仕事を干される原因を考えて人生の好転機にしませんか?

 

仕事を干される。。

 

それはつまり、自分だけ仕事をもらえない状態を意味します。

 

同僚と同じように雇われているのに、

自分には仕事を与えてもらえない飼い殺し状態です。

 

職場にいられるだけ良いのかもしれませんが、

周囲がバリバリ働いている中で自分だけ仕事がない状況は

相当辛いものがあります。

 

もしかしたら、この記事を読んでくれているあなたも

「仕事を干されたー!」「仕事を干されたかも・・」

といった悩みを持っているかもしれませんね。

 

この記事では、そういった時に干された原因を考え、

人生の好転機としていく方法をご紹介しています。

 

スポンサーリンク

仕事を干されるとどうなるか?

仕事を干されるとどうなるか?

 

まず考えておきたいのは、

仕事を干されるとどうなるか?ということ。

 

それについての私の考えは、

バリバリ働き昇進していく同僚と比較して劣等感を覚え、

時間を無駄にし市場価値が下がっていくことに焦燥感を覚え、

それでも給料をもらえることに罪悪感を覚える。

 

そしてその先には、「退職」が待っています。

 

そもそも仕事を干されているということは、

現時点で会社にとって必要ないと思われている恐れが強く、

自分のメンタルもやられてしまうから。

 

そうであればやるべきことはただ一つ、

自分や自分の仕事と真剣に向き合い、

身の振り方を考えることではないでしょうか。

 

自分を見つめ直す良い機会と捉えることができれば、

好転機とすることができるはずです。

仕事を干された原因は?

仕事を干された原因は?

 

これを人生の好転機とするためには、

まずは干された原因について考え、

その部分を改善していく必要があります。

 

ここでは、仕事を干される原因として考えられるものを5つピックアップしましたので、

心当たりがないかチェックしてみてください。

その1:やる気がない

誰でもやる気がある人間に仕事を頼みたいもの。

 

そのため仕事に対するやる気がない、

もしくはやる気はあっても上司からそう思われている場合には、

どうしてもやる気がある人に仕事は流れていくもの。

 

万が一やる気がないのであれば、

自分の将来を想像するなどして気持ちを奮い立たせます。

 

また、やる気はあるのに上司に伝わっていない場合は、

普段の言動を振り返る必要があります。

 

  • 声が小さくて何を言っているのか聞こえない。
  • 自分から積極的に挨拶をしない、コミュニケーションを取らない。
  • 表情が曇っていて楽しそうではない。
  • 会議や打ち合わせで何も発言しない。
  • いつも同僚の後ろに隠れて存在をアピールしない。
  • 自分から仕事が欲しいと手を挙げない。
  • 仕事を他の意欲的な人に譲っている。

 

もしこういったことに心当たりがありましたら、

一つ一つ対処していきましょう。

 

やる気があることを上司に伝えるというのも、

会社員にとって必要なことです。

その2:ミスが多い

仕事のミスは誰でもするもの。

 

そこから学んで同じミスを繰り返さなければ良いだけです。

上司や先輩もそうやって成長してきました。

 

しかしそうは言っても、

あまりにミスが多かったり、

ミスから学ばず何度も繰り返したり、

過去に大きなミスをやらかした場合には、

 

「この人には怖くて仕事を任せられない」

と思われてしまう恐れがあります。

 

そうなると、重要な仕事はもちろんのこと、

事務的な仕事でさえもらえなくなっていく。

 

こうした時には、きちんとミスした原因を突き止めて、

再発防止策を講じる必要があります。

 

注意力が散漫なのか、能力不足なのか、チェック体制に問題があるのか。

原因が分かればそれに対してストレートに対処していくだけです。

その3:職場で浮いている

職場で浮いている。

話しかけづらい雰囲気が出ている。

自分からも声をかけない。

 

こういった状況では、コミュニケーションが成立しないので、

「これでは仕事にならない」

「この人とは一緒に仕事できない」

といった形で敬遠されてしまいます。

 

会社員である以上、

大なり小なり職場の人間とのコミュニケーションは必要になってきます。

 

そしてそれによって職場の雰囲気であったり、

チームとしての仕事の出来も大きく変わっていくもの。

 

だからこそ、コミュニケーションが取れない人と積極的に仕事をしたい人はいないので、

仕事をもらえなくなっていきます。

 

こうした時には、職場で浮いている原因を突き止めて、

少しずつ長期戦を覚悟で改善していきましょう。

 

今まで受け身の姿勢であったのなら自分から話しかける。

相手が話しかけづらそうにしているなら笑顔を見せていく。

過去に職場を凍りつかせる失言をしてしまったのならよく考えてから口に出す。

といった具合です。

その4:仕事を快く引き受けない

仕事を快く引き受けてくれる人と、

忙しいからといって嫌そうな顔をする人。

 

どちらに仕事を任せたいと思うでしょうか。

もちろん快く引き受けてくれる人ですよね?

