ジム通いが続かない人の理由10個から「続けるコツ」を探る!

 

ダイエット、健康、筋トレ、そして社交場の一つなど、

様々な目的を持って人々が集まる場所・スポーツジム。

 

春になると心機一転、夏が近いとダイエットのために

張り切ってジムに通う方は大勢いるかと思います。

 

しかし、1ヶ月もすると行かなくなる。

今まで何回かジムに入会しているが長続きしない。

 

こういった書き込みをたびたびネット上で見かけますし、

実際にジムに通っていて耳にすることもあります。

 

もしかしたらあなたも、

やる気いっぱいでジムに入会したものの

続かないことで悩んでいませんか?

 

ダイエットや筋トレという目的を持ってジムに入会したのに続かない。

どうしてなのでしょうか?

 

そこでこの記事では、実際にジムに通う私が

ジム通いが続かない人の理由を10個挙げ、

そこから「続けるコツ」を探っていきます。

 

スポンサーリンク

ジム通いが続かない人の理由10個

理由1:ジムに通いづらい

理由1:ジムに通いづらい

 

ジムに通いづらいとどうしても足が遠のくもの。

 

行く気満々であったり、絶対に今日は行けないという以外の

「今日はどうしようかな~」という時は多いかと思いますが、

そういった時にジムが遠いと「今日はやめよう」という結論になりやすいです。

 

しかし反対に、ジムに通いやすければ、

近所のコンビニに行くくらい気軽な感じで、

「とりあえず行こうかな。行けば楽しいし。」と考えられるもの。

 

そのためジム通いを続けるのであれば、

自宅から近い、職場に近い、自宅の最寄り駅に近い、

よく買い物に行く場所に近いジムがいいですね。

 

休日にも行くことを考えると、

自宅から近いジムを断然お勧めします。

理由2:張り切りすぎて疲れた

理由2:張り切りすぎて疲れた

 

誰でも入会してすぐは張り切っていますが、

あまりに張り切りすぎると疲れてしまいます。

 

はじめはモチベーションが高いですし、

月会費制の場合は元を取ろうとするので、

毎日のように通いたくなるもの。

 

だた、通常モチベーションは最初よりは下がっていく傾向にあり、

最初に頑張りすぎるとそれを加速させてしまう恐れがあります。

 

一言で言うと「燃え尽きた」状態。

 

あなたも例えば、「英語の勉強をしよう!」と思い立って、

毎日3~4時間ペースで勉強をはじめたものの、

すぐに熱が冷めてしまったことはありませんか?

 

そのためジム通いを続けるのであれば、

はじめから頑張りすぎないこと、

自分のペースをつかむこと、

なんとなく行きたくない日は休むこと

が大切だと考えます。

 

例えば、私の場合は、毎日通うとすぐに通わなくなると思い、

はじめは1日・2日おきに週3回ペースで通い、

運動時間は1日1時間程度に留めていました。

 

このように無理なく続けていると、

心と体が「ジムを求める」状態になっていくので、

自然とジムに行きたくなってうずうずしてきます。

理由3:いつも同じ運動をしているので飽きた

理由3:いつも同じ運動をしているので飽きた

 

ジムで同じ運動を繰り返していると、

それに飽きてしまうことがあります。

 

私の場合はランニングマシンと筋トレマシンをメインに運動しているのですが、

通いはじめて1、2ヶ月くらいでやっぱり飽きが来ました。

 

通い始めは気持ちが高まっているし、新鮮味があるので、

トレーニングすることに夢中になれますが、

やはりジムにおいてもマンネリ化してしまうんですよね。

 

そのためジム通いを続けるのであれば、

スタジオプログラム(ダンス、ヨガ、バランスボールなど)に参加したり、

プールプログラム、お風呂、サウナを利用する、

またはスタッフや会員の方と軽く挨拶するなどして、

自分から変化をつけて楽しんでいくと良いでしょう。

 

特にスタジオプログラムは、色々な種類がありますし、

同じプログラムでもインストラクターによって雰囲気は全く別物。

何より皆で一緒の動きをしていくので、退屈とは無縁です。

 

退屈とは無縁ですので、

スタジオプログラムの中から何か1つでも好きなものを見つけるというのは、

ジム通いを続けるための重要なポイントだと感じています。

 

私が飽きた時には、週に1回くらいスタジオプログラム(主にバランスボール)に参加したり、

面白いアイデアが思い浮かばないかと運動中に考え事をすることによって、

マンネリ化を防いでいます。

理由4:効果を感じない

理由4:効果を感じない

 

運動した効果を感じないというのも、

ジム通いに対するモチベーションが下がる理由の一つ。

 

通常、ジムでジョギングや筋トレをはじめた場合、

それが体型や筋力といった目に見える結果として現れるのは数ヶ月後。

 

