メールを無視する人の胸中心理5個!なぜ私は無視されるのか?

 

「メールが返ってこない・・」

「もしかして無視されてる?」

「無視するなんてヒドい!」

 

このようにメールを無視されて、もしくは無視されたと感じて

イライラ・モヤモヤした経験がある人は多いかと思います。

 

メールは便利なコミュニケーションツールではありますが、

時に「無視問題」が発生してしまうんですよね。

 

しかも、「メール無視」というたった一つの行動には、

相手の性格や状況、メールの捉え方、2人の関係性などが

複雑に絡んでいてそれも送り手を悩ませる原因になります。

 

今回はそうしたモヤモヤを少しでも晴らすべく、

メールを無視する人の心理をご紹介します。

 

スポンサーリンク

メールを無視する人の心理5個

心理1:面倒くさい

心理1:面倒くさい

 

1つ目の心理は、面倒くさい。

 

面倒くさがり屋はもちろんのこと、

メールのやり取りを面倒に感じる人、

さらにメールの送り手を面倒に感じている

ケースも考えられます。

 

面倒くさがり屋は何をするにも面倒くさがるので、

メールの返信についても後回しや放置することがあります。

 

また、特に面倒くさがりな性格ではなくても、

メールのやり取りを面倒に感じている人も一定数います。

 

特に男性はメールを連絡手段と捉える傾向があると言われ、

そうした場合は用件のない雑談メールを時間の無駄だと考えます。

 

私(男性)はわりとメールやLINEをするのが好きなのですが、

男友達からは遊ぶ約束をする時だけしか連絡が来ませんね。

 

それに対して親しい女性は雑談も楽しむ印象があります。

 

さらに、メールのやり取り自体は面倒でなくとも、

メールの送り手を面倒に感じているケースもあります。

 

例えば、しつこく自分勝手にメールする人は面倒ですし、

あまり好感を持っていない人とのメールも面倒ですよね。

 

あなたも返信を面倒に感じることがあるかと思いますが、

おそらく理由は「面倒くさがり」「メールは好きではない」

「相手が面倒である」に該当するのではないでしょうか。

 

あなたがメール返信を面倒に感じることがあるのなら、

当然受け取り手も返信を面倒に感じることはありますし、

その理由はこれら3つのどれかに該当する可能性があります。

心理2:仕事が忙しい

心理2:仕事が忙しい

 

2つ目の心理は、仕事が忙しい。

 

仕事に没頭しているのでメールを確認する時間が取れない。

確認はできたが返信する時間が取れないケースです。

 

人によっては忙しすぎて休憩すらままならないことがありますし、

仕事中は仕事に集中するためメールを確認しない人も当然います。

 

セキュリティ対策のため私物スマホを持ち込めない職場もありますよね。

 

そうした場合は仕事が終わってから確認・返信することになりますが、

疲れているので家に帰ってからにしよう風呂に入ってからにしようと

後回しにした結果として忘れてしまうのはよくある話です。

 

メールの送り手からすると返信が来るかは大事なことですが、

今現在忙しい受け取り手からすると優先順位は低くなっています。

 

もちろんこれは仕事だけでなく、大好きな趣味に没頭している人や、

家事や育児に忙しくしている主婦の方にも言えることです。

 

目の前にやるべきことがあったり楽しみたいことがあれば、

まずはそれに取りかかることが優先されるので無理もないでしょう。

 

私も慣れない仕事でいっぱいいっぱい泣きそうだったり、

仕事関係の発表会を間近に控えて緊張しまくっている時には、

メールを確認する時間も心の余裕もありませんでした。

 

時間も余裕もなかったので帰宅してからはじめて

メールを確認するということも普通にありました。

 

また、私は休日にスポーツジムに通っているのですが、

そこではスマホをロッカーにしまっておくので、

運動している2時間ほどはスマホを確認していません。

 

周囲の人間からすると、独身だし休日は暇だろ?

