うざい人の特徴55個と対処法6個!黙らせる一言も必要?

 

不思議なことにうざい人というのは

どんな場所にもたいてい一人は存在するもの。

 

あなたの職場や友達にも「うざい人」はいませんか?

 

職場の上司、先輩、同期、後輩、お局様がうざい。

プライベートでも友達がうざい、趣味仲間がうざい、ママ友がうざい。

 

ホントうざくてストレスが溜まりますよね。

特に職場だと逃げ場がないので、

自分なりの対処法で上手くやり過ごす必要があります。

 

そこでこの記事では、

うざい人の特徴を55個リストアップしていき、

具体的な対処法(心の持ち方、実対処法)を6個ご紹介します。

 

スポンサーリンク

うざい人の具体的な特徴55個

うざい人の具体的な特徴55個

 

まず、「うざい」というのは「うざったい」の略であり、こういった意味を持ちます。

 

  • うっとうしい
  • わずらわしい
  • うるさい
  • 面倒臭い

 

そしてこういった人に共通する特徴は、

自分中心で相手の気持ちを考えない、

もしくは相手の気持ちに鈍感であるということ。

 

相手の気持ちを考えないのでうざい。

相手の気持ちを考えてはいるものの鈍感でズレているのでうざい。

さらにわざとうざいことをする意地悪な人もいます。

 

こういった人達は具体的に

どんなうざいことをして私達を困らせてくるのでしょうか?

 

それを55個ピックアップしたので、あるあるネタとしてご覧ください。

 

  1. 話題が噂や悪口、愚痴ばかり
  2. 本人に聞こえるように悪口を言う
  3. 周囲を巻き込んで悪口を言う
  4. 悪口をわざわざ報告してくる
  5. 話を誇張して言いふらす
  6. 自分の事は棚に上げて、他人には厳しい
  7. マウンティングしてくる
  8. 上から目線のアドバイスをしてくる
  9. 自分の価値観や都合を押し付けてくる
  10. 勝手に決めつけてくる
  11. すぐに調子に乗る
  12. すぐに否定する
  13. 人の揚げ足を取る
  14. 口癖がネガティブ
  15. 被害妄想が激しい
  16. 舌打ちをする
  17. いちいち見てくる
  18. 文句は言うのに自分は絶対に動かない
  19. 人を誘導して誘わせようとする
  20. 人によって態度を変える
  21. 手のひら返しをする
  22. 話題が「他人」のことばかり
  23. 一方的に話し続ける
  24. 何回も同じ話をしてくる
  25. 話をかぶせてくる
  26. 人の話を聞かない
  27. やたら詮索してくる
  28. 詮索するくせに自分のことは一切話さない
  29. やたら自慢する
  30. やたら仕切る
  31. やたら声が大きい
  32. やたら生活音が大きい
  33. やたら馴れ馴れしい
  34. やたら細かい
  35. やたら下手に出る
  36. 物知りアピールをしてくる
  37. 友達・人脈アピールをしてくる
  38. 幸せアピールをしてくる
  39. 忙しいアピールをしてくる
  40. 頑張ってるアピールをしてくる
  41. 体調悪いアピールをしてくる
  42. かまってちゃん
  43. 察してちゃん
  44. クレクレ厨(何でもかんでも物乞いする)
  45. お金にがめつい
  46. 機嫌の良し悪しを仕事に持ち込む
  47. 「は?」と聞き返す
  48. 「だーかーらー」と言う
  49. 「そんなことも分からないの?」と言う
  50. なんでも「一緒にやろう」と言う
  51. 時間を考えずラインを連投してくる
  52. 親しくもないのにグループラインに巻き込む
  53. ちょっとしたことですぐに謝ってくる
  54. ゴメンと言えば何でも許されると思っている
  55. 頑なに謝らない

 

いかがでしょうか。

あなたの周りのうざい人に当てはまる部分はありましたか?

 

こうした人達から自分自身を守るためには、

どう対処していけば良いのでしょうか?

うざい人に対する対処法6個

うざい人に対する対処法6個

 

対処法は「心の持ち方編」3個と「実対処編」3個

計6個をご紹介していきます。

心の持ち方編

スポンサーリンク

心の持ち方1:「うざい人」認定されている

職場などあるコミュニティーにうざい人がいる場合、

ほぼ間違いなく「うざい人」認定されているもの。

 

上辺はどうあれ心の中では皆

「こいつうざいな~」と思っているのです。

 

この通り人望など皆無なので、

長い目で見た時に心が通った仲間はいなくて、

職場で評価されることもないでしょう。

 

そう考えると、

なんだかとってもかわいそうな人だと思えてきませんか?

