転職決断の具体的ポイント3つ!決断できない・悩むあなたへ

 

  • 職場の人間関係が悪い
  • パワハラがヒドい
  • 社風が全く合わない
  • 長時間労働が辛い
  • 仕事で評価されない
  • やりがいを感じない

 

こういった問題を抱え、

転職しようか悩んでいる人は大勢います。

 

しかし、自分の転職理由は「転職理由」としてどうなんだろうと思ったり、

絶対に転職が上手くいく・改善される保証はどこにもないので、

実際にはなかなか決断できないもの。

 

「こんな転職理由で転職していいものか?」

「もし問題が改善されなかったら・・。」

「問題が改善されても別の問題が出てくるかもしれないし。」

 

ただ、転職に限らずあらゆる物事には

絶対に上手くいく保証はないことが多いので、

自分なりの決断ポイントを持つことや直感に従うことで、

「やる」「やらない」を決断する必要があります。

 

そこでこの記事では、

新卒入社した会社を7年で退職し、

無職期間を経て再就職した経験をもとに、

転職決断の具体的ポイントを3つご紹介します。

 

スポンサーリンク

転職決断の具体的ポイント3つ

ポイント1:人間関係が悪い

ポイント1:人間関係が悪い

 

まず1つ目の決断ポイントは「人間関係が悪い」。

 

人間関係というのはある程度流動的ですし、

転職先の人間関係も分からない。

 

さらに自分のコミュニケーション能力の問題という気もするので、

転職理由としてどうなんだろう?と思いやすいです。

 

ただ、私としては「人間関係」を理由に退職して

本当に良かったと思っています。

 

私の場合の人間関係の悩みとは、

主に噂や悪口が大好きな意地悪社員が多く、

それによって体調を崩してしまったこと。

 

いわゆるお局様はもちろん、課長クラス、さらに後輩まで

これでもかという意地悪エリートが揃い踏み。

 

私自身に関しては意地悪ではないと思っていますが、

採用条件に「性格が悪いこと」が含まれていたのか?と思うほどに。

 

それでも本人達は罪の意識はないようで、

意地悪を「毒舌」「正義」だと正当化していたのです。

 

そしてそれによって仕事で実害が出てしまいましたし、

上司も上司なので訴えても改善されない。

 

なにより体調を崩してしまったので、

こんな会社にいたらダメだと心の底から思いました。

 

新卒入社した1社目の会社なので比較対象はありませんが、

これはヒドすぎると思ったので迷うことなく退職。

 

それでも無職となり精神的にうつうつとしていた時には、

自分の判断に不安がよぎりましたが、

再就職した今現在はやっぱり正しかったと確信が持てました。

 

なぜなら、今の会社は意地悪な人はいるものの少数。

いい人もたくさんいて人間関係は悪くないと感じているからです。

 

この経験があるので、職場によって人間関係、

人間の質には大きな違いがあると断言できます。

 

そのため人間関係がヒドくて体調を崩している人がいたなら、

それは十分な転職理由になるよとアドバイスしたいです。

 

もちろん、転職先の人間関係も入社しなければ分かりませんが、

ヒドい環境から離れることができるので転職する意味はあるかなと。

ポイント2:パワハラがある、社風が全く合わない

ポイント2:パワハラがある、社風が全く合わない

 

2つ目の決断ポイントは「パワハラがある、社風が全く合わない」。

 

大学生時代の私は世間知らずで無知だったため、

アルバイト先のまったりとした雰囲気が普通なのだと思っていて、

体育会系の会社があるとは思ってもみませんでした。

 

それに会社のホームページや面接、さらにOB訪問でも

感じることができなかったので、完全にミスマッチであり、

かつパワハラも常態化した会社に入社してしまったのです。

 

私が体育会系だと感じた特徴にはこういったものがあります。

もちろんそれに合う人や適応できる人はいますが、私にはどうしても無理でした。

 

  • なんでも精神論で語る
  • 「頑張れ」が口癖で気合いで乗り切れると信じている
  • 声が大きいことを良しとして高く評価する
  • 年功序列が根付いていてやたら上下関係に厳しい
  • 残業時間が長いほど仕事熱心かつ優秀だと思い込んでいる
  • やたらチームワークを強調する
  • 体育会系でない社員をダメ扱いする

 

