仕事しない人にイライラ腹が立つ時の実際的対処法5つ!

 

職場に一人は仕事しない人っていますよね。

 

完全に指示待ちである上にサボり癖があり、

自分の担当分の仕事すらまともにやらない。

 

そんな人なので仕事のスピードは遅くミスも目立つ。

 

こういった人は見ているだけでもイライラしますし、

一緒に仕事をしていると、尻ぬぐいをさせられるなど実害もあります。

 

それなのに自分と同じくらいの給料をもらっているとなれば、

仕事を辞めたくもなるでしょう。

 

私にも経験がありますが、

こういった時はどのように対処し、

心を整えていけばよいのでしょうか。

 

この記事では、

仕事しない人にイライラする時の対処法を5つご紹介します。

 

仕事しない人にイライラする時の対処法5つ

対処法1:上司に相談する

対処法1:上司に相談する

 

まず仕事で実害が出ているなら

上司に相談してください。

 

仕事しない人に対して対処してもらうためにも、

心に溜まった不満を吐き出すためにも。

 

ただしその際には2つのポイントを押さえる必要があります

 

1つ目のポイントは、感情的にならないこと。

 

もし感情に任せて仕事しない人を責めてしまうと、

「波風を立てる面倒な人」「我慢できない人」「協調性がない人」

だと思われる恐れがありますから。

 

穏便に済ませたい上司は多いので、

「仕事しない人」よりも「波風を立てる人」の方が

厄介者扱いされることもあるので淡々と話してください。

 

続けて2つ目のポイントは、事実を持って報告すること。

 

仕事しない人の行動や仕事ぶりを一定期間分記録しておき、

それによってどんな実害が出ているのかを淡々と報告します。

 

「仕事しない人の仕事が◯◯ほど回ってくるので、

こちらの負担が増えて残業時間も◯◯時間増えている。」

 

事実を提示して淡々と報告することによって、

状況や損失をストレートに理解してもらえます。

 

その結果上司が対応してくれるのなら、

しばらく様子を見てみましょう。

 

しばらく様子を見て何も変わらないのなら、

「経過報告」というテイで再度相談してください。

 

ここまでした結果改善しない、

もしくは上司が対応してくれず耐えられないのなら、

仕事を辞める選択肢もあろうかと思います。

 

ただし、仕事しない人のせいで簡単に辞めるのは悔しいので、

まずは対処法2~5を試して心を整えたいところです。

対処法2:悩むよりも行動する

対処法2:悩むよりも行動する

 

上司に相談した結果、何も変わらないのであれば、

悩むのはやめて行動することに意識を向けてください。

 

なぜなら、変わらないことについて

イライラしたり悩むのは時間の無駄ですから。

 

具体的には、変わらないことを飲み込めるなら職場に残るし、

どうしても無理なら退職するといった形。

 

前者の選択をするのであれば、

イライラしない方法や解消する方法を徹底的に追求していく。

 

後者の選択をするのであれば、

働きながら転職活動をはじめるだけ。

 

非常にシンプルですよね。

 

以下の記事ではイライラを解消する方法として

お勧めのものを3つご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

関連記事:職場でイライラが止まらない人の解消法3選!

対処法3:人は人、自分は自分と考える

対処法3:人は人、自分は自分と考える

 

人は人、自分は自分と考えることによって、

心を落ち着かせることができます。

 

人には人の考え方や生き方がある。

そしてその責任は自分で負うことになる。

 

同じようにあなたにはあなたの考え方や生き方があるので、

自分自身と自分の仕事だけに集中しましょう。

 

あなたは自分の仕事をきっちりこなし、

仕事で評価されること、より高い給料をもらうこと、

やりがいを感じること、スキルを磨くこと

だけを考えていればOKです。

 

「仕事しない人がどうあろうと、自分には関係ないこと。」

 

心からそう思えると、仕事しない人が視界に入っても

迷惑をかけてきてもどうでもよくなります。

 

尻ぬぐいをさせられることでさえ、

「評価アップやスキルアップに活用できる!」

といった考え方もできるようになるでしょう。

 

対処法4:仕事しない人に期待しない

4つ目の対処法は、

対処法3に関連して他人に期待しないこと。

 

人は人、自分は自分と考えていると、

だんだん他人に期待しないようになります。

 

仕事しない人は戦力ゼロの社員なので役に立たないと。

 

そうなると、たまにきちんと仕事をしてくれたら

ラッキーだと思えるようになりますよ。

 

他人に対する期待値を低めに設定できると、

些細な事でイライラしなくなり、むしろ感謝の気持ちすら湧いてくるもの。

 

職場において「普通に仕事をして欲しい」という

期待すらできないのはレベルが低い話ですが、

あなたの心を守るためには大切なことではないでしょうか。

 

他人を変えることはとても難しいですが、

自分を変えることは自分の気持ち次第なので、

他人に期待することはやめてその分も自分に期待しましょう。

対処法5:いつかツケが回ってくる

対処法5:いつかツケが回ってくる

 

仕事しない人は今現在は問題ないように見えても、

遅かれ早かれツケが回ってくるもの。

 

人は見ていないようで意外と見ているものですから。

 

あなたがしっかり仕事をしていることも、

仕事しない人のヒドい仕事ぶりも。

 

それに毎日を無駄にしているため、

スキルは全く上がっていませんので。

 

仕事しない人はお荷物でしかないので、

職場全体から煙たがれ、評価も低くなる。

 

スキルを磨いていないので、

会社の経営が危なくなったら真っ先にリストラ候補に挙がる。

 

転職や再就職をしようにも市場価値が低くてどうにもならない。

 

そうした時に仕事しない人は、どんな顔をしていると思いますか?

 

いずれしっぺ返しを食らうことを考えると、

同情すら覚えてきませんか?

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、仕事しない人にイライラする時の対処法を5つご紹介しました。

 

仕事しない人にイライラする時の対処法5つ

  1. 上司に相談する
  2. 悩むよりも行動する
  3. 人は人、自分は自分と考える
  4. 仕事しない人に期待しない
  5. いつかツケが回ってくる

 

まずは仕事しない人の仕事ぶりを記録して、

それを持って淡々と上司に報告してください。

 

上司に報告しても一向に変わらないようなら

今回ご紹介した対処法などで心を整えていきましょう。

 

それでもイライラして辛いようでしたら、

そんな職場はこれからも変わらないですし、

仕事しない人に限って図太く居座るので、

退職するというのも有効な選択だと思います。

 

変な人間のせいで辞めるのは悔しいですが、

とても大切な「心」を守るためであれば英断だと言えるでしょう。

 

変な人間や理不尽なことからは時には逃げることも大切。

逃げるが勝ちというやつです。

 

また、こちらの記事では、仕事で限界を感じている方のために

「無理しないことも勇気である」という旨のお話をしていますので、あわせてご覧ください。

 

関連記事:仕事でもう無理、限界!と感じたら。無理しない勇気を。

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。