どうしても苦手な人への対処法5個!職場の苦手な人のことでもう悩まない。

 

あなたには「どうしても苦手な人」はいますか?

 

もしかしたら、職場や学校などに一人か二人いて、

その人との付き合い方にお悩みかもしれませんね。

 

私も今まで、新しい環境に移ると必ず一人は苦手とする人がいて、

その人とどのように関わっていくかで毎度頭を悩ませてきました。

 

  • なんとなく苦手
  • 嫌いというほどではないけど苦手
  • 良いところを見る努力をしても苦手
  • 上手くやる努力が裏目に出る
  • 付き合いが長くなっても苦手なまま

 

ただ、頭を悩ませ続けた結果、私なりの対処法が見つかったので、

今回はその「どうしても苦手な人への対処法」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

どうしても苦手な人への対処法5個

職場や学校など、縁を切ることができない環境に苦手な人がいる場合、

どのように対処していけば、心を守ることができるのでしょうか?

 

ここでは職場の苦手な同僚を想定して、対処法を5個ご紹介します。

対処法1:無関心になる

1つ目の対処法は、無関心になる。

 

人に対する「好き」「嫌い」という感情の他に「無関心」というカテゴリーを用意し、

苦手な人をそこに入れることで、だんだん無関心になって苦手意識が和らぎます。

 

その人のことを「苦手」だと思うと「嫌い」カテゴリーに分類してしまい、

そうなると頭にこびりついて離れず、表情や態度に出てしまう恐れもあるので、

それを食い止めるために「無関心」カテゴリーを用意するという対処法。

 

この対処法は、単純なようですが効果てきめんですし、苦手な人に心や時間を奪われるのはもったいないので、

もし今まで「好き」「嫌い」で白黒つけるところがあったら、そこに「無関心」を加えてみてください。

 

とはいえ、いきなり苦手な人に対して無関心になるのは難しいので、

はじめは苦手な気持ちが出てきた時の「心の避難所」的に利用して、

また以降の対処法を行いながら慣らしていくのが良いと思います。

対処法2:仕事上の関係でしかない

2つ目の対処法は、仕事上の関係でしかない。

 

「仕事上の関係でしかない」と割り切ることによって、

好き嫌いの感情を排除して無関心に近づける対処法です。

 

自分は「仕事」をするために職場に来ているわけであり、

苦手な人との関係は「業務を遂行する」だけのものなので、

好きも嫌いもない、ただ必要なら接するのみという考え方。

 

この考え方をさらに強めるためには、

苦手な先輩や上司、後輩のことを「外部の協力業者」だと考えることが有効です。

 

外部の協力業者との関係は、まさに「業務遂行」という一点だけであり、

苦手な同僚もそれと同じだと考えると、驚くほど無関心になれますよ。

 

「この人は隣の席に座っているけど、別の会社の業者の方なのだ」

 

そうして無関心になれると、感情に振り回されずに事務的に接することができ、

また今自分がやるべき仕事や達成すべき目標に集中できるようになります。

対処法3:自分の仕事のために関わるだけ

3つ目の対処法は、自分の仕事のために関わるだけ。

 

「自分の仕事のために関わるだけ」だと自分中心に考えていくことで、

2つ目と同じように好き嫌いの感情を排除していくのが3つ目の対処法。

 

苦手な同僚と関わることは、あくまでも自分がやるべき仕事をこなすため、

いい仕事をして高く評価されるため、生活費を稼ぐための事務的ステップなのだと。

 

あとは、これを何度も繰り返すことで、意識に定着させていく感じですね。

 

自分が仕事で損をしないために必要な関わりだという「損失」に注目した考え方も、

強烈な危機感が生まれるため、同じように悩みを一瞬で置き去りにできますよ。

対処法4:味方を増やす

スポンサーリンク

4つ目の対処法は、味方を増やす。

 

味方を増やすことも、無関心になるために有効です。

なぜなら、自分の味方が一人、また一人と増えていくと、

みるみるうちに苦手な人の存在は小さくなりますから。

 

職場に味方が1人でもいることはすごく心強いもので、その味方が2人、3人と増えていくと、

それにともない苦手な人に対する関心は薄れ、気づいたら頭の中からいなくなっています。

 

私も右も左も分からない新人時代には、苦手な人が一人でもいることが心に重くのしかかっていましたが、

職場や業務に慣れて気軽に話せる人が増えていくと、いつの間にか重しがなくなり気にならなくなりました。

 

たとえ職場に苦手な人が何人かいても、一人でも味方がいれば、それは帳消しになります。

対処法5:相手を尊重する

5つ目の対処法は、相手を尊重する。

 

私は経験上、苦手な人との距離を縮めようとしたり、下手に機嫌を取ろうとすると裏目に出るので、

特に職場では無関心になって、事務的な付き合いに徹することを日々意識しています。

 

無関心でいて、業務上必要な時だけ事務的に関わっていき、その後はまた距離を置く。

 

ただ、それでも相手を同じ職場の人間として尊重する気持ち、態度だけは忘れてはならず、

強いて言うならこれが苦手な人との関係を自然に良好にしていく方法だとも考えています。

 

なぜなら、人は誰でも「自分を尊重して欲しい」と思っているので、

自分を尊重してくれた人に対しては好意的になり、好意を返す傾向がありますから。

 

相手から好意的に接して欲しければ、まずこちらからが基本ですよね。

 

職場で苦手な人を尊重する例としては、朝の挨拶、廊下ですれ違った時の会釈、

仕事での協力的な姿勢・気遣い、それから仕事ぶりを素直に称えること。

 

実際のところ、私はこの「尊重」を最大限に活用することによって、

苦手意識を払拭しながら関係を少しでも改善できた経験があるので、

「苦手な人でも尊重し敬意をもって接すること」を心がけています。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、どうしても苦手な人への対処法をご紹介しました。

 

どうしても苦手な人への対処法5個

  1. 無関心になる
  2. 仕事上の関係でしかない
  3. 自分の仕事のために関わるだけ
  4. 味方を増やす
  5. 相手を尊重する

 

対処法のポイントは、苦手な人に対して「無関心になる」ことで、

「仕事上の関係でしかない」「自分の仕事のために関わるだけ」だと割り切ることや、

「味方を増やす」ことはそれを自然な形で後押ししてくれます。

 

また、当たり前に「相手を尊重する」ことによって、

自分の中での相手に対する苦手意識を払拭しながら

関係を改善することも押さえておきたい対処法。

 

これら5個の対処法は、人間関係で散々悩んできた私にも効果てきめんだったので、

もしよければヒントにしながら、あなたにピッタリの対処法を見つけてくださいね。

 

最後にこちらの記事では、「うざい人の特徴と対処法」についてお話ししていますので、

職場や学校、友達の中にうざい人がいてお困りの場合にはあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。