思いやる気持ちを行動で示すことが大切。特に「立場・影響力ある人」ほど。

 

他人を純粋な親切心から「思いやる気持ち」とそれを「行動に移す」ことは、

一人の人間としても社会生活を送る上でも本当に大切なことです。

 

個人対個人の付き合いにおいても、仕事上の付き合いにおいても、とても大切なことです。

 

そして、最近私は、コミュニティにおいては、

「立場ある人」がそれを強く意識すべきだと感じているので、

この記事ではその理由をご紹介します。

 

「立場ある人」ほど「思いやり」を強く意識すべき

「思いやりの気持ち」は世の中の全員が大切にすべきものですが、

特に「立場・影響力ある人」ほど、それを強く意識すべきかと思います。

 

なぜなら、立場ある人が思いやりの気持ちを大切にしていると、

多くの人がその影響を受けて同じように思いやりを大切にするからです。

 

例えば、職場一つとっても、管理職が思いやりを大切にしていると、

職場の雰囲気が「黄色」「緑色」をイメージできる良いものに変わってきて、

皆そうした明るい・平和な雰囲気を維持していきたいと思うので、

日に日に思いやりに溢れる雰囲気の良い職場に近づいていきます。

 

しかし反対に、管理職が思いやりの気持ちに価値を感じていないと、

職場の雰囲気もそれに染まって「グレー」「黒色」をイメージさせるものに変わってしまい、

皆居心地が悪いながらも生き残るために必死で、次第に当たり前になってくるので、

日に日に思いやりに欠ける自分さえよければいい職場になっていきます。

 

もし仮に、職場の7割の人間が思いやりの気持ちを大切にしていても、

肝心の管理職がそうでなければ、皆自然に、あるいは仕方なくそれに染まる恐れが強いので、

立場ある人ほど思いやりを大切にして、自分から発信して、

広い範囲から受信して、それを捨てずに活かすことが大切だと思います。

どのようにして思いやるのか?

それではどのようにして思いやるのか?というと、

例えばこうした方法が挙げられるでしょうか。

 

  1. 自分だったら何をして欲しいか真剣に考える
  2. 自分だったら何をして欲しくないか真剣に考える

 

この方法に従っても、他人の気持ちを正確に理解することはできませんが、

ある程度近づくことはできますし、その繰り返しが精度を上げてくれます。

 

一方で、相手の気持ちについては、もしありがた迷惑だったとしても、

「思いやってくれた」ことは必ず心の奥まで届いて嬉しいものなので、

2人の間には「思いやり」で繋がった良好な関係が芽生え始めます。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、「立場ある人」ほど「思いやり」を強く意識すべき理由をご紹介しました。

 

「立場ある人」ほど「思いやり」を強く意識すべき

立場ある人が思いやりの気持ちを大切にしていると、

多くの人がその影響を受けて同じように思いやりを大切にするから

 

どのようにして思いやるのか?

  1. 自分だったら何をして欲しいか真剣に考える
  2. 自分だったら何をして欲しくないか真剣に考える

 

「思いやりの気持ち」は世の中の全員が大切にすべきものですが、

コミュニティにおいては「立場・影響力ある人」ほど強く意識すべきかな

というお話しをしました。

 

思いやり溢れる良い雰囲気というのは、

上から下に向かってどんどん広がっていくものでもあるので、

上にいる人ほどその意識を持つことが大切かと思います。

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。