仕事中に居眠りしそうになったら?強い眠気に襲われた時の画像対策法4選!

 

「仕事中にうっかり居眠りしそうになる」

「昼食後には強烈な眠気に襲われて辛い」

 

一時期、私はこうした「仕事中の居眠りの悩み」を抱えていて、

このままでは仕事面にハッキリと影響が出る恐れがあるので、

コレはという対策法を順番に試して悩みに対処していきました。

 

この記事では、その時確立した対策法をご紹介していますので、

もし「仕事中眠い」お悩みをお持ちでしたらぜひご覧ください。

 

強い眠気に襲われた時の画像対策法4選

対策法1:可愛い画像を見る

1つ目の対策法は、可愛い画像を見る。

 

可愛い画像を見ると、適度に目が覚めてしかも前向きな気持ちになれるので、

眠気に襲われたらスマホに保存した可愛い画像を閲覧するようにしています。

 

もうすぐ休憩というタイミングであれば休憩中にゆっくり眺めますが、

休憩までだいぶ時間があったらお手洗いに行きながらさらっと30秒ほどで。

 

特に効果を感じているのは、「犬」「猫」「ペンギン」等の動物画像や、

推している「アイドル」や「女優」の厳選お気に入りショットで、

それぞれ触れ合えた時のことを鮮明に思い出すと効果が高まります。

対策法2:クラスメートとの画像を見る

2つ目の対策法は、クラスメートとの画像を見る。

 

こちらは「可愛い画像」よりさらに早く大きな力が湧いてくる実感があるので、

「取引先との商談や社内会議を控えている」シーンで選んで利用しています。

 

画像としては、主に「学生生活をともに過ごしたクラスメートとの卒業式の画像」と、

「クラスメートとの最後に会った時の画像」の2枚で、その2枚の画像を交互に見ることによって、

「社会に羽ばたく時期」「揉まれながら頑張っている今」の両方の感情を得ることができて心に即火がつきます。

 

対策法3:赤い色の画像を見る

3つ目の対策法は、赤い色の画像を見る。

 

「赤い色には興奮効果がある」と言われている通り、赤い色は私の本能を刺激してくれたので、

眠気を覚ましてお尻を叩きたい「締切や時間が迫っている」シーンでその力を借りるようにしています。

 

画像については、「ハッと目が覚めるような赤一色の画像」をメインとしていて、

その他にも「気品高く華やかなバラが画面いっぱいに広がる画像」と、

「赤背景で白いクリスマスツリーが小さく描かれた画像」をサブとしています。

対策法4:緊張する瞬間の画像を見る

4つ目の対策法は、緊張する瞬間の画像を見る。

 

この「緊張する瞬間の画像を見る」というのは、主に「大勢の前でのスピーチやプレゼンを控えている」時に、

本番に向けてしっかりと目を覚ましつつ、本番の緊張感に少しでも慣れておくために行っています。

 

この時閲覧する画像は「実際にこれからスピーチやプレゼンを行う会場」の画像で、

そうすることで手のひらにじんわりと汗をかいてもう眠気はどこへやらで、

その効果もまた「過去のスピーチ」を成功失敗全て鮮明に思い出すことで跳ね上がります。

まとめ

この記事では、強い眠気に襲われた時の画像対策法をご紹介しました。

 

強い眠気に襲われた時の画像対策法4選

  1. 可愛い画像を見る
  2. クラスメートとの画像を見る
  3. 赤い色の画像を見る
  4. 緊張する瞬間の画像を見る

 

たった1枚の画像でも、それは居眠りを防止するだけの力を秘めているので、

あらかじめ「画像」を見つけてスマホに保存しておくのはいかがでしょうか。

 

また、全ての対策法に関して「この画像は居眠りに効果的!」だと心から思えると、

プラスの思い込みの力によって効果が底上げされるので、それも意識して欲しいポイントです。

 

最後にこちらも私の場合ですが、仕事中に眠くならないためには「定期的なジョギング」が効きましたから、

そちらもあわせてあなたのお悩みを解決する対策法の選択肢に入れてもらえたら嬉しいです。

 

こちらの記事では、夜なかなか眠れない時の対処法をご紹介していますので、

もし「夜眠れない・・」というお悩みをお持ちでしたらあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。