 

仕事に対する意欲は結果に大きく影響してきますし、

単純に気持ちが良いものですから。

 

そのため、今まで仕事をもらっていた時に

少しでも嫌そうな感じが出ていたのでしたら、

その部分を改善していきます。

 

自分では普通にしているつもりでも、

無意識に顔をしかめていたり笑顔がなければ、

相手からすると嫌そうに見えるかもしれません。

 

「おっやる気があるな!」「また頼みたいな!」と思ってもらえるように、

明るく前向きな自分を演じてみてください。

その5:上司との関係が悪い

あなたに仕事を与え、あなたの仕事を評価するのは上司です。

 

そのため、そもそも上司との関係が悪ければ

仕事をもらえる機会は減ってしまい、

高く評価されることもありません。

 

そのため、今一度上司との関係を振り返り、

関係が悪いようであれば改善していきましょう。

 

基本的に部下に頼られて嫌な気持ちになる上司はいないので、

「相談があるのですが・・」といった形で悩みを打ち明けるのもよいでしょう。

 

仕事を干されている気がしていて、もっと仕事が欲しいと思っていることを伝える。

よい仕事ができるように頑張りたいという意欲を見せる。

以前失礼な態度をとってしまったのならしっかり謝る。

 

そうすることによって、上司のあなたを見る目は変わり、

2人の関係や干され方も良い方向に変わっていくことでしょう。

仕事や職場は合っていますか?

仕事や職場は合っていますか?

 

ここまでは干された原因について考え、

その部分を改善していくことをお話ししました。

 

そうして改善策を講じてどうにもならないようであれば、

仕事や職場は合っているか?

ということも考えてみてください。

 

というのも、努力しても上手くいかないのは、

努力が足りない、努力の方向が間違っているといったものだけでなく、

仕事や職場が合っていない恐れもあるからです。

 

人間には向き不向き、合う合わないがあるので、

どれだけ努力しても上手く出来ない仕事や、

どれだけ努力しても馴染めない職場というのは普通にあります。

 

例えば、私はIT系の技術職として働いているのですが、

人当たりの良さやコミュニケーション能力を必要とする営業職では

おそらく役に立てないだろうと思います。

 

そのため営業職に就いたらモチベーションが下がる、ミスを連発する、

職場で浮いてしまうといった負の連鎖が続くかもしれません。

 

また、私が新卒入社した会社は絵に描いたような体育会系社風であり、

7年間頑張りましたが合わずに体調を崩して退職しています。

 

しかし、再就職した今の会社のまったりとした雰囲気は合っているようで、

特に不調なく過ごせています。

そしてそれはモチベーションや仕事の出来にプラスに働いている。

 

こういったことからも私は、

人間には向き不向き、合う合わないがあると思っているので、

本当に「仕事や職場が合わない」ようであれば、

思い切って転職することも有効策の一つではないかと思います。

会社員に向いていない可能性も

スポンサーリンク


さらに言うと、

そもそも絶望的に会社員に向いていない可能性もあるでしょう。

 

世の中のほとんどの人は好きで会社員をしているわけではないので、

組織に順応していく努力や我慢をしているもの。

 

しかし中にはいくら組織に順応していく努力をしても、

上手くいかないタイプというのは必ずいます。

 

実は、このように言っている私もその一人。

社会不適合者かもしれません。(笑)

 

今現在私は再就職した会社に勤めているのですが、

本質的には会社員向きではないことを自覚しているので、

再就職するまでに会社に雇われずに稼ぐ力を身に付ける努力をしました。

 

もしあなたも会社員に向いていないようでしたら、

転職しても同じことを繰り返してしまう恐れがあるので、

会社に雇われずに稼ぐことも真剣に検討するべきだと思います。

 

その方法の一つとして考えられるものは後ほどご紹介するとして、

ここでは会社員に向いているのかいないのかをチェックしておきましょう。

 

女性のためのWebマガジン「Gow!Magazine(ガウ!マガジン)」が提供している

「社会不適応チェックリスト」でチェックしていきます。

 

