仕事が心底憂鬱で辞めたい時のモヤモヤ解消対策4ステップ

 

「仕事が心底憂鬱で辞めたい。」

「死ぬほど会社に行きたくない・・」

 

あなたは毎日こういったことを考えていませんか?

 

仕事を憂鬱に感じている人、

月曜日が近づくと気分が落ち込む人は大勢いますが、

その状態を放置しておくと、

心と体の調子を崩してしまう恐れがあります。

 

なぜそう言えるのか?

 

それは私自身がパワハラと人間関係が原因で憂鬱になり、

調子を崩して退職しているからです。

 

現在は再就職した身ですが、

その経験があるので普段から自分なりの方法で

ケアするようになりました。

 

そこで今回は、

仕事が心底憂鬱で辞めたいあなたのために、

実経験に基づくモヤモヤ解消対策を4ステップでご紹介します。

 

スポンサーリンク

モヤモヤ解消対策4ステップ

ステップ1:心のモヤモヤを吐き出す

ステップ1:心のモヤモヤを吐き出す

 

仕事が憂鬱である時には、

心の中にモヤモヤが溜まっているので、

意識的に吐き出してあげます。

 

吐き出してあげないとモヤモヤは溜まる一方なので、

いずれ限界が来てしまいますから。

 

モヤモヤを吐き出す方法としては、

私も実践している以下の3つをお勧めします。

 

  1. 人に話を聞いてもらう
  2. モヤモヤを紙に書いて破いて捨てる
  3. 涙を流す

 

普段から愚痴っぽいのはよくありませんが、

モヤモヤが溜まっているようなら話は別。

職場とは離れた友人や家族に話を聞いてもらいましょう。

 

そうしてモヤモヤを吐き出したり、悩みに共感してもらえると、

心と体が軽くなり気持ちも前向きになります。

 

続けてモヤモヤを紙に書きなぐって、

それをビリッビリに破いてゴミ箱に捨てる方法。

 

ポイントは感情のおもむくままに書きなぐること。

不満やイラ立ち、焦りなどの気持ちを全て吐き出すつもりで書きなぐる。

人間関係で悩んでいるようであれば、

嫌いな人や出来事を思い浮かべると効果倍増ですよ。

 

最後に涙を流すことは、

笑うよりもストレス解消効果があると言われていますし、

意識的に泣くことでストレス解消を図る「涙活」が人気であること、

そして私の実体験からも間違いありません。

 

特に「感動の涙」を流して心を穏やかにすることをお勧めしますので、

部屋に一人でいる時に感動できる漫画やアニメなどをご覧になってください。

是非お気に入りの作品を見つけて、定期的に心のモヤモヤを洗い流してくださいね。

ステップ2:仕事とは別の世界を見る

ステップ2:仕事とは別の世界を見る

 

意識的に仕事とは別の世界を見ることも大事。

 

毎日朝から晩まで仕事に明け暮れていると、

自分の中で「仕事」の比重がどんどん大きくなっていきます。

 

そうした状態で仕事の悩みを抱えていると、

頭の中が仕事の悩みでいっぱいになり、

自分を、そして自分の人生を否定する気持ちが生まれてしまう。

 

「仕事が憂鬱で辞めたいなんてダメな人間だ・・」

「仕事が上手くいっていないなんて人生おしまいだ」

 

そうならないためには、

仕事とは別の世界を見ることによって、

仕事は人生の一部であることを認識することが大切。

 

例えば、夢中になれる趣味を見つけたり、

その趣味を楽しめるコミュニティに参加する

ことが一つとして挙げられます。

 

  1. 夢中になれる趣味を見つける
  2. 趣味のコミュニティに参加する

 

そうすることによって、

職場とは別の「居場所」「拠り所」ができるので、

リフレッシュしつつ「仕事」の比重を下げることができます。

 

「仕事」の比重が下がることはつまり

仕事に対する心理的な負担が小さくなることを意味するので、

趣味を楽しむと結果的に仕事がはかどるもの。

 

私の場合は、

新卒入社した会社を退職したタイミングでランニングをはじめたのと、

2017年4月からストレス解消を目的としてジム通いをはじめていて、

その2つが私にとっての新たな拠り所となっています。

 

あなたは運動はお好きですか?

もしお好きでしたら、ジョギングやジム通いは本当にお勧めですよ!

