後ろ向きな考え方をもうやめたい。後ろ向きな自分とさよならする方法4個!

 

「後ろ向きな考え方(消極的・弱気・マイナス思考)をしてしまう」

「その考え方が影響して自分が望む結果を得られないことがある」

 

これは20代の頃の私が抱えていた深刻な悩みであり、

特に仕事の場において「後ろ向きな自分」と「うまくいかない状況」に

嫌気が差したことは一度や二度ではありません。

 

ですが、ここは絶対に変えたい所だからと試行錯誤を続けた結果、

30代になった今では「消極的・弱気・マイナス思考」はだいぶ薄れ、

ほどよく「積極的・強気・プラス思考」になれて人生が変わりました。

 

そこでこの記事では、かつての私と同じお悩みをお持ちの方に向けて、

後ろ向きな自分とさよならする方法を4個ご紹介します。

 

後ろ向きな自分とさよならする方法4個

方法1:前向きに走る

1つ目の方法は、前向きに走る(ジョギング)。

 

私が色々試した方法の中で絶対に欠かせないのが「前向きに走る(ジョギング)」で、

これをコツコツ続けていると「前向きになってきた」と感じる瞬間が必ず訪れます。

 

どれだけ本気で「前向きになりたい!」と思っても、なかなか難しいのが実際のところで、

そうした時にその「考え方を変える」高い壁は意外にも「前向きに走る」ことで突破でき

しかも一見すると遠回りに見えて実はかなり近回り・最短ルートで効果は一生モノです。

方法2:前向きに笑う

2つ目の方法は、前向きに笑う。

 

「前向きに笑う」というのは、「楽しい話題・楽しい冗談で、しっかり笑う」ことで、

静かに笑うタイプの私はこれを実践することで「前向きへの変化」に弾みがつきました。

 

実際「前向きに笑う」ことには、先ほどの「前向きに走る」ことの効果と重複する

「免疫力アップ」「脳の活性化」「自律神経のバランス」「幸福感」などの効果があるとされ、

それらが「前向きに走る」で作った土台をより強固にしながら勢いを加速させてくれました。

 

方法3:前向きな言葉を選ぶ

3つ目の方法は、前向きな言葉を選ぶ。

 

「前向きな言葉を選ぶ」というのは、

普段の生活の中の「考える」「話す(発言)」「書く」「読む」「聞く」場面において、

意識的に「積極的・強気・プラス思考」寄りの言葉を選択することです。

 

後ろ向きな考え方をしている時は、どうしてもそれを反映して言葉も後ろ向きになりがちなので、

後ろ向きな言葉を避けて前向きな言葉を選び抜くことで、考え方を前向きルートへと導きます。

方法4:前向きに行動する

4つ目の方法は、前向きに行動する。

 

「前向きに行動する」というのは、仕事・勉強・趣味・恋愛などにおいて「~したい」「こうありたい」と思った時に、

できない理由を探してその気持ちにフタをしてしまわずに、できることから少しずつ行動に移すことです。

 

「消極的・弱気・マイナス思考」になっている時、それに従って断念していたら負のスパイラルにはまるので、

とりあえずの気持ちで行動に移すことで、まずは「前向きな第一歩を踏み出した」という貴重な成功体験を獲得します。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、後ろ向きな自分とさよならする方法をご紹介しました。

 

後ろ向きな自分とさよならする方法4個

  1. 前向きに走る
  2. 前向きに笑う
  3. 前向きな言葉を選ぶ
  4. 前向きに行動する

 

ごく自然に後ろ向きな考え方をしてしまう人が、

ごく自然に前向きな考え方をするように変わるのは簡単ではありません。

 

簡単ではありませんが、

自分に合った方法を知ってコツコツ続けていけば変わることができますから、

ご紹介した方法の中にピンとくるものがあればぜひ手に取ってみてください。

 

最後にこちらの記事では、落ち込んだ心を癒す対処法をご紹介していますので、

もし今現在落ち込んだ時の対処法をお持ちでなければあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。