新しい職場の人間関係の不安は「中居正広の神対応」で解消

 

異動や転職など、仕事人生の中で新しい職場に行く機会は何度かあります。

そしてそういった時は、期待と不安が入り交じるもの。

 

特に「退職理由の本音ランキング」などで必ず上位になる

人間関係というものは、多くの人が気になるところです。

 

そのため今まで人間関係で苦労してきた方は、

「新しい職場に意地悪な人がいたらどうしよう」

「人間関係が上手くいくか不安だ」

「不安と緊張で夜も眠れない」

こういったことが頭の中をグルグルしているかもしれません。

 

そこでこの記事では、不安を1つでも解消するため、

職場で悪口を聞かされた時に備えて「中居正広の悪口に対する神対応」をご紹介します。

 

職場で悪口を聞かされる機会は少なくないので、

その際に上手く対応するスキルを身に付けておくことは、

人間関係を上手に築く事前準備として必須です。

 

悪口を聞かされた時の適切な対応方法を身に付ける

悪口を聞かされた時の適切な対応方法を身に付ける

 

私が新卒入社した会社では悪口が日常的に飛び交っていて、

「毒舌会」という恐ろしい会合もあったほど。

 

現在はその職場は退職し、別の会社で働いているのですが、

雰囲気は良くても悪口を言う人は存在します。

 

これらの経験もあって、

悪口を言う人はどの職場にも一定数存在するものだと考えるようになりました。

 

そして悪口を言う人は、様々な人に悪口を振ってくるので、

その際には上手に対応しなければなりません。

 

そこで上手く対応できなければ、

今度は自分が悪口のターゲットにされる恐れがある。

 

また、下手に賛同しようものなら、

悪口を言う人と同類だとみなされたり、悪口の発信者にされる。

 

そのため悪口を聞かされた時の適切な対応方法を身に付けておくことは、

新しい職場の人間関係を良いものにする上での必須事項の1つ。

 

中居正広は悪口に対してこう対応する

そうした時に参考にしたいのが、中居正広が明かした他人の悪口を言う人への対応。

 

2015年11月14日に放送されたラジオ番組「中居正広のSome girl’SMAP」において

中居は「他人の悪口を言う人への対応」についてコメントしていて、

それがリスナーの間で「素晴らしい」と話題になっていたのです。

 

話題になった対応とは、以下の2点。

  • 悪口に乗らない
  • 悪口の対象を援護する

 

まずは悪口を聞かされても、「わかるわー」「そうだよなー」といった返事にとどめてあまり乗らない。

その上で、悪口の対象とされている人を知っていても知らなくても、あえて少し援護する。

そうすることによって、「そんなにあなたは正しくない」ということを遠回しに教えてあげるというのです。

 

中居が「そんなにあなたは正しくない」と言える根拠は、

仮にすごく好きな人が同じことをしてもイライラしないと思うから。

同じことをしても人によって感じ方が違うのは、それは本人の感情だから。

 

この対応は、悪口を言う人の成長を思ってのことであると言いますが、

悪口の対象とされている人にとっても良いと言えるでしょう。

 

なぜなら、悪口を言う人は「そんなに自分は正しくない」ことに気づいて、

悪口を控えるようになるかもしれない。

 

そうなると、悪口の対象とされている人への悪口は少なくなりますし、

援護したことでとりあえず同調していた人の中から援護側につく人も出てくるから。

 

相手を思うがゆえに悪口に乗らないし、悪口の対象を援護する。

 

話半分で相槌を打ってやり過ごせるかもしれないがそれでは成長しない。

中居の対応は、「成長」という点に注目した素晴らしいものでした。

まとめ

いかがでしょうか。

 

中居正広は他人の悪口を言う人に対してこうした対応をとっていて、

そこには悪口を言う人に自制して欲しい気持ちが込められているということでした。

  • 悪口に乗らない
  • 悪口の対象を援護する

 

悪口を聞かされた時に「悪口に乗らない」方は多いかと思いますが、

さらに援護までしている方はどれだけいるでしょうか。

 

そこまでできたらより良い関係を築いていける可能性が高くなるので、

新しい職場の人間関係が不安であれば、この対応方法を身に付け備えてみてくださいね^^