上っ面だけの人間のペラペラ特徴5個!上っ面の付き合いとは?

 

あなたの周りには「上っ面だけの人間」はいますか?

 

人付き合いにおいては大なり小なり「上っ面」が必要ですが、

感じの良さに反して全然違った本心を感じさせる人です。

 

「感じのいい人だけど上っ面だけという気がする」

「本当はどう思っているんだろう?」

 

もちろん何を「上っ面」と感じるかは人それぞれ違いますが、

「上っ面だけの人間」にはある程度共通する特徴があるようですね。

 

そこで今回は、友達や恋人とも上っ面だけで付き合う

上っ面だけの人間の特徴をご紹介します。

 

スポンサーリンク

上っ面だけの人間の特徴5個

特徴1:本音を言わない

1つ目の特徴は、本音を言わない。

 

普段一緒に楽しく過ごしていても、実は本音では話しておらず、

基本的に人の気に入るような話ばかりするタイプです。

 

  • 本音を言わない
  • 嘘はつかないが本音も言わない
  • 人の気に入るような話が多い
  • 人に合わせることが多い
  • 無難な発言が多い
  • 深い話(個人的な話、悩み、相談)はしない
  • 深い話になるのを避ける
  • 人のために厳しいことは言わない

 

一見すると明るく優しくオープンな雰囲気ですが、

心の中では確実に一線を引いて付き合っている人。

 

そのため、たとえ話の流れでも深い話になると「えっ?」と笑顔が崩れたり、

嫌われるリスクをおかしてまで人のために厳しいことは言わないもの。

特徴2:言ったことを忘れる

2つ目の特徴は、言ったことを忘れる。

 

口ではいいことを言いながら、それを忘れて実行しないタイプ。

 

  • 言ったことを忘れる
  • 指摘されても実行しない
  • 意見がコロコロ変わる

 

自分の発言に責任を持っておらず、誠実さも欠けているので、

少し時間が経ったら言ったことをすっかり忘れてしまうのです。

 

さらには、忘れていることを指摘されてもなお、うやむやにする人も。

 

やはり「言葉と行動が一致している」ことは、信頼できる人物か?誠実な人柄か?

そして深く付き合うつもりがあるか?を判断する重要なポイントになるでしょう。

特徴3:無関係を装う

3つ目の特徴は、無関係を装う。

 

普段自分から「いつでも力になるよ!」など口当たりのよい言葉を並べながら、

いざ力を貸して欲しい時がくると打って変わって無関係を装うタイプです。

 

少しでもこちらの立場が悪くなると、まるで他人のような顔をするのがこのタイプ。

そして、問題が解決したのを見計らって、しれっと戻ってくるのも結構あるある。

 

  • 無関係を装う
  • しれっと戻ってくる

 

結局のところ、普段「いい人」風に振る舞ったり「協力姿勢」を見せるのは、

完全にノリだけもしくは全部自分のためなのでしょう。

 

恋愛関係で言うと、「一番そばにいて欲しい時に離れてしまう人」ですね。

特徴4:仲のいい人の陰口を言う

スポンサーリンク

4つ目の特徴は、仲のいい人の陰口を言う。

 

普段仲良くしている風なのに陰では悪く言っているタイプ。

 

  • 陰では悪く言っている
  • 打ち明け話を広める
  • ある時急に仲間はずれにする

 

自分の立場を守るために好きでもない人(嫌いな人)と表向きは仲良くして、

裏では陰口を叩いたり、タイミングを見て仲間はずれにしてしまう人です。

 

つまり自分のために悪意を含んだ上っ面の関係しか築けない人なので、

またすぐに別のターゲットを見つけて同じことを繰り返すのでしょう。

特徴5:笑顔の裏を感じさせる

5つ目の特徴は、笑顔の裏を感じさせる。

 

上っ面だけの人間に共通する特徴として、ぱっと見た印象ではニコニコして感じが良いのに、

「実は目が笑っていない」「話し終わるとふっと無表情になる」といったものがあります。

 

  • 目が笑っていない
  • ふっと無表情になる
  • 張り付いたような笑顔

 

本人としては「感じのいい人」を演出できているつもりでも、

笑顔の裏の本心は「目」や「ふとした表情」に表れていて、

それはなんとなくでも確実に相手の心に引っかかるもの。

 

「目は口ほどに物を言う」ということわざがある通り、

いくら笑顔や言葉で外見を飾っても目には本心が表れます。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、上っ面だけの人間の特徴をご紹介しました。

 

上っ面だけの人間の特徴5個

  1. 本音を言わない
  2. 言ったことを忘れる
  3. 無関係を装う
  4. 仲のいい人の陰口を言う
  5. 笑顔の裏を感じさせる

 

周囲の人間から「上っ面だけだな」と思われる人というのは、

感じが良くてもこうした特徴を持っているということでした。

 

表面的に取り繕っているだけで心がこもっていないのが伝わってきますね。

 

もしこうした人が身近にいたら、同じように「上っ面」で対応するのが

お互いにとって良いことなのかなという気がしています。

 

こちらの記事では、似たところがあると感じるけれども全然違う

ドライな人の特徴をご紹介していますのであわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。