私の場合は、4ヶ月目に入ってから

脂肪が落ちて筋肉がついてきたと実感しています。

 

このようにすぐに手応えを感じるものではないので、

「なんだ効果ないじゃん~」「めんどくさいな~」

ということで通わなくなる方がいるのです。

 

この場合にジム通いを続けるのであれば、

すぐに効果が出ないことをよく理解しておき、

「今頑張っているのは未来の自分のための投資なんだ」

といった考え方をしていく。

 

それに加えて、その日運動した時間や内容をノートに記録しておくのもお勧め。

体型や筋力といった目に見える効果を感じていなくとも、

ノートには確かに運動した成果が残されていますから。

 

さらに走った距離を、実際の場所に当てはまるというのも面白そうです。

例えば、あなたが現在住んでいる場所をスタート地点として、

そこから行ってみたい場所に向かって走っているつもりで^^

理由5:目標が具体的ではない

スポンサーリンク

目標が具体的でなかったり、特に目標がない場合、

途中で行かなくなることは多いようです。

 

例えば、「春だから心機一転ジムに通おう!」

「夏までにダイエットしたいから通おう!」

「友達に誘われたから一緒に通おう!」といった場合ですね。

 

「ダイエット」というのも目標なのですが、

具体的ではないので少し弱い気がします。

 

この場合にジム通いを続けるのであれば、

「3ヶ月間で5キロ痩せて大好きなあの人に告白する!」

「半年後の結婚式までに絶対5キロ落とさないと!」

「痩せて私を振った男を見返してやる!」

といった具体的な数値目標や強い目的意識を持つこと。

 

さらに目標を達成するために必要な

トレーニング内容まで落とし込めればより良いです。

 

そのあたりは無料でも相談に乗ってくれるはずですので、

スタッフの方に気軽に相談してみてください。

理由6:特に運動が好きではない

理由6:特に運動が好きではない

 

ダイエットや健康のためにジムに通っている方の中には、

特に運動が好きではない人、

運動でストレスを解消する性質でない人がいます。

 

そういった人は「運動すること」を目的としていないので、

運動することを楽しめなくて大変という気持ちが大きくなることがあります。

 

運動嫌いの方であれば、ジム通いがストレスになることさえあるでしょう。

 

実際にジムに通っていて思うのは、

もともと体を動かすことが好きな人、

走ること筋トレすることが好きな人は、

それ自体が楽しいので自然に継続できている印象。

 

人を見ればこの人は運動好きなのか、

それともダイエットが第一目的なのかはだいたい分かり、

やっぱり前者の方が長続きしやすいようです。

 

こういった場合にジム通いを続けるためには、

スタジオプログラムに参加したり、

インストラクターや会員の方と会話できるようになったり、

好きなインストラクターを作ったり、

一緒にジムに通う人を見つけるなど、

楽しくするための工夫が必要になるでしょう。

 

やっぱりインストラクターの方はルックスやスタイルが良く、

かつコミュニケーション能力も高いので非常に魅力的。

 

しかも体を動かしている姿はカッコイイので、

思ったより簡単に恋することができると思いますよ。笑

 

理由7:継続することが苦手

理由7:継続することが苦手

 

何事に対しても継続することが苦手である人は、

ジム通いについても続かない傾向があります。

 

何事も継続することが苦手である人は、

言い訳を作る癖がついているので、

ジムについても「今日はアレだからまた明日~」といった形で

理由をつけて休んでしまいがち。

 

しかし反対に、何事も継続できる人は、

まず継続することの大切さを理解していて、

目標を立てたり自分でモチベーションを上げる努力をしていくもの。

 

こういった場合にジム通いを継続するのであれば、

とにかく自分が楽しいと感じるようにしていく必要があるかと思います。

 

継続することは苦手だけども、人と話をするのが好きなのであれば、

仲良しのスタッフを見つけるだけでも通う理由になるはず。

理由8:スタッフと気が合わない

理由8:スタッフと気が合わない

 

スタッフと気が合わないというのも、

地味にモチベーションを低下させる一因になります。

 

パーソナルトレーナーをつけてマンツーマントレーニングをしていなくても、

そのジムのスタッフや雰囲気が合わないと、行く気がなくなってくるもの。

 

例えば、あなたは黙々と運動をしたいのに、

タイミングを計らずぐいぐい話しかけてくる。

顔を覗き込むように見てくる。

 

あなたは落ち着いた性格をしているのに、

明るすぎるスタッフに気後れしてしまう。

 

こういった場合には、想像しただけで気が重くなるので、

場合によっては足が遠のくことも。

 

しかし反対に気の合うスタッフがいるというだけで、

ジムに通うモチベーションにつながるもの。

好みの異性がいればなおさらです。

 

