後悔ばかりしてしまう。後悔しやすい性格を今日から変える方法2ステップ!

 

「あの時~しなければよかった」

「あの時~しておけばよかった」

「人生を振り返ると後悔ばかりだ」

「後悔しやすい性格を変えたい」

 

この記事では、こうした「何かと後悔しやすい」お悩みをお持ちの方に向けて、

後悔しやすい性格を今日から変える方法を2ステップでご紹介します。

 

後悔しやすい性格を変える方法2ステップ

ステップ1:「後悔」を受け入れてあげる

「後悔という感情」や「後悔しやすい自分」を否定すると改善しにくくなるので、

まずは「後悔という感情は人間にとって自然なもので必要な感情」、「誰でも後悔はする」

というふうに「後悔」を受け入れてあげることが大切です。

 

「後悔という感情」は、

「自分を成長させて未来をより良いものに変えるきっかけになる感情」とも表現できるので、

「受け入れてあげる」というより「むしろ歓迎すべき」だという見方もできるでしょう。

 

それらを踏まえて、後悔しやすい性格の方の改善点として考えられるのは、

後悔という感情にとらわれる原因となり得る「後悔や後悔しやすい自分を否定すること」と、

同じ後悔(失敗)を繰り返す原因となり得る「後悔する段階で止まってしまうこと」です。

ステップ2:「後悔」を成長につなげる

ステップ1で「後悔という感情」や「後悔しやすい自分」を受け入れたら、

「後悔する段階で止まるのではなく、成長につなげる」意識をしっかり持つことで、

「後悔」に対する自分の中でのイメージを上げながら自己成長を目指します。

 

より具体的には、

今までなら「~しなければよかった」「~しておけばよかった」と後から悔やむだけで止まっていたところを、

これからは「あの時、ここをこうすればよかったんだ。また一つ成長できた」というふうに成長につなげます。

 

そうしていけば、「後悔」に対するマイナスイメージを払拭できて、

これから先、同じような状況に置かれた時に適切に判断・行動できて、

他の場面でも自分次第でいくらでも学びを活かすことができます。

 

毎日を一生懸命生きていると失敗することも多々あって、その時は大なり小なり後悔するものですが、

そこから必ず何かを学び取れると考えると、頭の中に「後悔を成長・進展につなげる」回路ができて心持ちが変わります。

 

また、「~しておけばよかった」という「やらなかった後悔」は大きく長引きやすいと言われているので、

もしその後悔をしてしまったら、「もう一生の後悔を残さないためにも・・」というふうにもう一段ギアを上げるといいかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、後悔しやすい性格を変える方法をご紹介しました。

 

後悔しやすい性格を変える方法2ステップ

  1. 「後悔」を受け入れてあげる
  2. 「後悔」を成長につなげる

 

人間の性格というものは、なかなか簡単には変えられないので、

変えたいという強い意志を持って、焦らずゆっくりクセを修正していく必要があります。

 

そして修正するためには、まず「納得できる」「自分に合う」考え方を取り入れる必要がありますから、

もしご紹介した方法の中に納得できるものがありましたら、ぜひ一度それを手に取ってみてください。

 

最後にこちらの記事では、もう我慢しない生き方をご紹介していますので、

「最近色々なことを我慢しているな」という方はあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。