という感じかもしれませんが、このように

メールを確認できない時間帯は確かにあります。

心理3:返信する必要がない

心理3:返信する必要がない

 

3つ目の心理は、返信する必要がない。

 

メールの受け取り手が「これは返信しなくていいな」

と判断したため返信が来ないケースです。

 

先ほど少しお話しした内容になりますが、

メールを連絡手段と捉えている人の場合は、

用件のない雑談メールをスルーすることがあります。

 

「明日の待ち合わせ時間はAM10時だったよね?」

といった疑問形の確認メールであれば返信しますが、

「今何してるのー?元気ー?」という特に意味のない

雑談メールには反応しないタイプです。

 

これは個々の性格だったりメールに対するスタンスによるので、

用件のないメールに返信しない人はこれからもしないはず。

 

もし仮に「雑談メールにも返信して!」とお願いすれば

返信してくれるかもしれませんが嫌々なので続かないでしょう。

 

そのため、用件のないメールに対しても返信して欲しい、

メールでもたわいない話をして楽しみたいのであれば、

そういった友達や恋人と付き合う方が懸命だと言えます。

 

他にも、送り手としては返信が必要で求めているとしても、

受け取り手が必要ないと判断するケースもありますね。

 

メールでは相手の表情やしぐさは見えず声も聞こえません。

 

それに反応を見ながら言い方を変えることもできないので、

伝えたいことが上手く伝わらないことがありますよね。

 

その原因は送り手にあるのか、それとも受け取り手の理解力

にあるのかはケースバイケースですが意外とあることです。

 

このケースに当てはまる場合は、受け取り手の理解力や性格を

考慮しつつなるべく伝わりやすい文章にする必要があります。

 

メールを送る相手がプライベート関係の人であれば、

返信して欲しい時には必ず疑問符「?」をつける

ということが基本になるでしょうか。

 

ちなみに私は男性ですが、息抜き程度に雑談メールや

たわいないメールをするのが好きなタイプです。

 

そのため同じタイプの人や相手をしてくれる人とは

メールでより関係を深めて付き合いが長くなる傾向があります。

 

人によってはバカバカしい時間の無駄だとしか思えなくても、

私にとっては心和むやり取りだったりするのです。

心理4:タイミングをはかっている

スポンサーリンク

 

4つ目の心理は、タイミングをはかっている。

 

受け取り手のことを思いやっているから、

もしくは自分が失礼だと思われないために

タイミングをはかっているケースです。

 

メールは自分のタイミングで送ることができますが、

相手の都合を考えて送ることも大切ですよね。

 

例えば、深夜はもちろん仕事中も迷惑になる恐れがあります。

 

職場に私用スマホを持ち込んで充電している人もいれば、

常にポケットに入れて持ち歩いている人もいるでしょう。

 

そのため緊急を要する用件でない限りは、

それらの時間帯を避ける人が多いかと思います。

 

家族や付き合いの長い恋人ならともかくとして、

付き合い始めの恋人や友達相手ならそうする人が多いもの。

 

ただ、中にはあまりに相手の都合を考えるあまり、

なかなか返信できずにタイミングを失う人もいるのです。

 

反対に、自分が失礼だと思われたくない保身的理由から、

返信することに対して慎重になりすぎる人も存在します。

 

私も学生時代にお世話になって今でも交流がある

元アルバイト先の先輩にメールを送る際には、

優しくも厳しい先輩であるため気を遣うので分かります。

 

それで結局タイミングを逃したことは今までありませんが、

それでも毎回決めた時間にピンポイントで送るようにしています。

 

先輩が本業の仕事が終えて副業のバイトに入るまでの

19時から21時までの時間帯を狙って送信しています。

 

「いつでも送ってくれていいよ」と言ってくれますが、

厳しい先輩でかつ私自身気にしいなので慎重になるんですよね。

 

その他にも、恋愛における駆け引きとして

タイミングをはかっているケースも考えられます。

 

「すぐに返信するとがっついてると思われるかな?」

「最近押してばかりだから引いてみるか・・」

 

このように好きな人の心を揺さぶり関心をこちらに向けるため

の手段としてメールのタイミングをはかるのはよくあること。

 

私の大学時代のクラスメイトの男の子もこの手のタイプで、

女の子を落とすための手段の一つとして駆使していました。

 

個人的には駆け引きは嫌いですし失敗すると思っていましたが、

成功率は4割程度と予想外に高く自慢していたことを覚えています。

 

