仕事に行きたくない!朝吐き気がする新入社員に贈る対処法8選

 

「なんだか職場に合わない気がする」

「同期は上司に可愛がられているのに私は・・」

「仕事でミスしてばっかり」

「早くも同期と差がついている気がする」

「上司や先輩から期待されていない気がする」

「朝になると吐き気がする。仕事に行きたくない。」

 

これらは全て私の新入社員時代の悩みです。

こういった悩みを持っている新入社員は少なくないでしょう。

 

なかなか職場に馴染めない、仕事も覚えられない。

そんな時はどうしても同期と比較してしまい、

余計に落ち込んでしまうもの。

 

そしてそんな自分を「弱い」「甘えなのか」と責めてしまったり。

入社3ヶ月頃には「会社を辞めたい」とさえ考えていました。

 

ただ、せっかく入社したのですし、

辞めるのはいつでもできるので、

やれるだけのことはやりたいですよね。

 

そこでこの記事では、

仕事に行きたくない、朝吐き気がする新入社員のための対処法を8つご紹介します。

 

スポンサーリンク

対処法1:新入社員はできなくて当たり前

対処法1:新入社員はできなくて当たり前

 

まず第一に新入社員はできなくて当たり前です。

 

社会人になると学生時代とは全てがガラッと変わってきます。

人によっては住環境も変わることでしょう。

 

その上で今の会社、職場、仕事、そして人間関係も全てがはじめてなのですから、

すぐにできなくて当たり前、適応できなくて当たり前です。

 

失礼な言い方かもしれませんが、上司や先輩は新入社員がはじめからできるとは思っていません。

色々経験してもらって、時には失敗してもらって、

それによって社会人として成長し、自社で活躍してくれる人材になって欲しいと思っています。

 

そのため今やるべきことに集中して、焦らず一つ一つ確実に仕事を覚えていくこと。

そうしていれば、その姿勢は周囲に伝わるので、

いつの間にか職場に馴染んでいるはず。これで大丈夫です。

 

仕事人生は長いので、焦らず長い目で見ていきましょう。

対処法2:自分を認めてあげる

対処法2:自分を認めてあげる

 

仕事や人間関係で悩んでいるのは頑張っている証拠であり、

向上心の高さを示してもいます。

 

適当に仕事をして給料をもらえればいいと考えている人は、

あなたのように悩むことはありませんから。

 

そのため、頑張っていて向上心がある自分を認めてあげてください。

 

思い詰めてしまう方は真面目で一生懸命だけれども

不器用だったり自己評価が低いケースが多いので、

無意識のうちに自分を卑下してしまいがち。

 

しかし実際には評価に値するので、

意識して自分を認めてあげてください。

 

おすすめなのは、毎朝起きた直後に自分を肯定する言葉をつぶやくこと。

なぜなら、朝起きた直後は潜在意識にメッセージが届きやすいからです。

 

是非、朝起きた時に「私ならできる。大丈夫。」といった形で

自分にポジティブなメッセージを送り、それを潜在意識に植え付けていきましょう!

対処法3:他人はすごく見えるもの

対処法3:他人はすごく見えるもの

 

基本的に他人はすごく見えるもの。

 

私も新入社員時代には同期が大勢いて、

特に最初は仲良くやっていたのですが、

心の中には「同期に負けている」という気持ちを持っていました。

 

仕事面もそうですけど、特に人間関係。

なぜなら、同期達は入社間もなく上司や先輩達と

親しげにコミュニケーションを取っていたからです。

 

しかし、同期との飲み会でそういった気持ちを吐き出した際、

驚いたことに多くの同期が同じように思っていたことが分かりました。

 

皆それぞれ同期を高く評価し、自分をそれより低く評価していたのです。

それを知ったことで本当に心が軽くなりました。

なーんだ!って。

 

それからの私は、他人をすごく感じたとしても実際はそうとも限らない。

他人と比較することはやめて、昨日の自分と比較しようと決意しました。

 

些細なことでも良いので、昨日できなかったことが今日できたのであれば、

その成長を喜んでノートに記録しておきましょう!

そうすることによって、あなたは自分の成長具合をいつでも確認することができます。

対処法4:会社は修行をしながら給料をもらえる場所

対処法4:会社は修行をし

 

これは事実だと思っていますが、

会社は修行をしながら給料をもらえる場所

だと考えることによって、ありがたい気持ちになってきます。

 

社会人としての振る舞い、人間関係構築、仕事の知識・スキル、トラブル対応など

色々なことを経験できてレベルアップできる。

人として社会人としてレベルアップできるのに給料までもらえるのです。

 

会社を人生の修業の場だと思えば、

辛いことでも自分のためになっていると思えば、

今の環境に感謝して一つ一つの仕事を大切にできるでしょう。

対処法5:コミュニケーションは自分から

スポンサーリンク

新入社員時代の大きな悩みの一つに

職場の人間関係に馴染めるか?というものがあります。

 