これだけでも普段から息苦しさを感じていたのですが、

極めつけは社長をはじめとしたパワハラの常態化。

 

一部の上司がパワハラをしているだけなら、

まだ会社として改善の余地があるかもしれません。

 

しかし社長がパワハラ体質で一番ヒドいので、

もうコレはダメだと思わされましたね。

 

社長のパワハラは尋常ではありませんでした。

毎日のように部長クラスから平社員まで、

社長席の前に呼び出し皆の前で罵声を浴びせて人格批判。

 

社長自身、はじめから話(パワハラ)がヒドくなると分かっている時には、

他の社員の目を気にして通称「説教部屋」に呼び出し1対1の状況に。

 

それは当事者としては恐怖でしかありませんし、

社長の声はとんでもなく大きいので、

扉を閉めていても普通に声が漏れ聞こえる始末。

 

これによって自信やプライドがズタズタにされ、

当然心の調子も崩してしまうので、

若手は全く定着しなくて毎月退職者が出ていた状況。

 

仕事ができて人望があった係長が転職してしまった時は、

いよいよ会社の終わりを感じました。

 

それに対して再就職した会社には

今のところパワハラの気配は一切なく、

社風もわりとまったりしています。

 

そのため「パワハラがある、社風が全く合わない」という理由で

退職に踏み切ったのは正解だったと思っています。

ポイント3:仕事で評価されない

スポンサーリンク

最後に3つ目の決断ポイントは「仕事で評価されない」。

 

仕事で評価されないというと、

単純に「あんたが仕事できないだけじゃん笑」と思うものですから、

退職理由として問題があるとも思えます。

 

確かに私は特別仕事ができるタイプではないので、

次の会社で同じことを繰り返す可能性はあったのかもしれません。

 

ただ、今の会社では平均以上の評価をもらっているので、

仕事の仕方や能力はそこまでヒドくなかったと思っています。

 

それではなぜ私の評価は低かったのか?

 

その原因は私自身が感じていたことと、

評価のフィードバックからもハッキリしています。

 

評価が低かった大きな原因は社風とのミスマッチ。

 

先ほどお話しした通り、私がいた会社の社風は体育会系であり、

とにかく声が大きい人、態度がでかい人、

ズバズバものを言う人が高く評価されていました。

 

もちろん仕事の結果も評価されますが、

この特徴を持っている人が高く評価されていたことは間違いありません。

 

そのため声が大きくなく、物静かなタイプの私は、

第1次評価者である課長から高く評価されても、

最終評価者である部長(役員)のところで下げられてしまうのです。

 

どんなに仕事で結果を出しても、

どんなに部下や後輩が慕ってくれていても、

「声が小さい」「物静か」という印象値によって覆されるのです。

 

それなら声を大きくすれば良いのでは?

物静かな性格を直せば良いのでは?と思うかもしれませんが、

簡単にはいきませんでした。

 

いくら仕事のためとはいえ、

性格や態度を大きく変えて継続することは難しいですし、

もともと声や態度が大きい人にはどうやっても負けてしまうのです。

 

こういった状況のため、

このままではずっと評価は上がらないと感じていて、

これも退職を決断する理由の一つとなりました。

 

今の会社では最終評価者にも評価してもらえているので、

社風や好き嫌いが大きく影響して評価されないのでしたら、

転職することも一つの手だと私は思います。

まとめ

ポイント1:人間関係が悪い

 

いかがでしょうか。

 

今回は、転職決断の具体的ポイントを3つご紹介しました。

 

転職決断の具体的ポイント3つ

  1. 人間関係が悪い
  2. パワハラがある、社風が全く合わない
  3. 仕事で評価されない

 

こういった転職理由は、

人によっては能力不足だとか甘えだとか思うかもしれません。

あーだこーだ言う人もいるでしょう。

 

しかし私にとっては十分な退職理由となって、

再就職してそれは正しかったと確信が持てています。

 

もちろん私にも原因はありますが、

それにしてもヒドい環境であったり、

相性の悪さというのも確実に存在しました。

 

そのため私の経験は、転職を決断できない

あなたのお役に立てる部分があるかと思いご紹介しました。

 

今現在転職を検討しているあなたは、

「どこが辛いのか?何を我慢できないのか?」を今一度問いかけ、

そこをハッキリさせて転職先で改善できる可能性があるかを考えてみてくださいね。

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。