リスペクトの意味はなんですか?「意味・反対語・大切さ」を一括紹介!

 

この記事では、普段の生活の中で見聞きすることがある

「リスペクト」の意味と反対語、

そして「リスペクトの心」を持つ大切さをご紹介しています。

 

  1. リスペクトの意味
  2. リスペクトの反対語
  3. リスペクトの心を持つ大切さ

 

ですから、「リスペクト」の意味を改めて確認したい場合や、

「リスペクト」を掘り下げたい場合にはぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

1. リスペクトの意味

「リスペクト」の意味は、

「尊敬すること」「敬意を表すこと」「価値を認めて心服すること」です。

リスペクト(respect)

尊敬すること。敬意を表すこと。価値を認めて心服すること。

出典:コトバンク

「相手(人物・考え方・発言・行動・能力・功績・作品など)を尊敬すること」、

「相手を尊敬し、相手を重んじるという態度を表明すること」、

「相手の価値を認めて、心から尊敬して従うこと」です。

 

使い方としては、例えば、こうしたものが挙げられます。

「私は◯◯さんの独自の生き方を密かにリスペクトしている」

「私達は◯◯さんのことをリスペクトして目標にしています」

「この作品は◯◯さんを心からリスペクトする弟子のものだ」

2. リスペクトの反対語

続けて「リスペクト」の反対語は「ディスリスペクト」で、

その意味は「否定すること」「けなし」「おとしめること」です。

ディスリスペクト(disrespect)

否定すること。けなし、おとしめること。

出典:コトバンク

こちらは「リスペクト」に比べるとあまり見聞きしない言葉ですが、

普段の生活の中で「ディスる」という形で否定する時などに使われています。

3. リスペクトの心を持つ大切さ

スポンサーリンク

最後に、リスペクトの心を持つ大切さ

以下の3つの理由を添えてご紹介します。

 

※リスペクトの対象・・人物・考え方・発言・行動・能力・功績・作品など

理由1:成長できる

1つ目の理由は、成長できる。

 

リスペクトの心を持って日々それを大切にして過ごしていると、

普段人と接する時にごく自然に「リスペクト」を探し出すので、

そうしない場合に比べると格段に早く大きく深く成長できます。

 

例えば、職場においては、仕事ぶりや人柄が優れたお手本になる人から学ぶのはもちろん、

どうしても苦手な同僚や、これから仕事を覚えていく新人からも謙虚に学ぶことができるので、

「自分とは違う価値観や視点」さえも吸収していって、大きく味わいのある花を咲かせます。

 

一方で、リスペクトの心に乏しい場合や、自分よりも上だけがリスペクトの対象である場合は、

そもそも他から学び取ることをしなかったり、自分の中での下の人から学び取ることがないので、

今後大きく飛躍したり深みを増すこともなく、周りの人間から大きく引き離されてしまいます。

理由2:励み・刺激・目標になる

2つ目の理由は、励み・刺激・目標になる。

 

日々の生活の中から見つけ出した「リスペクト」の全ては、

大きな励みになり刺激になり目標になる可能性を秘めています。

 

実際私もやる気が出ない時やここが踏ん張りどころという時、

目を閉じて「リスペクトしている人」を思い浮かべるだけで、

内側からふつふつと力が湧いてきて体が自然に動き始めます。

 

そんなリスペクトしている人の中でもある一人の元同僚の存在は特別で、

涼しい顔して裏では努力を惜しむことなく日々心・技・体を磨く姿勢や、

新人時代に語った目標・経営の道を有言実行でまっすぐに突き進む姿は、

私の怠け心を一瞬で打ち消した上で力をどこまでも引き出してくれます。

理由3:良い関係を築きやすい

3つ目の理由は、良い関係を築きやすい。

 

「相手をリスペクトする気持ち」は、たとえ言葉を交わさなくても伝わるもので、

まるで鏡のように「リスペクト」が返ってきて良い関係を築きやすくなります。

 

例えば、職場においては、確認・報告・連絡・相談をしやすくなるのはもちろん、

リスペクトして心からの期待を示すことによって知恵を引き出しやすくなったり、

リスペクトが相手の本来の力を引き出してパフォーマンスがハッキリ向上します。

 

反対に「相手をリスペクトしていない気持ち」も、少しの間同じ空間にいるだけで漏れ伝わるもので、

そうなると「円滑なコミュニケーション」や「パフォーマンスの向上」から遠ざかる恐れがあります。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、「リスペクト」の意味と反対語、

そして「リスペクトの心」を持つ大切さをご紹介しました。

 

リスペクトの意味

リスペクト(respect)・・尊敬すること。敬意を表すこと。価値を認めて心服すること。

リスペクトの反対語

ディスリスペクト(disrespect)・・否定すること。けなし、おとしめること。

リスペクトの心を持つ大切さ

  • 理由1:成長できる
  • 理由2:励み・刺激・目標になる
  • 理由3:良い関係を築きやすい

 

「リスペクトの心を持つ」ことは、自身の成長や励みのため、

それに相手と良い関係を築くためにも大切です。

 

しかしそんな大切なものも、「相性や相手の人間性」、「自身の経験や能力の向上」、

あるいは「自身の昇進(社会的地位の向上)」などによって難しくなる場合があります。

 

ですから、そういう場合があることをしっかり心に留めておいて、

どんな時でもリスペクトの心を手放さないようにしたいものです。

 

最後にこちらの記事では、「思いやりの心」についてお話ししていますので、

「思いやりの心」を改めて掘り下げていきたい場合はあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。