有意義な時間って一体何?有意義の意味と有意義な休日の過ごし方3つ!

 

「有意義な時間」

「有意義に過ごす」

「有意義な休日の過ごし方」

 

日常生活において「有意義な時間」「有意義に過ごす」という言葉を使うことがありますが、

それでは例えば「有意義な休日の過ごし方」とは一体どんな過ごし方を指すのでしょうか?

 

この記事では、「有意義」の意味と有意義な休日の過ごし方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

「有意義」の意味

まずはじめに、「有意義」の意味を確認します。

 

「有意義」とは、「意味や価値のあること」であり、

誰にとって意味や価値のあることなのかというと、

それは「自分自身(私・私達)にとって」です。

意義のあること。意味・価値のあること。また、そのさま。

出典:weblio辞書

ですから、「有意義な時間」というのは「自分自身にとって意味や価値のある時間」であり、

それはつまり個人の感じ方や価値観の話なので、正解は人の数だけ存在します。

 

実際に「有意義な時間」を使うシーンとしては、例えば、

休日がどうだったかを同僚に話すシーンや講演会終了後に講師にお礼を言うシーン、

そして別れ際に挨拶をするシーンが挙げられます。

 

  • 有意義・・(自分自身にとって)意味や価値のあること
  • 有意義な時間・・(自分自身にとって)意味や価値のある時間
  • 使い方の例・・(私にとって)有意義な時間でした、(あなたにとって)有意義な時間を過ごしてね

有意義な休日の過ごし方3つ

スポンサーリンク

「有意義」の意味を確認したところで、

次は有意義な休日の過ごし方を見ていきます。

 

先ほどお話しした通り、「有意義な時間」の正解は人の数だけ存在しますが、

ここでは「1. 何もしない」「2. やりたいことをやる」「3. すべきことをする」の3つに分けて、

それを組み合わせた7つの過ごし方(1、2、3、12、13、23、123)が存在するとします。

その1:何もしない

1つ目の有意義な休日の過ごし方は、何もしない。

 

特に何もしないで過ごす時間、何も考えずにぼーっと過ごす時間、

ひたすら寝て過ごす時間に大きな価値を感じているケースです。

 

人間には義務感から解放された心と体を休める時間が必要ですし、

「どれだけその時間が必要なのか?」「静タイプか動タイプか?」、

そして「今現在の心身の疲れ具合」も人によって様々。

 

ですから、何もしないで過ごすことが一番のリフレッシュ法になっている方や、

ベッドでゴロゴロして過ごすことで月曜日に最高のスタートを切れる方も多く、

そうした方にとっては「何もしない時間」が「贅沢・幸せ・充電の時間」です。

その2:やりたいことをやる

2つ目の有意義な休日の過ごし方は、やりたいことをやる。

 

趣味や勉強など、今の自分が心からやりたいことをやる時間、

熱中して楽しめる時間を価値ある時間だとするケースです。

 

例えば、人との交流、ショッピング、スポーツ、旅行などアクティブに行動する時間、

自宅で漫画、アニメ、ドラマ、映画、ゲームなどの世界観やストーリーを楽しむ時間、

勉強や読書、ランニング、筋トレに自発的に取り組むことで能力アップを図る時間など様々。

 

休日の楽しみがあると、それに向けて仕事のモチベーションもグッと上がるものですし、

休日が充実していたら、月曜日からアクセル全開で仕事に取りかかれるというものです。

その3:すべきことをする

3つ目の有意義な休日の過ごし方は、すべきことをする。

 

「休日にすべきこと」を休日のうちにきっちり済ませることで、

気持ちが身軽になっていく快感と達成感を得ているケースです。

 

例えば、朝早く起きて午前中に掃除や洗濯を済ませ、昼頃には食料品の買い出しに出かけ、

その後で荷物を送るために窓口に行き、夕方からは頼まれごとに取りかかるという過ごし方。

 

すべきことが溜まっていくと、それにともなって気分が重くなったりプチストレスになりますが、

すべきことを一つ一つ片付けていくと、一緒に気分も軽くなってプチ達成感も味わえるものです。

まとめ

いかがでしょうか。

 

この記事では、「有意義」の意味と有意義な休日の過ごし方をご紹介しました。

 

「有意義」の意味

  • 有意義・・(自分自身にとって)意味や価値のあること
  • 有意義な時間・・(自分自身にとって)意味や価値のある時間
  • 使い方の例・・(私にとって)有意義な時間でした、(あなたにとって)有意義な時間を過ごしてね

有意義な休日の過ごし方3つ

  1. 何もしない
  2. やりたいことをやる
  3. すべきことをする

 

「有意義な時間」は人の数だけ存在しますから、

自分にとっての有意義な時間を大切にしながら、

他人にとってのそれも十分尊重したいものです。

 

最後にこちらの記事では、退屈な毎日を今日から変える方法をご紹介していますので、

もし「最近なんだか退屈でつまらない」という状況でしたらあわせてご覧ください。

 

 

最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。