悪口を言う人・悪口ばかり言う人が職場や学校にいて困る時の対処法4個!

 

「職場や学校に人の悪口を平気で言う人がいる」

「悪口なんか聞きたくないし、その姿を見たくもない」

「もしかしたら自分も言われているかも・・」

「悪口ばかり言う人とはどう付き合えばいい?」

 

この記事では、こうした「悪口を言う人が身近にいて困る」お悩みをお持ちの方に向けて、

「付き合い方」「基本姿勢」「会話内容」「悪口を言われた時の対処法」の4つをご紹介します。

 

悪口を言う人がいて困る時の対処法4個

付き合い方:精神的・物理的に距離を置く

職場や学校に平気で人を悪く言う人がいたら、

精神的・物理的にしっかり距離を置きます。

 

彼らと一緒にいると気分だけでなく性格も悪影響を受けて、貴重な時間を無駄に消費し続けて、

周りから同じグループの人間だと思われるので、明確な境界線を引いて守ることが大切です。

 

まず精神的に距離を置くためには、「別の世界で生きている人」「満たされていない人」といった見方をしていき、

次に物理的に距離を置くためには、「お誘いは感謝しつつ断る」「自分の用事・評価に関わる時だけ」といった対応をしていきます。

基本姿勢:堂々とする・仲間を作る・結果を出す

悪口を言う人が身近にいたら、自分の身を守るためにも、

「堂々とする(言うべきことがあれば、相手に敬意を払いつつ、しっかり伝える」

「周りの人と広く適度な距離感で付き合う、グループに所属する」

「結果を出す(主に仕事で、平均以上の)」ことが大切です。

 

「どこか自信なさげで、悪口を真に受けて傷つき、我慢し続ける人」

「基本一人でいて、誰にも相談しなさそう・相談できなさそうな人」

「求められている結果を出していない人」というのは悪口のターゲットになりやすいので、

今後自分がターゲットにされないためにも、この3点は改めて押さえておきたい所です。

会話内容:無難な話題にとどめる・いいところを見つけて褒める

悪口を言う人と会話する際には、

「無難な話題(天気、ニュース、軽めの趣味)にとどめて重要な話(プライベート、個人情報、悩み)はしない」ことで身を守ることが大切で、

今より関係を良くしていきたいなら「相手のいいところを見つけて褒める」ことが有効です。

 

まず無難な話題にとどめる理由は主に2つあって、1つ目は「悪口を言う人は口が軽いので、悪気がなくても形を変えて広めるから」

そして2つ目は「悪口を言われる番が自分に回ってきた時に、以前何気なく話した内容を使われてしまうから」です。

 

次に相手のいいところを見つけて褒める理由は主に2つあって、1つ目は「人は自分を認めてくれる人を認める傾向があるから」

そして2つ目は「悪口ばかり言う人は、実は他の誰よりも他人からの承認を欲しているから」です。

悪口を言われて困る:周りの人に相談する

もし自分に「悪口を言われる番」が回ってきてしまったら、

エスカレートする前に周りの人に相談することが大切です。

 

そのままにしておくと、「この人なら、これくらいなら大丈夫」というふうに反応を確かめながらエスカレートするので、

1度や2度ではなくおかしいと思ったら、「管理者(上司、先生)」「家族」「仲間」等に相談することが大切です。

 

相談しようと思っても、「迷惑がかかる」「恥ずかしい」という気持ちがそれを止めることもありますが、

あなたの大切な人なら、「迷惑ではない。恥ずかしいことではない。心から力になりたい」と思うので心配ありません。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、悪口を言う人がいて困る時の対処法をご紹介しました。

 

悪口を言う人がいて困る時の対処法4個

  1. 付き合い方:精神的・物理的に距離を置く
  2. 基本姿勢:堂々とする・仲間を作る・結果を出す
  3. 会話内容:無難な話題にとどめる・いいところを見つけて褒める
  4. 悪口を言われて困る:周りの人に相談する

 

残念ながら、他人を平気で傷つけてしまう悪口を言う人は一定数存在するので、

人生の早い段階で「自分が納得できる」「自分に合う」対処法を見つけておくに越したことはありません。

 

この記事がそのためのきっかけになれば幸いです。

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。