも上の立場の人間から

高圧的な態度を取られたら萎縮するのが普通です。

 

しかし、それが表情や態度にハッキリと出てしまう人、

仕事にハッキリ影響が出る人はターゲットにされやすい。

 

先ほどお話しした通り、高圧的な上司は自信がないので、

「自分は人から認められないのではないか?」

といった不安をいつも抱えています。

 

そのため、同じような不安を抱えてビクビクしている人を見ると、

まるで隠している自分の弱さを直視しているようでイライラするのです。

 

また、昔の自分には戻りたくないという強い気持ちもあるので、

立場が弱く反抗できない部下を威圧することで心と立場を保とうとする。

 

そうして一度ターゲットに設定されてしまうと、

ビクビクしてミスが増え余計にビクビクしてしまう。

 

それを見た上司の態度はますますヒドくなる

という負のスパイラルに陥ってしまい、

支配関係は強固なものになってしまうのです。

高圧的な上司への対処法3個

スポンサーリンク

 

上司の心理やターゲットにされる人の特徴を押さえたところで、

それらを踏まえて高圧的な上司への対処法を見ていきましょう。

 

高圧的な上司への対処法3個

対処法1:ビクビクおどおどしない

1つ目の対処法は、ビクビクおどおどしないこと。

 

高圧的な上司はビクビクする人をターゲットにするので、

威圧されてもビクビクしない、できれば堂々としましょう。

 

とはいえ、いきなり堂々とするのは難しいと思いますので、

例えば背筋を伸ばす、ポーカーフェイスでいる、ある程度声を張るなど、

堂々と見せるために必要だと思う要素を一つ一つ試してみてください。

 

また、気持ちの面で負けないためにも、人間性においては上司よりも

圧倒的に優れている、対等以上の存在なのだと自分に言い聞かせましょう。

 

今は職場にいるから上下関係は確かにあるけれども、

職場を一歩でも出たら一人の人間として対等以上なのだと。

 

そうして威圧を恐れない堂々とした自分を見せていくことで、

上司に「効かない。支配できない。反撃されるかも。」と思わせていきます。

 

そう思わせることができれば、もう部下を一方的に支配したり

ビクビク怖がる姿を見て精神を保つことはできないので、

彼らは身を守るために態度を軟化させる可能性があります。

 

もしかしたら、自分より上にはペコペコしているように、

ご機嫌伺いをするなど手のひらを返してくるかもしれませんね。

対処法2:仕事ができるようになる

2つ目の対処法は、仕事ができるようになること。

 

仕事ができるようになると自信がつきますし、

ミスも少なく同僚から頼られる存在になるので、

威圧的な上司に付け入るスキを与えません。

 

私も威圧的な上司に一番ビクビクしていたのは

右も左も分からない新入社員の時でした。

 

仕事内容から部署名や名前まで知らないことだらけで、

緊張からくる物覚えの悪さ、物忘れも時々あったので、

もともと自信がなかった私は簡単に威圧に負けていました。

 

しかし、1年もすれば大体仕事の流れが見えてきましたし、

プロジェクトリーダーも任されたため自信が湧いてきて、

いつの間にか以前より威圧に負けない自分になっていたのです。

 

私のようにもともとあまり自信がない人間であっても、

職場では仕事ができることが根拠のある自信につながるので大丈夫。

 

そのため「今に仕事ができるようになってやる!見てろよ!」

といった意気込みで数年後には物ともしない自分になるつもりで、

威圧に気を取られることなく仕事に集中していきましょう。

対処法3:上司を認める

最後となる3つ目の対処法は、上司を認めること。

 

上司が高圧的な態度を取る理由の一つは自信がなく

「認められないのではないか?」という不安を抱えていること。

 

高圧的な態度とは裏腹に、大きな不安を抱えているのです。

 

大きな不安を抱えているので、積極的に上司の良いところ、

仕事上優れているところを見つけて本心から認めてあげましょう。

 

そうすることで上司の心は少しは満たされていき、

「こいつは俺のことを認めてくれているのか?」

「意外に俺のことを分かっているのかもしれない・・」

といった形で今度はこちらを認めてくれるかもしれません。

 

上司を認めるというのは例えば、

上司の意見はいつでも一旦受け入れるようにする。

 

たとえ間違っている、反対意見があるとしても、

否定せずに一旦は受け入れる姿勢を見せます。

 

「なるほどそうですね。ただ、私は◯◯について

このように考えていますがいかがでしょうか?」

 

また、上司から指導を受けた際には、

きちんと感謝や尊敬の気持ちを伝えること。

 

「ありがとうございます。勉強になります。」

 

上司の特別な成果について賞賛しなくとも、

社会人として当たり前に相手を尊重したり、

普段の指導や仕事ぶりに対して感謝するだけで

十分上司を認めていることになりますよ。

 

そして本心から認める気持ちは絶対に伝わるので、

長い目で見た時には上司もこちらを認めてくれて、

高圧的な態度を少しは改める可能性があります。

 

高圧的な上司は嫌われていることが多いので、

その分認められる褒められる機会は少ないと考えられ、

そうした状態で予期せず認められると心に染みるものです。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、高圧的な上司に悩むあなたに向けて、

心理・ターゲットにされやすい人・対処法をご紹介しました。

 

高圧的な上司の心理3個

  1. 自信がなくプライドが高い
  2. かつて自分も経験してきた
  3. 仕事上効果的だと勘違いしている

 

高圧的な上司のターゲットにされる人

自信がなく高圧的な態度に対してビクビクする部下

 

高圧的な上司への対処法3個

  1. ビクビクおどおどしない
  2. 仕事ができるようになる
  3. 上司を認める

 

高圧的な上司は基本的に自分に自信がなく、

その裏返しとして威圧的に振舞うことがほとんど。

 

また、ターゲットにするのは同じく自信がないタイプですから、

ビクビクせず自信を見せること、仕事ができるようになり自信も高めること、

そして上司の心を満たすために認めることが対処法として考えられます。

 

間違っても感情的に反論して対立することだけはしないでくださいね。

 

間違っても感情的に反論して対立することだけはしないでくださいね。

 

基本的に他人を変えることはできないので、

自分の考え方や行動を変えることによって、

苦しい状況をなんとかしのいでいきましょう。

 

あまりに度が過ぎるようなら積極的に他の上司を頼っていき、

また証拠を残すなどして身を守るようにしてください。

 

苦しい時にはプライベートの友達に愚痴を聞いてもらったり、

自分なりの方法でストレスを解消していくことも大切ですよ。

 

 

最後になりますが、こちらの記事では世の小物男や

幼稚な人の特徴をご紹介していますのであわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。