都合のいい人扱いされる人間の特徴5個!都合のいい人をやめるには?

 

人の力になりたいと考えるのは素敵なことですし、

頼ってくれたり感謝してもらえたら嬉しいですよね。

 

ただ、相手や用件、そして自分の状況を見極めずに受け入れていると、

感謝されるどころか都合のいい人扱いされるので注意が必要です。

 

「なんだか都合のいい人になってるみたい」

 

そこで今回は、都合のいい人扱いされる人間の特徴と、

都合のいい人をやめる方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

都合のいい人扱いされる人間の特徴5個

都合のいい人扱いされる人間の特徴

 

都合のいい人扱いされやすい人は、断らない・断れない人です。

 

断らない・断れない性格につけ込まれて都合よく扱われてしまうのです。

 

「面倒事を押し付けても断らない。文句を言わない。怒らない。従順。便利。」

 

そして、都合よく扱われているうちに要求は大きくなっていき、

さらに周囲の人間からも「便利な人」だと認識されるようになり、

ますます状況を悪くしてしまうというパターンがよくあります。

 

例えば、職場であれば暗黙の了解で「雑用担当」になっていき、

友達関係であれば「車を出す担当」になっていくイメージですね。

 

そうした断らない・断れない人の具体的特徴としては、

例えばこうした5つが挙げられるでしょう。

 

  1. 真面目な人
  2. お人好しな人
  3. 主体性がない人
  4. 大人しい人
  5. 気が弱い人

 

真面目な人は何事に対しても誠実で真剣であるところを、

お人好しな人は時に自己犠牲をいとわない純粋な親切心を、

主体性がない人最終的な判断を他人に委ねるところを利用される。

 

そして大人しい人感情表現が苦手で自分の意見を主張しないところを、

気が弱い人嫌われたくない気持ちが強いところにつけ込まれる。

 

つけ込まれてしまうポイントはそれぞれ異なりますが、

それらには他人の意志に動かされやすい共通点があります。

都合のいい人をやめる方法

スポンサーリンク

続きまして、都合のいい人をやめる方法についてですが、

自分にとって適切な判断をしてハッキリ主張できるように認識を改める

ことが一つとして考えられます。

 

どのように認識を改めるのかについては、以下に5つの特徴別に示しました。

 

共通

  • 世の中には人を都合よく扱おうとする人がいる。
  • 都合よく扱う人からは感謝されない。むしろ軽く見られている。
  • 周囲から見た「都合のいい人」は「気の毒な人」「便利な人」。
  • 時間・労力・お金を無駄にしている。

1.真面目な人

  • 「皆・チーム・会社・あなたのため」という言葉を真に受けない。

2.お人好しな人

  • 自分を大切にすることが最優先。
  • 自分を大切にするために断ることも大事。
  • 自分を大切にしてくれる人にだけ親切にすればいい。
  • 相手の言動・事情を自分に都合よく解釈しない。
  • ハッキリ断ることは相手のためにもなる。

3.主体性がない人

  • 自分で判断して自分の責任で行動しなければならない。

4.大人しい人

  • 人は誰でも自分の意見を主張する権利がある。
  • 自己主張しなければ損するシーンは多い。

5.気が弱い人

  • 都合よく扱う人に嫌われても問題はない。
  • 全員から好かれる人(嫌われる人)はいない。

 

それぞれこのようにして認識を改めていき、

普段から何事も自分で判断して思ったこと

感じたことを口に出すようにしてください。

 

そうすることで、本番でも自分にとって適切な判断ができて、

かつそれをきちんと主張できるようになりますから。

 

本番では淡々と、でもハッキリと伝えることがポイントです。

 

はじめはかなり抵抗があって勇気がいるかと思いますが、

一度でも口に出すと案外こんなものかと思うものなので、

ちょっとしたことから主張することに慣れてくださいね。

 

人を都合よく扱う人間は、実は打たれ弱いものですし、

思いがけないことなので一瞬面食らうことと思います。

 

また、そうした人とはできる限り距離を置くことも大切なので、

例えば友達なら情け無用で縁を切り、職場の人間なら必要最低限の

上辺のやり取りだけにとどめることも検討してみてください。

 

接点が少なくなるのは大きいですし、自分には関係のない人間である、

自分とはかけ離れた人間であると思えると気が楽になるものですよ。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、都合のいい人扱いされる人間の特徴と、

都合のいい人をやめる方法をご紹介しました。

 

都合のいい人扱いされる人間の特徴5個

  1. 真面目な人
  2. お人好しな人
  3. 主体性がない人
  4. 大人しい人
  5. 気が弱い人

 

都合のいい人をやめる方法

自分にとって適切な判断をしてハッキリ主張できるように認識を改める。

 

人を都合よく扱う人間は、今回ご紹介したような特徴を持つ

断らない・断れない人を嗅ぎ分けています。

 

それに、そうした特徴が「都合よく扱う心」を引き出したり、

「都合よく扱っていい雰囲気」を作っている側面もありますね。

 

そのため、都合のいい人にならないためには、

認識を改めた上でしっかり判断して主張すること、

時にはハッキリ断ることが必要とされます。

 

一番大変なのは最初の一歩を踏み出すことですから、

まずは思い切って一言でも主張してみてくださいね。

 

最後にこちらの記事では、嫌いな人がいる時に無視するより無関心で存在を消す方法

をご紹介していますので、嫌いな人がいてお困りの場合はあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。