夜眠れない時はどうしたらいい?夜なかなか眠れない時の対処法10選。

 

「夜、なかなか眠れない」

「疲れているのに眠れない」

「あれこれ考えてしまって眠れない」

「眠れなくてイライラする」

「今日も朝から仕事なのに・・」

 

このように、眠ろうと思って布団に入ってもなかなか眠れず、

その状態に終わりが見えないのは本当に辛いことです。

 

ですから、この記事では実際に私にかなり効果があった

夜なかなか眠れない時の対処法を10個ご紹介します。

 

スポンサーリンク

夜なかなか眠れない時の対処法10選

対処法1:無理に眠ろうとしない

1つ目の対処法は、無理に眠ろうとしない。

 

眠れない時に無理に「眠ろう、眠ろう」とすると、

焦ってイライラして眠りから遠ざかる一方なので、

ここは「無理に眠ろうとしない」選択をします。

 

  • 無理に眠ろうとするのは逆効果
  • 無理に眠ろうとしない
  • 眠くなったら寝ればいい

対処法2:開き直って起きる

2つ目の対処法は、開き直って起きる。

 

たとえ無理に眠るのをやめても、暗い部屋の中でじっとしていると、

嫌なことが頭に浮かんできて、そこからイライラすることもあるので、

ここは開き直って起きてしまい、リラックスするようにしています。

 

  • 開き直って起きる
  • 部屋を明るくする
  • 心と体をリラックス

対処法3:深呼吸をする

3つ目の対処法は、深呼吸をする。

 

深呼吸を繰り返し行うとリラックスできるので、

ベッドから起き上がった時にゆっくりと大きく、

10回くらい深呼吸をすることも実践しています。

 

  • 深呼吸するとリラックスできる
  • ストレスを緩和する効果もある

対処法4:温かい飲み物を飲む

4つ目の対処法は、温かい飲み物を飲む。

 

温かい飲み物を飲むと深部体温(体内の中心部分の温度)が上がり、

それが自然に下がって元に戻ろうという時に眠気が訪れるものなので、

体温より少し温かい40~50度くらいの白湯を飲むこともあります。

 

  • 温かい飲み物を飲むと深部体温が上がる
  • 深部体温が下がって元に戻る時に眠気が訪れる
  • 温かい飲み物:白湯やホットミルクなど
  • 温度の目安:体温より少し温かい40~50度くらい
  • 注意点:カフェインを含む飲み物(コーヒー・緑茶・紅茶)は避ける

対処法5:好きな芸能人のブログやSNSを見る

5つ目の対処法は、好きな芸能人のブログやSNSを見る。

 

好きな芸能人のブログやSNSを見ると、その存在や笑顔から必ず元気と癒しをもらえるので、

好きな芸能人の近況・写真・動画をゆっくり見ることも、眠れない夜に効く特効薬です。

 

  • 必ず元気と癒しをもらえる
  • その世界に入り込み、穏やかな気持ちになる

対処法6:思いっきり笑う

スポンサーリンク

6つ目の対処法は、思いっきり笑う。

 

「笑う」ことにはスッキリ・ストレス解消効果があり、それは眠りにつくのを手伝ってくれるので、

夜中であることは一旦忘れて、お気に入りのお笑い作品を見て思いっきり笑うこともあります。

 

  • 「笑う」ことでスッキリして眠りやすくなる
  • 最近思いっきり笑っていない場合に特に有効

対処法7:1日のスケジュールを確認する

7つ目の対処法は、1日のスケジュールを確認する。

 

この時間を使って1日のスケジュールを確認し、1日の行動を頭の中でシミュレーションすると、

意外なほどそれに集中できて、どこかのタイミングで電池が切れたように急に眠くなります。

 

  • 1日のスケジュールを確認する
  • どこかのタイミングで急に眠くなる
  • 効率的・確実に行動できる

対処法8:ストレスや不安を紙に書き出す

8つ目の対処法は、ストレスや不安を紙に書き出す。

 

心の中の「ストレス」や「不安」、あるいは夜眠れないことの「イライラ」を紙に書き出し、

それをビリビリに破いてゴミ箱に捨てることで、マイナス感情を手放せて心の霧が晴れます。

 

  • ストレスや不安を紙に書き出す
  • 紙をビリビリに破いてゴミ箱に捨てる
  • マイナス感情を吐き出し手放す
  • 感情的に書きなぐる・破り捨てるとより効果的

対処法9:感動の涙を流す

9つ目の対処法は、感動の涙を流す。

 

作品に共感して「感動の涙」を流すと心が癒されてとてもスッキリするので、

心のデトックスを図る気持ちで感動の涙を流せる作品を見ることもオススメ。

 

  • 「感動の涙」を流すと心が癒される
  • 「悲しみの涙」よりも癒し効果が高いとされる
  • 「悲しみの涙」+「感動の涙」という方法も

対処法10:軽く汗ばむくらいの運動を行う

10個目の対処法は、軽く汗ばむくらいの運動を行う。

 

軽く汗ばむくらいの運動を行うことによって、スムーズに眠りに入ることができるとされており、

実際に私は軽めのジョギングを続けることで、寝付きと睡眠の質の両方をだいぶ改善できました。

 

  • 軽く汗ばむくらいの運動
  • 軽めのジョギングなど
  • 寝付きと睡眠の質の両方を改善

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、夜なかなか眠れない時の対処法をご紹介しました。

 

夜なかなか眠れない時の対処法10選

  1. 無理に眠ろうとしない
  2. 開き直って起きる
  3. 深呼吸をする
  4. 温かい飲み物を飲む
  5. 好きな芸能人のブログやSNSを見る
  6. 思いっきり笑う
  7. 1日のスケジュールを確認する
  8. ストレスや不安を紙に書き出す
  9. 感動の涙を流す
  10. 軽く汗ばむくらいの運動を行う

 

最後にこちらの記事では、

頑張りすぎない生き方をする方法を5個ご紹介していますので、

「最近は特に頑張りすぎかな」という方はぜひご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。