心の持ち方2:魂の年齢が低い

私はスピリチュアルな知識は全くありませんが、

「魂の年齢」というものはあると感じています。

 

魂の年齢というのは、精神的な成熟度。

 

そしてうざい人は魂の年齢がかなり低いのではないか

大真面目に思っています。

 

まだ魂の年齢が低い精神的に未熟な存在ですから、

うざい言動を繰り返してしまう。

 

体は大人なのに精神的には分別のつかない子供なんですよね。

 

そのため精神的にも大人であるあなたは、

「子供なんだから仕方ないよな~」といった形で

大目に見てあげましょう。

心の持ち方3:完璧な人はいない

人間関係で悩んだ時には、

「完璧な人はいない」という事実を再認識することも大事です。

 

あなたの職場の優秀な上司だって完璧ではありませんし、

もちろん私も完璧ではありません。

多分あなたもまだ完璧ではないでしょう。

 

そのためうざい人がいた時には、

「自分だって完璧じゃないしな~」

「自分にもうざいところはあるかもしれないな」

寛容になって、自分を見直してもいきたいものです。

 

そうすることによって、あなたの心は少し楽になっていき、

人間的にも成長することができますから。

実対処編

ここまで「心の持ち方編」ということで、

心の持ち方を変えていく方法をご紹介してきました。

 

続けて「実対処編」ということで、

実際にうざい人に対峙した時の態度をご紹介します。

実対処法1:毅然とした態度をとる

うざい人は性格がよろしくないことが多いので、

下手に出るとつけあがります。

 

「こいつなら大丈夫だ」と思われてしまい、

どんどんうざい言動はエスカレートしていく。

 

そのためうざい人に対する基本姿勢は毅然とした態度。

うざいことをしてきても、弱みを見せてはいけません。

 

例えば、胸を張って背筋をピンと伸ばし、無表情で冷めた目で見ることによって

不快感や屈しない気持ちを見せていきます。

実対処法2:心を満たしてあげる

うざい言動を取る原因の一つは、承認欲求の現れだと考えます。

 

誰かに(あなたに)認めて欲しいからちょっかいを出す。

誰にも認めてもらえずあなたに嫉妬しているから意地悪をする。

誰にも認めてもらえない人生に不満を抱えているからはけ口にする。

 

ということは、不本意かもしれませんが、

そういった心の隙間を埋めてあげるというのも

一つの対処法になります。

 

相手をよく観察して、何を求めているのかを見極める。

そしてそれを満たす言葉を与えてあげる。

 

多くの場合は「認めて欲しい」という気持ちが根底にあるので、

モテるための基本といわれる「女性のさしすせそ」を駆使するのも良いでしょう。

 

  • 「さ」:流石ですね。
  • 「し」:知らなかった!
  • 「す」:すごいですね。
  • 「せ」:センスがいいですね。
  • 「そ」:そうなんですか!

 

そうして相手を満たしてあげれば、

うざい言動が少しはマシになったり、

あなたのファンになる可能性すらあるでしょう。

実対処法3:黙らせる一言を用意する

うざい言動がエスカレートした時に備えて、

事前に黙らせる一言を用意しておくことも大切。

 

毅然とした態度でいて、

それでもうざい言動を取ってくるなら100%意地悪心によるもの。

 

そうであれば、黙っている必要はありません。

職場など周囲に人がたくさんいる時にうざいことをされた場合は、

その場で「黙らせる一言」を繰り出して黙らせましょう。

 

事前に用意しておくことによって、

すぐに黙らせる一言が口から出てきます。

 

「あなた何なんですか?」

「あなたうざい人ですか?」

「暇なんですか?」

「そんなことして恥ずかしくないですか?」

「これはあなたの趣味ですか?」

「SNSに投稿しますよ?」

「僕、うざい人苦手なんですよ。」

「本当に迷惑しています。」

 

黙らせる一言を繰り出す時には、

真顔で普通のテンション、

もしくは丁寧な物言いをしてください。

 

そうすることで不快度の高さを示すことができますし、

感情的になってしまってはつけ入る隙を与えてしまいますから。

 

さらに言うと、相手が回答に詰まるような質問を投げかけることによって、

完全に相手を黙らせてその場を収めることができます。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、うざい人の特徴を55個リストアップしていき、

具体的な対処法を6個ご紹介しました。

 

うざい人に対する対処法6個

  • 心の持ち方1:「うざい人」認定されている
  • 心の持ち方2:魂の年齢が低い
  • 心の持ち方3:完璧な人はいない
  • 実対処法1:毅然とした態度をとる
  • 実対処法2:心を満たしてあげる
  • 実対処法3:黙らせる一言を用意する

 

あまりにうざいと「仕返ししたい!」「こらしめたい!」「キツイことを言いたい!」

と思ってしまいますが、それはやめた方があなたのため。

 

そうしてしまうと結局うざい人と同じレベルになってしまいますから。

そうではなくて、なるべく関わらない方向へ持っていく。

 

向こうから関わってきた時には毅然とした態度でいて、

密かに黙らせる一言も用意しておく。

 

また、心の持ち方編でご紹介した通り、

心の持ち方を変えていくことも大切です。

 

自分の考え方が変わると感じ方も変わりますから。

 

うざい人のせいでイライラしているあなたは、

この中で役に立ちそうなもの、

合いそうなものがあれば是非試してみてくださいね。

 

一緒にうざい人を撃退していきましょう!

 

また、悪口ばかり言う人がいて困っている場合には、

以下の記事もあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。