SNSで「友達を整理します!」と宣言する人の痛い特徴5個と対処法!

 

FacebookやLINE、Twitterなどで、「友達を整理します!」と宣言する人がいます。

 

「友達整理します!いいね!しなかった人はブロックします」

 

友達を整理したければ黙ってやればいいのに、なぜわざわざ宣言するのでしょうか?

 

この記事では、SNSで「友達を整理します!」と宣言する人の特徴を掘り下げることで、

彼ら彼女らの気持ちを少しだけ探っていきます。

 

スポンサーリンク

SNSで「友達を整理します!」と宣言する人の特徴5個

特徴1:上から目線のかまってちゃん

1つ目の特徴は、上から目線のかまってちゃん。

 

「友達を整理します!」とわざわざ宣言する人は「上から目線のかまってちゃん」。

 

かまってちゃんは自己肯定感が低いために承認欲求が人一倍強くなっていて、

また精神的に未熟な段階であることも多く、誰かに依存したい気持ちが強くあり、

そこで「宣言」のような形で気を引くことで心の隙間を埋めようとします。

 

SNSの友達を整理したいのなら、静かに黙って行えばいい話なのに、

そこをあえて宣言している主な理由は、友達にかまってもらいたいから。

 

そして「整理する」「~しなければ」「ブロック」といった言葉を選び、

その言葉を投げかけまるで物のように整理していることからも、

ただのかまってちゃんではなく、

厄介な上から目線タイプであることがうかがえます。

 

そんな上から目線のかまってちゃんが描くシナリオの大筋は、こういったものでしょうか。

「宣言」「どうしたの!?私整理されちゃうの?」「◯◯は整理しないよ!心配させてごめん!」

特徴2:自分が整理する側でいたい

2つ目の特徴は、自分が整理する側でいたい。

 

おそらく「友達整理宣言」をしている人には、

自分が整理する側でいたいという気持ちがあります。

 

なぜなら、自己肯定感が低く依存心が強いタイプは、

承認されることとは反対の「友達から整理される」ようなことは、

想像するだけでもとても苦しいものですから。

 

だとすれば、「友達整理宣言」というのは、

友達の気を引くことで心の隙間を埋める行動であるのと同時に、

自分の心を守るための先手の行動でもあると言えそうです。

特徴3:友達を大切にしていない

3つ目の特徴は、友達を大切にしていない。

 

「友達整理宣言」をしている人は、

友達に対して「整理する」「~しなければ」といった上からの考え方を持ち、

自分の欲求を満たすためにその言葉を投げかけ物のように整理しているので、

友達を大切にしているとは思えません。

 

「上からの考え方を持ち、自分都合でその言葉を投げかけて整理する」一連の行動からは、

友達を自分の承認欲求を満たすための道具として見ている側面がハッキリと見て取れます。

 

たまに自分は何度も「友達整理宣言」をして「いいね!」を求めるわりに、

他人の普段の投稿には一切「いいね!」をしないビックリな人もいますが、

この行動もまた友達を大切にしていない気持ちの表れにほかなりません。

特徴4:友達から大切にされない

スポンサーリンク

4つ目の特徴は、友達から大切にされない。

 

「友達整理宣言」をしている人は、友達を大切にしていないのですから、

友達から大切にされることもなく、それは「反応の薄さ」という形で跳ね返ってきています。

 

誰だって上から目線の態度を取られたり、面倒なことに巻き込まれるのは嫌ですから、

「友達整理宣言」の意図を察した上で「いいね!」をしないのが一般的な対応。

 

しかしそれでも一部の友達が「どうしたの?私は整理しないでね」と反応する様子も見られるので、

ここからはそのかまってくれる人達とだけつながって、「承認される世界」を作るのでしょう。

特徴5:どちらかと言うと整理される側

5つ目の特徴は、どちらかと言うと整理される側。

 

「友達整理宣言」をする人は、上から目線のかまってちゃんですから、

本来友達を整理するような立場ではなく、どちらかと言うと整理される側。

 

どちらかと言うと整理される側ですから、実は友達からはとっくの昔に整理されている、

SNSでつながってはいても心はすでに離れているなんていうことも十分あり得る話。

 

本人としては友達を整理する側だと信じて宣言しているのに、

相手にとっては「え?友達だっけ。。」なんて悲しい状況だとしたら、

自分でまいた種であるとは言え、少しだけ気の毒に思えてきます。

SNSで「友達を整理します!」と宣言する人への対処法

私が考える適切な対処法は、「無反応を決め込みスルーする」です。

 

無反応を決め込む理由は、「反応がなければ整理する」そうなので自然に穏便に終われるのと、

何かしら反応したら最後、依存心が強くなって面倒なことに巻き込まれる恐れがあるからです。

 

優しい人だと「いいね!だけなら・・」と反応してあげたくもなりますが、

それでは依存心を強くさせてしまい、後で激しく後悔する恐れがありますから、

無反応、スルー、忙しくてSNSを見れていないというスタンスを貫くのが吉。

 

もしも職場や学校、ママ友など簡単には縁を切れない現実のつながりもあり、

無反応ばかりでは角が立つ場合には、

現実世界でもSNSの世界でも気を持たせないように注意して、

反応少なく淡々と対応してみてください。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、SNSで「友達を整理します!」と宣言する人の特徴を掘り下げることで、

彼ら彼女らの気持ちを少しだけ探っていきました。

 

SNSで「友達を整理します!」と宣言する人の特徴5個

  1. 上から目線のかまってちゃん
  2. 自分が整理する側でいたい
  3. 友達を大切にしていない
  4. 友達から大切にされない
  5. どちらかと言うと整理される側

 

SNSで「友達を整理します!」と宣言する人への対処法

  • 無反応を決め込みスルーする

 

SNSで「友達を整理します!」と宣言する人は

「上から目線のかまってちゃん」率が高いので、

それに対する反応には、十分に注意する必要があります。

 

かまってちゃんに対する対処法は、無反応を決め込みスルーすること。

 

少しでも反応すると「かまってくれる人」だと認識され、

一度認識されるとこちらへの依存心が強くなっていき、

それ以降も同じような反応を求められる恐れがあるので、

「いいね!だけなら・・」と思わずスルーするのが吉。

 

そうしていれば、彼らは別のかまってくれる人に意識を向けるようになり、

こちらは晴れて面倒なことに巻き込まれる心配がなくなりますから、

この対処法はお互いにとってプラスになるものだと思っています。

 

最後にこちらの記事では、

「趣味は人間観察です」と公言する人の痛い性格心理と周囲の本音

をご紹介していますので、

もしご興味がありましたらあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。