職場で悪口ばかり言う人に効く6つの対処法!

 

職場で悪口ばかり言う人・・。

どの職場にもこういった迷惑な人はいますよね。

 

悪口というものは、言っている本人は良くても

まともな人からするとものすごく気分が悪くなります。

ストレスが積み重なると精神的に病んでしまうことも。

 

私が新卒入社した会社のとあるグループでも、

グループ内のAさんがいない時にはAさんの悪口を、

BさんがいなくなるとBさんの悪口をはじめるというのが普通にあり、

真剣に人間不信になりかけました。

 

「あんたら仲良しじゃないのか!おい!」

 

私は生真面目な性格からか免疫がないからか、

そういった人間の負の部分を無条件で拒絶してしまいました。

 

しかし社会で生きていくためには、そうも言っていられません。

自分なりの方法で対処していく必要があります。

 

そのため今回は、

そういった時に私が実践して効果を感じた6つの対処法についてお話しします。

 

スポンサーリンク

職場で悪口ばかり言う人に効く6つの対処法

職場で悪口ばかり言う人に効く6つの対処法

対処法1:悪口から遠ざかる

職場でしかも身近に悪口を言う人がいると、

完全に遮断することは難しいです。

 

ただ、それでも悪口から遠ざかることはできます。

例えば、同じ部署内で悪口がはじまったら精神的に距離を置いて、

一切それに参加しません。

 

もし巻き込まれそうになったら、

「よく分からないです」「そうなんですか?」といった形でいなしていきます。

少しでも参加しようものなら、悪口の発信者にされかねないですしね。

 

休憩中や昼食中に悪口がはじまったら、

頃合いを見て立ち去ることもできるでしょう。

 

悪口からは精神的、物理的に距離を置くことで、

心を平和に保ち、揉め事に巻き込まれなくて済みます。

対処法2:心の底から同情する

悪口を言う人を闇を抱えており、それを自己消化できない人です。

 

例えば、趣味や運動により発散したり、

自分を振り返って成長につなげることもできないので、

自分より「下」を見つけて嘲笑うことで発散しているのです。

 

悪口を言うことで生産性のないグループを作り、

共存している人達とも言えるでしょう。

 

いずれにしても、非常に程度の低い人間ですよね。

そして悪口を言う原因はその人にあるので、

あなたには何も関係はありません。

 

そういった人間の末路も知れたものです。

今現在は利害関係などもあって周りに人がいたとしても、

信頼や絆というものが無いので、少しのことで離れていきます。

 

そのため悪口を言う人は、とーってもかわいそうな人。

人は幸せになるために生まれてきているのに、

自分からその逆を目指して進んでいるのです。

 

人間的に成熟しているあなたは、

「かわいそうに・・」と心の底から同情してあげてくだい。

対処法3:自分を鍛えるチャンスだと捉える

悪口ばかり言う人は、「悪口を嫌う人を嫌う」ようなひねくれ者。

それにいつターゲットにされるかも分からないので、

その中でも生きていく力を身に付ける必要があります。

 

そのため、職場に悪口ばかり言う人がいることを

自分を鍛えるチャンスだと捉えるのも1つ。

 

悪口を言わない、それが嫌いなあなたは誠実な人間です。

 

誠実な人間ですので気にせず堂々としていればよいのですが、

優しさゆえに難しければこの機会を利用して悪口に対する耐性を作っていくのです。

悪口に対する耐性ができてくると、少しずつ気にならなくなります。

 

例えが良くなくて恐縮ですが、

ドラゴンボールZの精神と時の部屋に慣れていく感じでしょうか。

 

そうして堂々といられるようになった時、

あなたは人の痛みが分かる優しさと

悪い人間に負けない打たれ強さを持った最強の存在になっています。

対処法4:尊敬できる部分を探す

スポンサーリンク

人の悪口を言うことは程度の低いことなので、

全く尊敬に値しません。

 

ただ、そういった人の中にも、

何か1つくらい尊敬できるところはあるはず。

(たぶん・・)

 

そういったところを見つけて自分に取り入れていきます。

 

そうすることによって、

相手を見る目が少し穏やかになり、自分の成長につなげることもできる。

そんな自分を好きにもなれるでしょう。

 

苦しい中でこの考え方をしていくのは大変ですが、

だからこそ得られるものは大きいです。

 

1つでも尊敬できるところを見つけて自分に取り入れていく。

尊敬する気持ちを相手に示していければもっと良いでしょう。

 

人から尊敬されて嫌な気分になる人はいないはずなので、

色々なことが好転していくかもしれません。

対処法5:雰囲気の良い職場を作る意識を持つ

人が集まると、その中には多かれ少なかれ悪口を言う人が混じっています。

この事実は変えようがありません。

 

ただ、雰囲気の良い職場を作る意識を持つことはできます。

 

例えば、あなたのような誠実な社員が

「ありがとう」「ごめんなさい」といった言葉を積極的に使いはじめる。

いつも笑顔と前向きな姿勢を保ち、人を助け応援する。

 

そうすれば、おのずと同じタイプの人が集まるので、

少しずつ悪口は減っていき、雰囲気も良くなっていくもの。

 

私も2つの職場とスポーツクラブでこれを実践したところ、

いずれも1、2ヶ月でプラスの影響があったので是非お試しください。

(スポーツクラブの雰囲気はもともと良かったですよ。笑)

 

こうして良い雰囲気が出来てくると、良い人材が定着していき、

また良い人材が集まってくれるようになります。

 

他にも、良い職場作りについての案があれば、

上司に提案するのもよいですし、もし聞いてもらえなければ

今以上に発言権、決定権がある立場を目指していくのも1つです。

対処法6:働く場所を変える

もし悪口ばかり言う人のせいで精神的に病んでしまうようであれば、

働く場所を変えることも1つの対処法だと私は思います。

 

働く場所を変えるというのは、転職はもちろん異動

そして個人事業主だって選択肢の1つです。

 

自分には全く非がないのに迷惑な人のせいで職場を去るとなると、

「逃げ」「負けた」「どこに行っても同じことの繰り返し」

と考えてしまいがち。

 

しかし、実際に人間関係で苦しんで退職し、

無職時代を経て再就職した私からすると、そんなことはありません。

 

なぜなら、自分を守るため、自分が幸せになるための「積極的行動」なのですから。

それに再就職した会社では、前職よりも悪口を言う人はかなり少なく、

わりと人間関係には恵まれています。

 

たとえ周囲から「負け」だと言われても、負けで結構!

一度きりの人生、世間体など気にせず

自分自身がより良い人生を歩んでいける選択をすれば良いのです。

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回は、職場の悪口で苦しんできた経験を踏まえて、

職場で悪口ばかり言う人に効く6つの対処法をご紹介しました。

 

  • 対処法1:悪口から遠ざかる
  • 対処法2:心の底から同情する
  • 対処法3:自分を鍛えるチャンスだと捉える
  • 対処法4:尊敬できる部分を探す
  • 対処法5:雰囲気の良い職場を作る意識を持つ
  • 対処法6:働く場所を変える

 

この中で参考になりそうなもの、あなたに合いそうなものがありましたら、

是非実践して自分を守ってあげてください。

 

最後になりますが、悪口を言わない、それで苦しんでいるあなたは素晴らしい人間です。

人間として非常に大切なことですから、自信だけは必ず持ってください!

 

関連記事:職場で密告者から陰口を聞いてしまった時に効く対処法6選