SNSをやらない人の納得の理由7個!マツコがFBをやらない理由は?

 

あなたは普段、FacebookやTwitter、

LINEやInstagramといったSNSを利用していますか?

 

今やSNSは私達の身近な存在になり、

コミュニケーションの取り方が変わってきている。

それにビジネスツールとしても活躍していますね。

 

しかし一方で、SNSやらない派の方も少なくありません。

 

この記事を読んでくれているあなたは、

SNSやらない派の理由が気になっている、

もしくはSNSをやめたいと思ってはいないでしょうか?

 

そこで今回は、SNSをやらない人の納得の理由7個と

マツコがFacebookを、出川哲朗がLINEをやらない理由

をあわせてご紹介します。

 

スポンサーリンク

SNSをやらない人の納得の理由7個

理由1:必要性を感じない

1つ目の理由は、必要性を感じないから。

 

  1. SNSはやってないけど特に困らない
  2. 仲の良い友達とはメールや電話で連絡が取れる
  3. 実際に会った時に近況報告すれば十分
  4. 他人に「いいな~」と認めてもらおうとは思わない
  5. 芸能人や仕事関係でもないのにやる必要はない

 

仲の良い友達とはメールや電話で連絡が取れますし、

普段つながっていないからこそ会った時に近況報告し合うのが楽しい。

 

確かに、SNSが登場するまでは

メールや電話で連絡を取っていたのですから、

連絡手段として必須ではありません。

 

また、お互いの近況を知らないからこそ、

たまに会った時に「最近どう?」「実はさ~」といった話で盛り上がるものですよね。

理由2:世の中に発信するものはない

2つ目の理由は、世の中に発信するものはないから。

 

  1. 地味な生活なので発信することはない
  2. 自分の情報を発信しても誰の得にもならない
  3. 特に発信したいこともない
  4. 自分のことを深く知られたくない
  5. 自分の行動を人に公開するのが馬鹿らしい

 

普通の生活をしているため、

人の役に立つ情報や興味を惹く情報を持っていない。

 

それに特に発信したいこともないし、

そもそも自分の情報を公開したくもない。

 

プライベートでSNSをやっている人の中には、

自己顕示欲が強い人が少なくないようです。

 

それを踏まえると、反対にSNSやらない派の人は

それほど自己顕示欲がなく、自己完結していると言えるので、

「世の中に発信するものはない。発信したいこともない。」

という理由は納得がいきます。

 

そういった人は、オシャレな店で外食している際には、

Facebookで「いいね!」をもらうために写真を撮ることはなく、

楽しい思い出は家族や友達と共有するものだと考えることでしょう。

理由3:面倒くさい、疲れる

3つ目の理由は、面倒くさい、疲れるから。

これはSNSをやらない理由としてかなり多いと感じます。

 

  1. 文章を考えたり写真を撮るのが面倒くさい
  2. 他人の私生活に興味がない
  3. SNSまで人とつながりたくない
  4. 誰かと常に繋がっている感じが煩わしい
  5. 他人に監視されているようで気持ち悪い
  6. 嫌いな人ともつながる恐れがある
  7. 下手にSNSでつながると後々面倒なことになりそう
  8. 馴れ合いで「いいね!」するのが面倒くさい
  9. 「既読スルー」「未読放置」が面倒くさい
  10. 見たくもない知りたくもない情報が目に入り疲れる
  11. 嫉妬したりイライラしたり張り合ったりで疲れた
  12. リア充自慢ばかりでくだらない
  13. 自慢だと思われるのが嫌だ
  14. SNSのために何かをしたり出かけたりと振り回されるのが嫌だ
  15. 自己顕示欲の塊、粘着質、メンヘラ系が多くて疲れる
  16. 匿名の誹謗中傷でストレスが溜まる

 

もともとマメではない方はもちろん、

日常生活に加えてSNSでも「お付き合い」することに疲れる。

 

また嫌な人とつながったり、

いらない情報を目にしてイライラすることに疲れる

といった理由が多いようです。

 

ただでさえリアルの人付き合いで疲れているのに、

さらにSNSでも気を遣うのは本当にしんどいです。

 

学校や仕事から帰って疲れている時に、

どうでもいい人の投稿を目にしたらストレスでしかありません。

 

それならいっそSNSをやめて外の空気を感じたり、

自分や大切な人との時間に充てる方がよっぽどリア充という気がします。

 