もちろん駆け引きだけで落とせたわけではありませんが、

それが良い方向に働いた可能性はあるのだろうと思っています。

 

そうして駆け引きによる成功体験を積んでいくと、

より駆け引きをする機会が増えていくのでしょうね。

心理5:気がない

心理5:気がない

 

5つ目の心理は、気がない。

 

特に恋愛において相手に気がないので無視するケースです。

 

相手に興味がなければ返信する気は起きませんし、

お情けで返信して気があると誤解されるのは困る。

 

この時にハッキリ断る選択肢も考えられますが、

今後のつながりや相手に対する思い入れがなければ、

「無視」するのが一番楽でリスクも少ないと思われる。

 

そうした時に「あなたには気がありません。連絡してこないで。」

という気持ちを無視することで伝えているのです。

 

いわゆる自然消滅を狙っているんですよね。

 

もし送り手が仕事関係の人や友達の一人であれば、

今後の関係性を心配したり感謝の気持ちがあるため、

無視はせずに何らかの形で断ることが予想されます。

 

しかし、しがらみも感謝の気持ちもなければ、

無視してバッサリ切るのが楽でリスクもない

という考え方から無視しているのです。

 

例えば、婚活で出会った異性と連絡先を交換したものの、

メールをやり取りする中で相性が悪い・変な人だと感じたり、

または同時進行で他に気になる人と上手くいった場合。

 

この場合には、しがらみはなく思い入れもないので、

無視によって「あなたに興味はない」ことを伝えて

バッサリ切るのは常套手段だと言えるでしょう。

 

実は私も街コンに参加した際、後のメールのやり取りの末に

連絡がなくなり返信もなくなった苦い経験があります。笑

 

こうして異性から無視された時には「きっと何かの間違いだ」

「なんて失礼な人なんだ!」と思うことがありますよね。

 

しかし時間が経って冷静になると、また自分の経験を振り返ると、

「無視=関わりたくない」の一択でしかありませんし、

特に女性としてはそうする気持ちはよく分かります。

 

そのため恋愛関係で異性から無視されたのなら、

縁がなかったと諦めて次に行くのが懸命だと考えます。

 

また、これは恋愛に限らず、なんだか合わない

同性に察してもらう縁を切る際にも使われる手段ですよね。

 

こちらとしてはあまり好きではないのになぜか好かれる

執着されるという経験がある人は多いかと思います。

 

そうした時には、先ほどの恋愛の場合と同じように

無視しても問題がなければそうすることもあるでしょう。

 

私もネットを通して知り合った趣味仲間とリアルで会った際、

初対面なのにグイグイ来られてたまらず無視した経験があります。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、メールを無視する人の心理をご紹介しました。

 

メールを無視する人の心理5個

  1. 面倒くさい
  2. 仕事が忙しい
  3. 返信する必要がない
  4. タイミングをはかっている
  5. 気がない

 

メールはいつでも返信できる便利さがありますが、

その自由度ゆえに「無視問題」が発生することがあります。

 

人によって性格や忙しさなどの状況、そして

メールに対する捉え方などが異なるからです。

 

こちらはメールをするのが好きであっても、

相手にとってのメールは連絡手段でしかなく、

優先順位が低いことも珍しくありません。

 

そのため返信必須でない雑談メールを送った場合には、

「色々な人がいるから」「色々な状況があるから」

といった感じで返信に執着しないようにしたいですね。

 

ここで追い打ちをかけるようにメールを連投しても、

ほぼ100%嫌われる結末を迎えることになります。

 

返信が必要であるのにスルーされているようなら、

誰が読んでも返信が必要だと理解できる文面にしたり、

重要であれば返信期限を設けて記載しましょう。

 

もちろんこの場合も相手の性格や都合を考え、

自分が期待するタイミングで返信が来ないことは

当然にあると認識しておくことが大切です。

 

また、恋愛関係でメールを無視された時には、

「この人とは縁がなかったんだな。」

「悲しいけど揉めることがなくてよかった。」

といった気持ちで執着を手放したいですね。

 

是非メールに振り回されるのではなく、

便利な部分だけを上手に使いこなしましょう。

 

こちらの記事では友達から誘われない原因・理由

をご紹介していますので寂しいので誘われたい人は

あわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。