職場で孤独感に襲われたら?孤独感に襲われて辛い・辞めたい時の対処法3選!

 

「職場にいると孤独感に襲われて辛い」

「職場でひとりぼっちだという感覚がある」

「和気あいあい・体育会系の雰囲気に馴染めない」

「孤独感の影響が仕事にも出てしまっている」

 

毎日多くの時間を過ごして生活費を稼ぐ「職場」で孤独感に襲われるのは辛いものですから、

この記事では私自身の経験を踏まえた孤独感に襲われて辛い時の対処法をご紹介します。

 

職場で孤独感に襲われて辛い時の対処法3選

対処法1:「個人事業主」の意識を持つ

新入社員だった当時の私が孤独感から抜け出すことができた最大のポイントは、

ある日から「個人事業主」の意識を持って仕事に臨むようにしたことです。

 

「個人事業主」というのは、個人で事業を行っている人(お店等を自分で経営している人)のことで、

その意識を持つことで「ビジネス関係」「自発的」「知識・スキル・足で稼ぐ」の3点を強く意識でき、

同時に「学生気分・友達感覚」「受け身」「給料発生」の3点を排除できて孤独感が薄れていきました。

 

「今自分がいるのはビジネスの場であって、もう学生ではないし友達関係でもない」

「ビジネスなので自発的に動くべきで、受け身の姿勢など考えられない」

「自分のモノを提供して稼ぐのであって、給料が空から降ってくるわけではない」

 

という意識を持ってそのように行動することは、孤独感とさよならするのにかなり効果があります。

対処法2:波長が合う人を見つける

職場に誰か一人でも波長が合って気軽に話せる人がいると、

さよならしたはずの孤独感がふとした瞬間に襲ってきても飲み込まれることはありません。

 

「ビジネスの距離感」で「ビジネスの範囲内(仕事の経験・知恵・アイデア)の会話」を気軽にできる人の存在は、

仕事で困った時の「特別な相談相手」になってくれたり、ついつい立ち寄りたくなる「憩いの場」になってくれます。

 

対処法3:職場以外の居場所を増やす

「家庭」「友達」「趣味仲間」「恋人」「行きつけのお店」など、職場以外の居場所を増やすことで、

「職場」が人生の全てではないことを実感できて、孤独感からもっともっと遠ざかることができます。

 

もし居場所が「職場」しかなければ、職場での孤独感を人生の孤独と錯覚してしまう恐れがありますが、

しっかりした居場所が他にあれば、職場で一人でも「孤独」の二文字が頭に浮かぶことはありません。

 

人生における職場の比重が他と比べて大きめだとは言え、

「自分の大事な居場所は他にたくさんあるから大して問題はない

と心から思えて一人を物ともせずビジネスに集中できます。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、職場で孤独感に襲われて辛い時の対処法をご紹介しました。

 

職場で孤独感に襲われて辛い時の対処法3選

  1. 「個人事業主」の意識を持つ
  2. 波長が合う人を見つける
  3. 職場以外の居場所を増やす

 

この対処法は、私が新入社員の時に実践して効果を感じたものですから、

きっと今孤独感に襲われているあなたに効くものもあるかと思います。

 

そして最大のポイントは、1つ目の「「個人事業主」の意識を持つ」ことですから、

もし納得のいく部分が少しでもあれば、

明日から職場で個人事業主のように振る舞ってみるのはいかがでしょうか。

 

最後にこちらの記事では、

仕事中に帰りたい時・帰りたい病の対処法をご紹介していますので、

もし「仕事中に帰りたい」瞬間がありましたらあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。