また、SNSを面倒くさいと感じている方の中には、

LINEは連絡手段として利用するけどタイムラインは見ない、

TwitterやInstagramは限られた友達の投稿を見るだけ

といった使い方で対処している方も多いようです。

 

そういった使い方であれば不要なストレスを溜めずに

自分の目的だけを果たせそうですよね。

理由4:時間がもったいない(費用対効果が悪い)

4つ目の理由は、

時間がもったいない(費用対効果が悪い)から。

 

  1. SNSをプライベートでやっても時間を浪費するだけ
  2. SNSをやる時間を自分のために充てたい
  3. 青春時代がもったいないと感じるようになった(学生)
  4. 時間がないしメリットもなさそうなのでやらない
  5. やらない理由はあるけど、やる理由が全く見つからない

 

物事を費用対効果で考えられる方は、

SNSに関してもそうであることが分かりました。

 

一般人が仕事でもないのに

SNSをガッツリ利用しても得られるものはほぼない。

その上疲れるのに大切な時間を浪費してしまうと。

 

先にお話しした通り、SNSにはイライラする要素が多いので、

その時間をスポーツや読書、勉強といった

自分の時間に充てた方が賢いという考え方は納得。

 

また、好きな芸能人やお気に入りのお店をフォローするなどして

必要な情報を得るためだけに使っている方もいて、

それであれば少ない時間で効果(最新情報を入手できる)を得られますし、

好きなことだけ通知されるので楽しいですよね。

理由5:過去の人とはつながりたくない

5つ目の理由は、

過去の人とはつながりたくないから。

 

  1. 昔の自分を好きではないので、過去の人とはつながりたくない

 

学生時代に嫌な思いをしてきた、

またはスクールカーストで下の方にいた場合には、

わざわざ昔の自分を知る人とつながりたいとは思わないですよね。

 

そういった方は特に

実名登録を基本とするFacebookを敬遠する傾向があるようです。

 

実は私も中学時代はクラスメイトがウェーイ系で合わず、

高校時代には不本意ながらいじられキャラだったので、

中高時代の人達とはあまりつながりたくありません。

理由6:黒歴史になる恐れがある

スポンサーリンク

 

6つ目の理由は、

黒歴史になる恐れがあるから。

 

  1. 今は良くても後で振り返ると中二病発言という恐れがある
  2. 無理してSNSをやってもボロが出るだけ

 

SNSに投稿した時には「すごい!」「カッコイイ!」と思っていても、

時間が経ってから見ると死ぬほど恥ずかしい内容であることはよくあります。

 

それに、ごくごく普通でネットリテラシーも高くない人がSNSを利用していると、

遅かれ早かれボロが出て恥ずかしい発言、問題発言をしてしまう恐れがある。

 

今までにこういった経験をしていたり、

友人やネットの経験談から「黒歴史」になることを予測して、

SNSやらない派に属している方もいるということ。

 

実際のところSNSに投稿された内容は、

はたから見ると恥ずかしいものもありますし、

バカッターをはじめとして一部の方が問題を起こしているのも事実ですよね。

理由7:個人情報の流出を心配している

最後となる7つ目の理由は、

個人情報の流出を心配しているから。

 

  1. いつどこで漏洩したり悪用されるか分からない
  2. SNSは誰が見ているか分からない
  3. 正しく設定しないとプライベートな情報が筒抜けになる
  4. 一度ネットに投稿した情報を消すことは不可能
  5. ネットでは情報が一瞬で拡散されてしまう
  6. LINEはやっぱり信用ならない
  7. SNSをインストールするとアドレス帳と紐付けされるのが嫌だ

 

一度ネット上に投稿したあらゆる情報は

ほぼ削除することはできない。

そしてそれらの情報は、無限に拡散されてしまう。

 

自分の設定ミスやSNSの問題により非公開情報が流出してしまい、

その際には悪用されるかもしれない。

 

SNSを利用することで、

電話帳などの情報を流している(抜き取られている)ことも。

 

また、たとえ悪用するためではなくても、

何かあった時にSNSの情報を掘り起こされるのも嫌ですよね。

 

こういった危機管理能力を持っている方は、

特に実名登録を基本とするFacebookや、

スマホの電話帳情報やトーク内容を流してしまうLINEに抵抗があるようです。

 