運動することは心と体の健康に良く、

ジムには「出会い」という楽しみを見つけることもできますので。

 

関連記事:ジムの出会いは恋愛向き?具体的なきっかけと脈ありサインも

関連記事:ジム通いが続かない人の理由10個から「続けるコツ」を探る!

ステップ3:月曜日は一工夫する

スポンサーリンク

 

日曜日の夕方や月曜日の朝というのは

憂鬱になるタイミングの一つですよね?

 

そのため月曜日を迎えるにあたって

一工夫していきます。

 

  1. 月曜日の朝はゆったり過ごす
  2. 月曜日の朝はお気に入りの曲を聴いてテンションを上げる
  3. 月曜日は簡単な仕事から取りかかる
  4. 月曜日の仕事をリストアップする
  5. 月曜日、水曜日、金曜日の仕事帰り、休日に予定を入れる

 

月曜日の朝はあえて早めに起きて、

おいしいコーヒーを飲みながらゆったり過ごして心を落ち着かせる。

 

お気に入りの曲を聴くことによって、

気持ちを前向きにもっていく。

 

月曜日は簡単な仕事から取りかかることで

精神的にも体力的にも負担を減らしていく。

 

さらに仕事をリストアップすることによって、

段取り良く取り組めるので勢いがつく。

 

月曜日、水曜日、金曜日の仕事帰り、休日に

あらかじめ楽しい予定を入れておくことで、

そこまでモチベーションを維持する。

 

月曜日を迎えるにあたって

このように一工夫することによって、

少しでも憂鬱な気持ちを消し去ることができます。

 

是非あなたに合った方法を見つけて、

魔の月曜日を乗り切っていきましょう^^

ステップ4:転職(異動)を検討する

ステップ4:転職(異動)を検討する

 

もし仕事が憂鬱で辞めたいようでしたら、

転職(異動)を検討するのも一つの手。

 

例えば、かつての私のように、

「体育会系社風によるパワハラ」や

「意地悪社員がはびこる職場の人間関係」で悩んでいるようでしたら、

自分の努力や工夫で解決できるものではありませんから。

 

毎日当たり前のように罵声が飛び交う職場にいた時には、

一時的に憂鬱を解消できても、それ以上のストレスが一瞬で溜まるので、

今考えれば限界が来るのは時間の問題でした。

 

まだ大丈夫と言える段階で「転職」を考えていれば、

体調不良で退職し無職になることはなかったのかもしれません。

 

就職ポータルサイトに登録して色々な会社について調べたり、

キャリアカウンセリングを受けるだけでも、

頭と心を整理できて、仕事について考える良い機会にもなりますよ。

 

それによって今の会社の良さに気づくかもしれませんし、

いやいやヒドい会社だと再認識するかもしれません。

いずれにせよ、なんらかの収穫は必ずあります。

 

一度会社を辞めて再就職した私からすると、

職場の人間や社風との相性であったり、

パワハラや長時間労働といったヒドい環境は確実にあると言えるので、

たった一度の就職で上手くいかないことがあるのは当然だと思っています。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、仕事が心底憂鬱で辞めたいあなたのために

モヤモヤ解消対策を4ステップでご紹介しました。

 

モヤモヤ解消対策4ステップ

  • ステップ1:心のモヤモヤを吐き出す
  • ステップ2:仕事とは別の世界を見る
  • ステップ3:月曜日は一工夫する
  • ステップ4:転職(異動)を検討する

 

仕事が憂鬱になる時は誰にでもありますから、

自分を責める必要は全くありません。

 

私も一番辛かった時期は毎日憂鬱で、

念仏のように「辞めたい」と唱えていましたから。

 

ただ、その状態を放置しておくと、

私のように心と体の調子を崩してしまう恐れがあるので、

少しでも異変を感じたらなんらかの対策を講じるべき。

 

そうした時に、今回お話ししたモヤモヤ解消対策は、

実際に私が試して効果を実感しているものですので、

あなたのお役に立てる部分があるかもしれません。

 

是非あなたに合ったモヤモヤ解消法を見つけて、

ストレスの多い会社員生活をなんとか乗り切っていきましょう!

 

もし憂鬱で会社を1日休む場合には、

休む理由と心の持ち方をご紹介したこちらの記事も参考にしてくださいね。

 

関連記事:仕事に行きたくない時の即効対処法!休む理由と心の持ち方も

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。