チェック項目は全部で13。当てはまる項目の数を数えてくださいね。

チェック1:制服が似合わない

同僚と同じようなスーツを着ているのにしっくり来ない。

同僚と同じユニフォームを着ても似合っていないと感じる。

チェック2:朝礼の意味がわからない

どうして朝早く出勤して嫌々やっているスピーチを聞かされなければならないのか。

慣習で行われている会社の行事に参加する意味が分からないしメリットも感じられない。

チェック3:休憩や昼食はひとりがいい

休憩や昼食は一人でとる方が気楽でいい。

上司や気の合わない同僚といてもつまらないし、気も遣うから嫌だ。

チェック4:企画にリアリティがない

企画を考えるのは得意で面白いと評価されるが、

突き抜けていて現実味がないため採用されない。

チェック5:大人数が苦手

2人でいると自然に話せるのに、これが3人、4人となると言葉が出なくなる。

大人数になればなるほどいつもの自分が出せなくなる。

チェック6:先輩や上司が敬えない

「上司」や「先輩」であろうと仕事が出来ない人間は尊敬できない。

役職は下でも自分の方が仕事能力は高い気がしている。

チェック7:飲み会が嫌い

飲み会特有の雰囲気やノリが苦手でついていけない。

そもそもお酒が苦手なので、参加しても早く帰ることばかり考えている。

チェック8:社畜の同僚が嫌い

会社に飼い慣らされた自分軸がなくダサい同僚が嫌い。

この人はいくら会社に尽くしても昇進できないだろうなという目で見てしまう。

チェック9:盛り上がっている人が苦手

職場にも必ずいるリア充グループは苦手で関わりたくない。

そう思っているのは相手も同じようで、話しかけられることもない。

チェック10:視線が気になって休憩所にいけない

休憩やトイレに行く時には同僚にチェックされている気がする。

せっかくの休憩なのに、休憩所に誰かいると居心地が悪い。

チェック11:1日くらいお風呂に入らなくても平気

少しくらい体が臭っても気にならないし、むしろそれくらいがいい。

そのため1日くらいお風呂に入らなくても問題はない。

チェック12:親と一緒に住んでいる

過去に一度も一人暮らしをした経験がない。

実家にいればご飯を作ってもらえるのに、

わざわざ家賃を払って一人暮らしする意味が分からない。

チェック13:他人がほめられているとイヤだ

同僚が褒められているとなんだか嫉妬してしまう。

自分には全く関係のない話であってもイライラする。

 

以上です。あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

さっそく診断結果を見ていきましょう!

 

  • 0~4個 → 社会適合者。今後もその調子で会社に貢献してください。
  • 5~8個 → 社会不適合者予備軍。不満はあっても世渡り上手なのでこのままやっていけるでしょう。
  • 9~13個 → 社会不適合者。一般的な会社員とは感性がかけ離れているので、別の道を探した方が幸せかも。

 

社会不適合者と診断された方は、一般的な会社員とは感性がかけ離れているため、

会社員以外の生き方を探した方が幸せかもしれません。

 

ちなみに私は8個当てはまりました。社会不適合者予備軍です。(笑)

社会不適合者という自覚はあるので、社会不適合者目前というリアルな位置に笑ってしまいました。

会社に雇われずに稼ぐ方法とは?

会社に雇われずに稼ぐ方法とは

 

さて、先の社会不適応チェックリストで「社会不適合者」と診断された場合は、

真剣に会社員以外の生き方、会社に雇われずに稼ぐ方法を模索していくべきだと思います。

 

なぜなら組織の中で働く以上、

社会適合者、つまり会社員向けの人間の方が有利で高く評価される傾向があるから。

 

社会不適合者では、コミュニケーション、仕事の出来、

そして評価などあらゆる面で遅れをとる恐れがあり、

合わない環境に居続けることで体調を崩してしまう恐れもあるでしょう。

 

そうはいっても、急に会社に雇われずに稼ぐ方法を模索・・と言われても、

思い当たるところがないかもしれませんね。

 

そのため私は、そうしたあなたに一つの方法をご紹介したいと思います。

その方法とは、パソコン1台とインターネット環境があればはじめられる

グーグルアドセンスに取り組むというもの。

 

グーグルアドセンスというのは、世界的企業であるGoogle社が提供する

サイト運営者向けの広告配信サービス。

 

あなたが自分のブログを運営し、そこにグーグルアドセンス広告を貼っておくことで

「広告収入」を得ることができるビジネスです。

 

先ほどお話しした通り、

グーグルアドセンスに取り組むために必須となる環境は、

パソコン1台とインターネット環境だけですので、

会社に雇われることなく収入を得ることが可能。

 

もちろんグーグルアドセンスやブログについて勉強する必要はありますが、

正しい方向に向かって努力を継続していれば、

例えば3ヶ月で月収50万円といった会社員の給料を超える世界が待っています。

 

もっと言うと上手く仕組みを作れば、

週に1記事投稿するだけで月収50万円を維持することも可能。

 

そのため、会社に雇われずに稼ぐ力をつけたいあなたは

インターネットで「グーグルアドセンス」と検索して、

その世界に一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに社会不適合者予備軍の私もグーグルアドセンスに取り組んでいて、

こういった「儲かるビジネスの特徴」を備えている凄さを肌で感じています。

 

  • 初期費用・ランニングコストが低い
  • 在庫を持たない
  • 利益率が高い
  • 定期的に収入が発生する

 

誰でも参入できる状況にあるのですから、

特に私のような社会不適合者タイプの方は

やらない理由はないとさえ思っています。

まとめ

いかがでしょうか。

 

仕事を干されるのは残念ですが、

これを自分を見つめ直す良い機会と捉えていきたいですね。

 

以下、今回の内容を整理していきます。

 

仕事を干された原因を考え、その部分を改善していく。

  • やる気がない
  • ミスが多い
  • 職場で浮いている
  • 仕事を快く引き受けない
  • 上司との関係が悪い

 

仕事や職場は合っていますか?

  • 本当に「仕事や職場が合わない」なら転職するのも一つ

 

会社員に向いていない可能性も

  • 「社会不適応チェックリスト」でチェック


会社に雇われずに稼ぐ方法とは?

  • グーグルアドセンス(広告収入)

 

最後まで記事をご覧いただきまして、

ありがとうございました。

 

関連記事:仕事に行きたくない時の即効対処法!休む理由と心の持ち方も