言い方が悪いかもしれませんが、

「ネットやSNSでは情報がダダ漏れ」くらいに思って

細心の注意を払う方が懸命でしょう。

 

たとえTwitterアカウントに鍵をかけるなどの制限設定をしても、

それを閲覧できる人がスクリーンショットしたら意味ありませんし。

 

とはいえ使い方によっては便利なツールなので、

プライベートの情報は最低限にとどめて、

目的を果たすためだけに使うのが良さそうですね。

 

それでもまだ怖いのが、

友人らが自分も一緒に写った写真を勝手にアップすること。

 

日常的にSNSを利用していて

写真もどんどこアップしている人にとっては抵抗がなくても、

個人情報の流出を心配している人にとっては死活問題ですよね。

 

そのあたりの迷惑や嫌悪感というのも、

SNSやらない派の気持ちをより強いものにしている気がしています。

芸能人がSNSをやらない理由

ここまでSNSをやらない人の理由を7個見てきましたが、

納得できる理由、共感できる理由はあったでしょうか。

 

実は芸能人のマツコ・デラックスもFacebookを、

出川哲朗はLINEをやらないと言い、

その理由を語っているのであわせてご紹介しますね。

マツコがFacebookをやらない理由とは?

2015年12月時点でマツコは一度もFacebookを見たことがないと言い、

その理由は極力対人関係を作りたくないから。

 

ストレスの多くは対人関係から発生するものであり、

関係が広がる分ストレスも増える恐れがあるので、

なるべく対人関係を作りたくない。

 

そのため無作為に対人関係が広がっていくSNSを利用して

わざわざ自分からストレス要因を増やしていく人の気持ちが分からないと。

「ストレスっていうのはさあ、ほぼ対人関係なわけじゃない? だからアタシは極力対人関係を作りたくないのよ。数が多ければ多いほど、そこにストレスは発生するわけじゃない」

「だから最低限の人数でアタシは生きていたいの。友人も仕事仲間も含めて」

出典:キャリコネニュース

会社を退職する理由としても

「人間関係」が必ず上位にランクインする通り、

人間関係は人々の大きな悩みの種。

 

そのため無駄に人間関係を広げたくないというのは

なんとも合理的なマツコらしい考え方ですよね。

出川哲朗がLINEをやらない理由とは?

出川は2017年4月放送の「ナカイの窓 春のゴールデンSP」で

LINEをやらない理由について語っています。

 

出川がLINEをやらない理由とは、

LINEをはじめるとおそらく番組でグループLINEをやるようになって、

「おやすみ」といった挨拶を言い忘れるとイジメられると思うから。

「LINEをやると大体、番組でグループLINEをやるようになって、グループで必ず『おやすみ』とかやり合うようになる」

「グループLINEつくると、みんなで『おやすみ』とかやるの!送り忘れるといじめられるの! だから俺はやらないの! 俺、いじめられたくないもん」。

出典:スポーツ報知

確かに友人関係はもちろん職場でも、

LINEユーザーが集まればグループを作りたがる人がいて、

一度入ると最後、心も時間も縛られることになります。

 

そして「誰が言った言ってない」という面倒なことになる。

 

それに出川のキャラクター的にいじられることは

簡単に想像できるので、断固としてLINEをやらないのですね。

 

ちなみにLINEはやらなくても、LINEスタンプは販売しているとのこと。

出川哲朗がLINEをやらない理由とは?

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、SNSをやらない人の理由を7個ご紹介しました。

 

SNSをやらない人の納得の理由7個

  1. 必要性を感じない
  2. 世の中に発信するものはない
  3. 面倒くさい、疲れる
  4. 時間がもったいない(費用対効果が悪い)
  5. 過去の人とはつながりたくない
  6. 黒歴史になる恐れがある
  7. 個人情報の流出を心配している

 

マツコがFacebookをやらない理由

  • ストレスの原因になる対人関係を極力作りたくない(面倒くさい、疲れる)

出川哲朗がLINEをやらない理由

  • グループLINEでイジメられる(面倒くさい、疲れる)

 

SNSはとても便利なものですが、

使い方や相手によっては面倒なもの、怖いものになります。

 

そのため細心の注意を払って、

お付き合いではなく自分の人生を充実させるために

上手に活用していきたいですね。

 

こちらの記事ではLINEをやめた理由と結果

をご紹介していますのであわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。