これについて私は大失敗しているので身にしみているのですが、

やはりコミュニケーションは自分から取らなければなりません。

 

自分から明るく元気に笑顔で挨拶することはもちろん、

仕事の報連相、休憩中の雑談、サークル活動についても自分から行動していきます。

 

新入社員だった私は今よりも甘えていたので、

「新人だから話しかけてくれるだろう」

「孤立していたら輪の中に入れてくれるだろう」

「仕事で困っていたら手を貸してくれるだろう」

といった受け身の考え方をしていました。

 

しかし新入社員といえど社会人なので、

受け身の姿勢など通用しないことにしばらくして気づきました。

 

受け身の姿勢でいた先に待っているのは間違いなく孤独。

それでは仕事も上手くいくはずはありません。

 

そのため職場に馴染んでより良い仕事をしたいのであれば、

自分から行動することは必須です。

 

雑談などで自分から話すのが苦手でしたら、

聞き役になることを心がけてください。

 

自分の話をしたい、話を聞いて欲しい人はたくさんいるので、

そういった意味でも重宝されることでしょう。

対処法6:太陽の光を浴びる・運動をする

対処法6:太陽の光を浴びる・運動をする

 

ここまで主に心の持ち方を変えることによって、

前向きな気持ちになってもらえたかと思います。

 

それとあわせて体を元気にしていくことも

精神面にプラス効果があるのでご紹介しますね^^

 

基本的なことではありますが、

太陽の光を浴びること、そして運動することはものすごく効果があります。

 

私も仕事で辛くなった時には、

自宅近くにある川沿いを歩きながら日光浴をしていました。

太陽の光を思いっきり浴びながら川のせせらぎを感じていると、

嫌なことを忘れることができて、心と体が元気になっていきます。

 

また、私はジムに通ってジョギングと筋トレをしているのですが、

運動後は生まれ変わったようにリフレッシュできて、次の日もまた次の日も絶好調。

 

少しずつ体力がついたり、筋肉がついていることは自信につながりますし、

心の健康にもすこぶる良いです。

 

関連記事:ストレス解消のためスポーツクラブで3ヶ月運動した効果と感想

対処法7:ネガティブ感情を吐き出す

対処法7:ネガティブ感情を吐き出す

 

不安や焦りを覚えて辛い時には、

ネガティブ感情をどんどん吐き出すことが大切です。

 

愚痴を聞いてもらうとスッキリする通り、

ネガティブ感情を吐き出すと心も体も軽くなります。

 

そのため、プライベートの友人などに愚痴を聞いてもらうのも良いでしょう。

もしそれが心苦しいのであれば、

ネガティブ感情を紙に書いて捨てることをお勧めします。

 

これは私が大学時代から取り組んでいることなのですが、

とにかく不安や焦り、イライラなどの感情を紙に書きなぐり、

それをビリビリに破いて捨てることによって、

驚くほどストレスを手放すことができます!

 

関連記事:職場でイライラが止まらない人の解消法3選!

 

また、今現在の課題をノートに書いていけば、

ネガティブ感情を吐き出しながらも、課題を明確にすることができます。

 

あわせて解決方法を書いていくのも良いでしょう。

心の中を紙にアウトプットすることの効果は絶大です。

対処法8:心の中で勤務期限を決めてみる

対処法8:心の中で勤務期限を決めてみる

 

心の中で仮に勤務期限を決めてみることによって、

まずはそこまで頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

 

例えば、「あと3ヶ月だけ頑張ってみる」と設定しておき、

そこまで頑張れたらあと半年、あと1年だけといった形で再設定していきます。

 

苦しい時はとても定年まで勤務できる気がしないので、

まずは短いスパンで期限を設定し、

それをクリアすることで達成感を得る。

 

そのうち職場や仕事に馴染んでいくことを狙いとしています。

 

それとあわせて、辛い時は休んでもいいと思っておくことで、心を軽くすることができますよ。

なんにしても、はじめから自分に高いハードルを課さないことが大切です。

 

関連記事:仕事に行きたくない時の即効対処法!休む理由と心の持ち方も

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は「仕事に行きたくない」「朝吐き気がする」新入社員の方に向けて対処法を8つご紹介しました。

 

  • 対処法1:新入社員はできなくて当たり前
  • 対処法2:自分を認めてあげる
  • 対処法3:他人はすごく見えるもの
  • 対処法4:会社は修行をしながら給料をもらえる場所
  • 対処法5:コミュニケーションは自分から
  • 対処法6:太陽の光を浴びる・運動をする
  • 対処法7:ネガティブ感情を吐き出す
  • 対処法8:心の中で勤務期限を決めてみる

 

これら8つの対処法は机上の空論ではなく、

全て私が実践して効果を感じてきたもの。

 

それに、新入社員時代に限らずいつでも使えるので、

辛くなった時にはこの記事を思い出してみてください。

 

真面目な人ほど自分を追い詰めてしまいがちなので、

「自分は頑張っている」「価値がある」ことを認めてあげてくださいね。

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。