スタッフとの相性は入ってみないと分からないですが、

見学できるジムは多いですから、

そこでなんとなく雰囲気をつかむのも一つの手。

 

とはいえ、スタッフの人数は多いですし、

人事異動があったり、フリーやアルバイトの方もいるので

わりと入れ替わりもあるようです。

 

そのため一人のスタッフと合わないというのは、

よほどでない限り気にする必要はないと思っています。

理由9:ジムで気軽に話せる人がいない

理由9:ジムで気軽に話せる人がいない

 

人と話すことが好きな人である場合、

ジムで気軽に話せる人がいなくて

黙々と運動をするのが苦痛になることも。

 

私の見る限り、20代、30代の若い方達は黙々とトレーニングしていて、

それ以上の年代になるとスタッフや会員とのコミュニケーションを

楽しんでいる方が多いように感じます。

 

とある40代の女性会員は、

仕事帰りにジムに通うのが日課になっていると言い、

私が行くとほぼ必ずジムの端っこに仲間とかたまって話し込んでいます。

 

そういったタイプの方は、

ジムで気軽に話せる人がいないとつまらなくなってしまうでしょう。

 

もしあなたもそのタイプでしたら、

まずはスタッフの方に挨拶することからはじめて、

気の合うスタッフを見つけてみてください。

 

そうしていくうちに他のスタッフや会員の方とも話すようになり、

いつしか尻込みしていたスタジオプログラムに一緒に参加したり、

まだ利用していないプールに足を運ぶきっかけにもなるはず。

理由10:仕事や家事が忙しい

理由10:仕事や家事が忙しい

 

仕事や家事が忙しくなって

ジムに通う時間が作れない方も多いでしょう。

 

特に働き盛りのサラリーマンですと、

自分が予想していた以上の仕事量や責任を負うことは当然ありますから。

 

この場合には、もししばらく通えないようでしたら、

一旦「退会」手続きをして、また時間が出来た時に「再入会」するのも良いと思います。

 

ジムを退会するというと少し気が引けますが、

スタッフの方からすると慣れっこですし、

再入会も普通にあるとのこと。

 

むしろ「再入会特典(通常より安く入会できる)」を用意しているなど、

再入会にも力を入れているので大歓迎してくれます。

 

1ヶ月の会費は7,000円~10,000円ほどすることが多く、

再入会の費用は間違いなくその金額を下回るので、

1ヶ月間ほとんど通えない、もしくは数回しか通えないのであれば、

この時点で退会した方がお財布には優しいはずです。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回はジム通いが続かない人の理由を10個挙げ、

そこから「続けるコツ」を探っていきました。

 

理由1:ジムに通いづらい

  • 自宅から近いジムを利用する

理由2:張り切りすぎて疲れた

  • はじめから頑張りすぎない、自分のペースをつかむ

理由3:いつも同じ運動をしているので飽きた

  • 楽しくするための工夫をする

理由4:効果を感じない

  • すぐに効果が出ないことを理解して、未来への投資だと考える
  • その日運動した時間や内容をノートに記録しておく

理由5:目標が具体的ではない

  • 具体的な数値目標や強い目的意識を持つ

理由6:特に運動が好きではない

  • 楽しくするための工夫をする

理由7:継続することが苦手

  • 楽しくするための工夫をする

理由8:スタッフと気が合わない

  • あらかじめジムを見学する
  • 人数が多く入れ替わりがあるので気にしない

理由9:ジムで気軽に話せる人がいない

  • まずは気の合うスタッフを見つける

理由10:仕事や家事が忙しい

  • 一旦「退会」して時間ができたら「再入会」する

 

これらは全て実際にジムに通う私が感じたものですから、

あなたの参考になる部分はあるかと思います。

 

そしてこの記事を書いていて思ったのは、

やはり楽しくないと続かないということ。

 

運動すること自体が楽しい。

ストレス解消になって気持ちいい。

体が引き締まっていくのが嬉しい。

スタジオプログラムが楽しい。

仲間を作ることが楽しい。

好みのスタッフと話をするのが楽しい。

 

何を楽しいと感じるかは人それぞれですが、

とにかく「楽しい」と感じることが大切。

 

そのため、

ジムに入会する際に「楽しもう!」という気持ちを持つこと、

そして楽しむために自分から行動することが、

ジム通いを続ける肝だと思っています。

 

私の場合はジムに通うまでに3年ほどジョギングを続けていたので、

運動することには慣れていて好きでもあります。

 

それに、スタジオプログラムに参加したり、

面白いアイデアが思い浮かばないかと運動中に考え事をしたり、

好みのスタッフの顔を見るということが「楽しい」につながっています。

 

あなたもジムにおける「楽しい」を見つけて、

その上で目標を立てるなどの工夫をしていって、

ジムライフを満喫してくださいね。

 

ジムでの出会いを期待するのも楽しいですよ^^

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。